取扱商品

テクニカル分析ABC

ペンタゴン・チャートの第一人者として知られる川口一晃氏がテクニカル分析から「何がわかるのか」を中心にチャートやテクニカル指標の見方を解説します。様々なテクニカル分析方法の中から、自分にあった武器を見つけ出してください。

タイトル
第23回 (新しいウィンドウで開く)回帰トレンド
第22回 (新しいウィンドウで開く)レシオケータ
第21回 (新しいウィンドウで開く)パラボリック
第20回 (新しいウィンドウで開く)新値足
第19回 (新しいウィンドウで開く)DMI(Directional Movement Index)
第18回 (新しいウィンドウで開く)ポイント&フィギュア
第17回 (新しいウィンドウで開く)逆ウォッチ曲線
第16回 (新しいウィンドウで開く)ピボット
第15回 (新しいウィンドウで開く)エンベロープ
第14回 (新しいウィンドウで開く)RCI(Rank Correlation Index)
第13回 (新しいウィンドウで開く)MACD(Moving Average Convergence and Divergence)
第12回 (新しいウィンドウで開く)ストキャスティックス
第11回 (新しいウィンドウで開く)フィボナッチ・レシオ
第10回 (新しいウィンドウで開く)ペンタゴンチャート
第9回 (新しいウィンドウで開く)ROC(rate of change)
第8回 (新しいウィンドウで開く)RSI(Relative Strength Index)
第7回 (新しいウィンドウで開く)サイコロジカル・ライン
第6回 (新しいウィンドウで開く)ボリンジャーバンド
第5回 (新しいウィンドウで開く)一目均衡表 その応用的活用法~時間論、波動論、水準論~
第4回 (新しいウィンドウで開く)一目均衡表とは
第3回 (新しいウィンドウで開く)移動平均
第2回 (新しいウィンドウで開く)ローソク足
第1回 (新しいウィンドウで開く)数多くあるテクニカル指標を体系的に解説

川口一晃氏プロフィール

川口一晃氏

1986年、銀行系証券会社(現・三菱UFJモルガン・スタンレー証券)入社。
その後、銀行系投資顧問会社(現・三菱UFJ国際投信)、国内投信会社(元・三洋投信)にて11年間ファンドマネージャーを務める。

1996年末、ブルームバーグL.P入社。
アプリケーションスペシャリストとして株式、投信を中心に分析ツールの開発に従事。ペンタゴン・チャートの第一人者としても有名。テレビ、雑誌等のメディアでも活躍中。

現在、オフィスKAZ 代表取締役、景気循環学界会員、日本FP協会社会教育推進委員会委員。

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る