つみたてNISA (積立NISA)取引ルール

つみたてNISAとは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

NISA口座は1人につき1口座に限られており、複数の金融機関でお申込みすることはできません。また一般NISA口座とつみたてNISA口座はいずれか一方の選択制となっていますのでご注意ください。

1. お申込

2. 指定日の取扱

設定申込日と指定日に関するルールと例
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
例1 (a)目論見書発送済                                
(b)目論見書未発送                              
例2 (a)目論見書発送済                              
(b)目論見書未発送                              
例3 (a)目論見書発送済                                  
(b)目論見書未発送                                  
例4 (a)目論見書発送済                              
(b)目論見書未発送                            

■=設定申込日 △=取消変更締切日 ●=指定日 ◎=買付日 □=実質申込日

3. つみたてNISA(投資信託)の買付

[自動引落をご指定の場合]

自動引落が成功した場合、引落し資金で積立買付(投資信託)をおこないます。
引き落とした積立代金は他用途の資金(別取引や課金の決済、保証金不足等の充当)には利用されません。

自動引落が失敗した場合は、積立処理は行われません。ただし、自動引落リトライサービス※1をお申込済みの場合、自動引落処理が(資金不足で)失敗後、再度の引き落としが成功すれば積立処理を行います。

  • ※1当日の自動引落で残高不足エラーとなった金額と同じ金額を「リアルタイム口座振替」の引落口座から引落入金するサービス。
  • 注)有料情報の課金や不足金等への充当はなされませんので、ご了承ください。また、自動引落によりご入金いただいた資金の買付余力・出金可能額への反映もおこなわれません。
[預り金をご指定の場合]

指定日の19:15時点で、積立資金(出金可能額、または、保証金引出可能額)がある場合のみ積立をおこないます。買い注文の発注、受渡未到来等によって積立資金が拘束される場合、買付は行われませんので予めご了承ください。当月分の引落が出来なかった場合、または投資信託買付可能額が足りなかった場合、当該月の買付は行いません。また、翌月以降に未購入代金を増額して買付することもございません。

  • 積立資金には、未決済の投資信託の売却代金はご利用いただけません。
  • 積立買付では、資金の一部が約定する「内出来」はありません。注文数量のすべてが約定するか、資金確保がなされない場合に買付されないかのいずれかとなります。
  • つみたてNISAでは積立による定期・継続的な買付しかできません。
  • 一度使用した非課税投資枠は、売却しても再度利用することはできません。

4. お申込内容の変更および解約

変更・中止
指定日を含めて5営業日前までに変更・中止をした場合は、当月からの適用となります。
定日を含めて4営業日以内に変更・中止をした場合は、当月分の買付には反映されず翌月分からの反映となります。指定日を元の指定日以降の日付に変更された場合、当月中に2度買い付けるケースもございますのでご注意ください。(変更した指定日が土・日・祝日に当たる場合は、翌営業日が指定日となります。)

変更・取消の申込日と、それが反映する月の関係は以下のとおりです。

申込日
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
例1 申込日                      
指定日:翌月から変更を反映 指定日:当月から変更を反映
例2   申込日                    
  指定日:翌月から変更を反映 指定日:当月から変更を反映
例3     申込日                  
    指定日:翌月から変更を反映 指定日:当月から変更を反映
例4           申込日            
          指定日:翌月から変更を反映 指定日:当月から変更を反映

5. 各種の制限