一般NISA取引ルール

NISA(少額投資非課税制度)とは、NISA口座内の投資で得た上場株式等・公募株式投資信託(以下「株式・投資信託」と表記」)の売買による利益および配当や分配金による利益に対し非課税となる制度です。

  • NISA口座で買付けた上場株式の配当金等を非課税とするためには、配当金の受取方法を「株式数比例配分方式」を選択していただく必要があります。
  • NISA口座は1人につき1口座に限られており、複数の金融機関でお申込みすることはできません。
    また一般NISA口座とつみたてNISA口座はいずれか一方しか選択することはできません。
  • NISA口座で購入できる金額(非課税投資枠)は年間120万円までです。
  • その年の非課税投資枠の未使用分があっても、翌年以降に繰り越すことはできません。
  • NISA口座における非課税期間は5年間です。
  • 5年を経過し非課税期間が満期となった株式・投資信託はロールオーバー可能です。
  • 「一般NISA」を利用して新規に株式・投資信託の購入を行うことができるのは2023年までです。(一般NISAの制度は2023年までで、2024年から新NISAが始まります。2023年中に購入した株式・投資信託についてはその後5年間(2027年まで)非課税で保有することができます。)

1.口座開設基準

口座開設基準は以下の通りです。

  • (1)満20歳以上であること
  • (2)日本国内に居住していること
  • (3)auカブコム証券に口座を開設していること
  • (4)他の金融機関でNISA口座・つみたてNISA口座を開設していないこと

2.投資対象商品

  • (1)国内現物株式
    上場株式のほか、ETF、ETN、REITなど
    プチ株
  • (2)公募株式投資信託
  • (3)積立(プレミアム積立)
  • (1)(2)(3)ともに購入可能期間:2023年まで
  • (1)(2)(3)ともに非課税運用期間:最長5年間
  • 2024年以降は新NISAルールが稼働予定です。

3.各種の制限

  • NISA口座は1人1口座であるため、複数の金融機関で開設できません。
  • 一般NISA、積立NISAは選択制となっておりどちらか一方のみ開設可能です。

4.ロールオーバー

5年間の非課税期間が終了する際に、翌年のNISA枠を利用しロールオーバーするか、課税口座へ払出しするかの選択ができます。

  • ロールオーバーした場合は、年末の終値が取得価格として表示され、実際の買付単価を残高画面で確認することはできなくなります。

5.ご注意事項

  • NISA口座の非課税枠は受渡日を基準に計算しますので、年末の取引においては翌年分のNISA枠が使われることになります。
  • NISA口座は日計り拘束の対象としていません。しかし、日計りにおける差金決済の判定は、課税口座とNISA口座を合わせて判定されます。(「日計り」とは同一日に同一銘柄の複数回の売り買いすることを言います。)
    NISA口座と課税口座での日計り注文における差金決済((①売り→②買い→③売り)もしくは(①買い→②売り→③買い))の注文を行うような場合は、課税口座では注文が出せませんが、NISA口座では③の注文が出せてしまいます。その際は差金決済に該当し不足金が発生する場合があります。
    同一日に課税口座とNISA口座で同一銘柄を取引される場合は十分にご注意ください。
  • NISA口座の残高はすべて先入れ先出しで処理されます。
  • NISA口座では、株式分割や株式併合があった場合でも価格調整いたしません。(ただし、NISA口座と課税口座で同一銘柄を保有している状態で、株式併合等の資本移動が行われた場合は、NISA口座と課税口座で保有している分を合算し参考単価を再計算しますので、取引画面上の買付単価や買付金額、評価損益が実際の買付時の数値とは相違した内容が表示されます。)

(2021年12月)

「NISA」「つみたてNISA」および「ジュニアNISA」に関するご注意事項

【重要(必ずお読みください)】

口座開設・管理料は無料!

auカブコム証券の口座をお持ちでない方

口座開設はこちら

auカブコム証券の口座をお持ちの方

NISAの資料請求はこちら

  • スピード開設では、税務署での審査・開設処理を待たずに、当社の手続きが完了した後、NISAでのお取引が開始できます。通常開設では、税務署の審査後【通常1~2週間程度】に開設いたします。

ページの先頭へ戻る