つみたてNISA(積立NISA)

貯金じゃない、リスクを抑えた新しいお金の貯め方 カブコムのつみたてNISA

今ならスタートキャンペーン実施中!詳しくはこちら

はじめての投資なら「つみたてNISA」!

「つみたてNISA」は特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

対象商品は、金融庁が定めた基準をクリアした商品に限定されているため、はじめて投資にチャレンジする方にも利用しやすい制度となっています。

初心者の方でも始めやすい「つみたてNISA」の特徴

購入時手数料・解約時手数料なし

「つみたてNISA」で投資できる当社の対象商品は、購入時手数料および解約(売却)時手数料が0円となっております。もちろん、口座管理・維持手数料も掛かりません。

購入時手数料0円

金融庁の厳しい基準をクリアした商品ラインナップ

「つみたてNISA」で投資できる対象商品は、金融庁が定める基準を満たした長期・積立・分散投資に適した、お客さまが負担する信託報酬が低く、購入時手数料が0円の低コスト商品に限定されています。そのため、はじめて投資にチャレンジする方にとって利用しやすい制度です。

負担する信託報酬は低水準

少額からはじめられる

カブドットコム証券では、毎月500円から積み立てできるので、お客さまのライフプランに合わせて無理のない範囲で投資にチャレンジすることが可能です。

元本割れしにくくなる傾向がある

投資対象を分散した積立投資を長期間続けることで元本割れしにくくなる傾向があります。

  • ただし、途中で売ったり積立投資を止めてしまうと、こうした効果が弱くなります。
  • 長期投資の効果について、金融庁の解説ページも合わせてご確認ください。

積立は手間いらずの自動引落

積立代金は、銀行預貯金口座から自動引落(口座振替)もしくは、当社証券口座(預り金)から自動引落が可能で、一度設定を行えば、お客さまの操作不要で毎月積立が自動的に行えます。

いつでも積立の解約ができる

毎月の積立は、いつでも解約・引き出しが可能です。急にお金が必要になったときに、いつでも商品を解約して、現金化することが可能です。引き出し制限も特にないため、安心してご利用いただけます。

こんな方におすすめ

「つみたてNISA」の概要

「つみたてNISA」か「一般NISA」どちらか一方を選択

「つみたてNISA」と「一般NISA」は同時に利用することはできません。どちらか一方を選択する必要があります。

購入した商品(投資信託)から得られる分配金や譲渡益が非課税に

「つみたてNISA」で購入した商品を保有していることで得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が非課税となります。

投資できる額は毎年40万円まで

「つみたてNISA」では、毎年40万円を上限として対象商品を購入することが可能です。ただし、未使用分を翌年以降へ繰り越すことはできません。

非課税期間は商品を購入した年から20年間

「つみたてNISA」で購入した商品は、購入した年から数えて20年間の非課税期間が設けられます。一般NISAの非課税期間は5年となっているので、20年という非課税期間である「つみたてNISA」は、より長期投資向けの制度となっています。

つみたてNISAの制度は2037年まで

「つみたてNISA」を利用して商品を購入できるのは2037年までです。

2037年中に購入した商品(投資信託)についても20年間(2056年まで)非課税となります。

「つみたてNISA」と「一般NISA」の比較表

制度名 一般NISA つみたてNISA
投資方法 通常買付、積立買付 積立買付のみ
対象商品 株式(ETF含む)、投資信託、
プチ株®(ETF含む)
投資信託
(ETF含む、一部のみ※1
非課税投資枠 120万円(年) 40万円(年)
非課税投資期間 5年間 20年間
途中引出し いつでも可能
商品の移行
(ロールオーバー)
可能 不可能
  • ※1金融庁が設ける既定の要件を満たす商品のみ対象商品となります。また、当社ではつみたてNISAのETFの取り扱いはございません。

カブコムの「つみたてNISA」のメリット

01通常の現物株式の取引手数料が最大5%割引に!

当社でNISA口座開設のお客さまは全員、通常※2の現物株式の取引手数料が最大5%割引となる「NISA割」が自動的に適用されます。他の割引とも併用可能で、おトクに取引ができます。

  • プチ株®、プレミアム積立®(プチ株®)を除く。
  • ジュニアNISA口座開設のお客さまは対象外となります。
  • ※2ここでいう通常取引とは、NISA以外の一般・特定口座等の取引を指しています。

NISA割

02「つみたてNISA」の新規お申し込みはオンラインで完結

新規に「つみたてNISA」口座を開設する場合、手続きはオンライン上で完結するためとってもスピーディー。

  • 新規に証券口座開設する際は、手続き上郵送でのやり取りが発生する場合がございます。

ペーパーレス

NISA制度に関するご注意事項
  • 一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISA(以下NISA制度)口座の開設にはカブドットコム証券の証券口座を開設いただく必要があります。
  • NISA制度は、すべての金融機関を通じて、同一年において1人1口座に限り開設することができます。(金融機関を変更した場合を除きます。)
  • 一般NISAとつみたてNISAは選択制であることから、同一年に両方の適用を受けることはできません。一般NISAとつみたてNISAの変更は、原則として暦年単位となります。
  • NISA制度における口座では一度売却するとその非課税投資枠の再利用はできません、また、利用しなかった非課税投資枠は翌年以降に繰り越せません。
  • 国内上場株式等の配当等は、NISA口座を開設した金融機関等経由で受け取らないものは非課税となりません。配当等の非課税メリットを享受するためには、配当金の受取方法を「株式数比例配分方式」にする必要があります。
  • 配当金の受取方法は、「証券保管振替機構」でデータを管理しています。複数の証券会社に口座をお持ちのお客さまが、そのうち1社で配当金の受取方法を変更しますと全ての証券口座に保有されている株式に適用されますため、ご注意ください。
  • NISA制度の損益は税務上ないものとされ、他の口座で保有する上場株式等の配当金、売買損益等と損益通算することができません。(ただし、株式数比例配分方式を選択せず課税となった配当金は、特定口座・一般口座の所得と損益通算可能です)
  • 投資信託の分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)は非課税であるため、NISA制度の非課税メリットを享受できません。また、投資信託の分配金の再投資分は、その年の非課税投資枠を利用します。
  • 投資信託の分配金の再投資により、NISA制度における口座での投資額が非課税投資枠の上限を超える場合、再投資される分配金の全額を課税口座(ジュニアNISAの場合は課税ジュニアNISA口座)で再投資します。
  • NISA制度以外の口座で保有されている上場株式等をNISA制度における口座に移管することはできません。
  • NISA制度における口座で保有されている上場株式等を、他の金融機関のNISA制度口座に移管することはできません。
  • NISA制度における口座は、カブドットコム証券の証券口座を解約された場合、非居住者となった場合、または口座名義人が死亡した場合は廃止となります。その場合は死亡日または出国日が口座廃止日となります。過去にNISA制度における口座にて保有の上場株式等に配当金や売却益等が発生していた場合は、遡及して課税されることになります。
  • 複数の金融機関等でNISA制度を申し込んだ場合、希望する金融機関等でNISA口座が開設できない可能性や、口座開設が大幅に遅れる可能性があります。
  • NISA制度における口座の取引手数料は以下のとおりです。なお、口座開設料(維持手数料)は無料です。
  • <国内株式(プチ株®除く)>買付手数料:無料、売却手数料:通常の現物株式手数料の取引手数料
  • <投資信託(プレミアム積立®含む)>各銘柄によって手数料は異なります。各銘柄のページ等にてご確認ください。
  • <プチ株®(プレミアム積立®含む)>プチ株®およびプレミアム積立®の取引手数料
  • NISA制度における口座の取引チャネルは、インターネット(PC)、スマートフォン(スマートフォンアプリ)、お客さまサポートセンター(オペレーター)のみとなっております。なお、積立プランの設定はお客さまサポートセンター(オペレーター)ではお受けできません。また、お客さまサポートセンター(オペレーター)でのお取引は、2,000円(税抜)が別途加算されます(ただし、株式買付時は無料です)。
つみたてNISAに関するご注意事項
  • つみたてNISAで購入できる金額(非課税投資枠)は年間40万円までです。
  • 年間の投資額が非課税投資枠を超えた場合は、超えた注文すべてが取消となります。
  • 20年の非課税期間経過後、翌年の非課税投資枠に保有商品を移管すること(ロールオーバー)はできません。
  • つみたてNISAでのお取引は積立契約(累積投資契約)に基づき定期かつ継続的な方法で買付が行われます。
  • つみたてNISAにかかる積立契約により買付けいただいた投資信託の運用管理費用(信託報酬)等の内容については、原則年1回お客さまへ通知いたします。
  • つみたてNISAに累積投資勘定を設けた日から10年経過した日、および同日の翌日以後5年を経過した日(以下基準経過日)ごとに、つみたてNISAを開設いただいたお客さまのお名前・ご住所について確認させていただきます。なお、基準経過日から1年以内に確認ができない場合、つみたてNISAへの上場株式等の受入ができなくなる場合があります。

ご参考

NISAがいいさ

つみたてNISA

カブコムのつみたてNISA 6月30日より受付開始!

はじめての投資なら「つみたてNISA」!

「つみたてNISA」は特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

対象商品は、金融庁が定めた基準をクリアした商品に限定されているため、はじめて投資にチャレンジする方にも利用しやすい制度となっています。

初心者の方でも始めやすい「つみたてNISA」の特徴

購入時手数料・解約時手数料なし

「つみたてNISA」で投資できる当社の対象商品は、購入時手数料および解約(売却)時手数料が0円となっております。もちろん、口座管理・維持手数料も掛かりません。

購入時手数料0円

金融庁の厳しい基準をクリアした商品ラインナップ

「つみたてNISA」で投資できる対象商品は、金融庁が定める基準を満たした長期・積立・分散投資に適した、お客さまが負担する信託報酬が低く、購入時手数料が0円の低コスト商品に限定されています。そのため、はじめて投資にチャレンジする方にとって利用しやすい制度です。

負担する信託報酬は低水準

少額からはじめられる

カブドットコム証券では、毎月500円から積み立てできるので、お客さまのライフプランに合わせて無理のない範囲で投資にチャレンジすることが可能です。

元本割れしにくい

投資対象を分散した積立投資を長期間続けることで元本割れしにくくなる傾向があります。

  • ただし、途中で売ったり積立投資を止めてしまうと、こうした効果が弱くなります。
  • 長期投資の効果について、金融庁の解説ページも合わせてご確認ください。

積立は手間いらずの自動引落

積立代金は、銀行預貯金口座から自動引落(口座振替)もしくは、当社証券口座(預り金)から自動引落が可能で、一度設定を行えば、お客さまの操作不要で毎月積立が自動的に行えます。

いつでも積立の解約ができる

毎月の積立は、いつでも解約・引き出しが可能です。急にお金が必要になったときに、いつでも商品を解約して、現金化することが可能です。引き出し制限も特にないため、安心してご利用いただけます。

こんな方におすすめ

「つみたてNISA」の概要

「つみたてNISA」か「一般NISA」どちらか一方を選択

「つみたてNISA」と「一般NISA」は同時に利用することはできません。どちらか一方を選択する必要があります。

購入した商品(投資信託)から得られる分配金や譲渡益が非課税に

「つみたてNISA」で購入した商品を保有していることで得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が非課税となります。

投資できる額は毎年40万円まで

「つみたてNISA」では、毎年40万円を上限として対象商品を購入することが可能です。ただし、未使用分を翌年以降へ繰り越すことはできません。

非課税期間は商品を購入した年から20年間

「つみたてNISA」で購入した商品は、購入した年から数えて20年間の非課税期間が設けられます。一般NISAの非課税期間は5年となっているので、20年という非課税期間である「つみたてNISA」は、より長期投資向けの制度となっています。

つみたてNISAの制度は2037年まで

「つみたてNISA」を利用して商品を購入できるのは2037年までです。

2037年中に購入した商品(投資信託)についても20年間(2056年まで)非課税となります。

「つみたてNISA」と「一般NISA」の比較表

制度名 一般NISA つみたてNISA
投資方法 通常買付、積立買付 積立買付のみ
対象商品 株式(ETF含む)、投資信託、
プチ株®(ETF含む)
投資信託
(ETF含む、一部のみ※1
非課税投資枠 120万円(年) 40万円(年)
非課税投資期間 5年間 20年間
途中引出し いつでも可能
商品の移行
(ロールオーバー)
可能 不可能
  • ※1金融庁が設ける既定の要件を満たす商品のみ対象商品となります。

カブコムの「つみたてNISA」のメリット

01通常の現物株式の取引手数料が最大5%割引に!

当社でNISA口座開設のお客さまは全員、通常※2の現物株式の取引手数料が最大5%割引となる「NISA割」が自動的に適用されます。他の割引とも併用可能で、おトクに取引ができます。

  • プチ株®、プレミアム積立®(プチ株®)を除く。
  • ジュニアNISA口座開設のお客さまは対象外となります。
  • ※2ここでいう通常取引とは、NISA以外の一般・特定口座等の取引を指しています。

NISA割

02「つみたてNISA」の新規お申し込みはオンラインで完結

新規に「つみたてNISA」口座を開設する場合、手続きはオンライン上で完結するためとってもスピーディー。

  • 新規に証券口座開設する際は、手続き上郵送でのやり取りが発生する場合がございます。

ペーパーレス

NISA制度に関するご注意事項
  • 一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISA(以下NISA制度)口座の開設にはカブドットコム証券の証券口座を開設いただく必要があります。
  • NISA制度は、すべての金融機関を通じて、同一年において1人1口座に限り開設することができます。(金融機関を変更した場合を除きます。)
  • 一般NISAとつみたてNISAは選択制であることから、同一年に両方の適用を受けることはできません。一般NISAとつみたてNISAの変更は、原則として暦年単位となります。
  • NISA制度における口座では一度売却するとその非課税投資枠の再利用はできません、また、利用しなかった非課税投資枠は翌年以降に繰り越せません。
  • 国内上場株式等の配当等は、NISA口座を開設した金融機関等経由で受け取らないものは非課税となりません。配当等の非課税メリットを享受するためには、配当金の受取方法を「株式数比例配分方式」にする必要があります。
  • 配当金の受取方法は、「証券保管振替機構」でデータを管理しています。複数の証券会社に口座をお持ちのお客さまが、そのうち1社で配当金の受取方法を変更しますと全ての証券口座に保有されている株式に適用されますため、ご注意ください。
  • NISA制度の損益は税務上ないものとされ、他の口座で保有する上場株式等の配当金、売買損益等と損益通算することができません。(ただし、株式数比例配分方式を選択せず課税となった配当金は、特定口座・一般口座の所得と損益通算可能です)
  • 投資信託の分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)は非課税であるため、NISA制度の非課税メリットを享受できません。また、投資信託の分配金の再投資分は、その年の非課税投資枠を利用します。
  • 投資信託の分配金の再投資により、NISA制度における口座での投資額が非課税投資枠の上限を超える場合、再投資される分配金の全額を課税口座(ジュニアNISAの場合は課税ジュニアNISA口座)で再投資します。
  • NISA制度以外の口座で保有されている上場株式等をNISA制度における口座に移管することはできません。
  • NISA制度における口座で保有されている上場株式等を、他の金融機関のNISA制度口座に移管することはできません。
  • NISA制度における口座は、カブドットコム証券の証券口座を解約された場合、非居住者となった場合、または口座名義人が死亡した場合は廃止となります。その場合は死亡日または出国日が口座廃止日となります。過去にNISA制度における口座にて保有の上場株式等に配当金や売却益等が発生していた場合は、遡及して課税されることになります。
  • 複数の金融機関等でNISA制度を申し込んだ場合、希望する金融機関等でNISA口座が開設できない可能性や、口座開設が大幅に遅れる可能性があります。
  • NISA制度における口座の取引手数料は以下のとおりです。なお、口座開設料(維持手数料)は無料です。
  • <国内株式(プチ株®除く)>買付手数料:無料、売却手数料:通常の現物株式手数料の取引手数料
  • <投資信託(プレミアム積立®含む)>各銘柄によって手数料は異なります。各銘柄のページ等にてご確認ください。
  • <プチ株®(プレミアム積立®含む)>プチ株®およびプレミアム積立®の取引手数料
  • NISA制度における口座の取引チャネルは、インターネット(PC)、スマートフォン(スマートフォンアプリ)、お客さまサポートセンター(オペレーター)のみとなっております。なお、積立プランの設定はお客さまサポートセンター(オペレーター)ではお受けできません。また、お客さまサポートセンター(オペレーター)でのお取引は、2,000円(税抜)が別途加算されます(ただし、株式買付時は無料です)。
つみたてNISAに関するご注意事項
  • つみたてNISAで購入できる金額(非課税投資枠)は年間40万円までです。
  • 年間の投資額が非課税投資枠を超えた場合は、超えた注文すべてが取消となります。
  • 20年の非課税期間経過後、翌年の非課税投資枠に保有商品を移管すること(ロールオーバー)はできません。
  • つみたてNISAでのお取引は積立契約(累積投資契約)に基づき定期かつ継続的な方法で買付が行われます。
  • つみたてNISAにかかる積立契約により買付けいただいた投資信託の運用管理費用(信託報酬)等の内容については、原則年1回お客さまへ通知いたします。
  • つみたてNISAに累積投資勘定を設けた日から10年経過した日、および同日の翌日以後5年を経過した日(以下基準経過日)ごとに、つみたてNISAを開設いただいたお客さまのお名前・ご住所について確認させていただきます。なお、基準経過日から1年以内に確認ができない場合、つみたてNISAへの上場株式等の受入ができなくなる場合があります。

ご参考

NISAがいいさ

ページの先頭へ戻る