カブドットコム証券フィデューシャリー・デューティー基本方針

お客さま本位の徹底

お客さま本位の情報提供およびコンサルティングの実践

多様なニーズにお応えする商品ラインアップの整備

《商品選定・停止・休止・廃止・再開時》

取扱商品は下記の「選定のポイント」を考慮のうえ、同種の商品群の中から選定しています。今後は、お客さまからいただいた声を一層商品選定等に反映してまいります。

〈選定のポイント〉
  • 商品のリスク
  • 費用
  • 運用実績
  • 販売想定顧客のニーズおよび適合性、投資環境との整合性
  • 仕組みの複雑さ、商品説明の難易度
  • 関係法令等への適法性

《販売時》

購入時手数料無料の商品を数多く取りそろえるなど、お客さまの投資にかかるコストを極小化することに取り組んでいます。

グループ総合力を活用した金融サービスの提供

快適かつ安心・安全にお取引いただける態勢の整備

プロフェッショナリズムの発揮

〔取組状況〕

商品・サービスの更なる向上に向けた取り組みをはじめ、お客さま本位の姿勢の定着度合いを定期的に公表していくとともに、随時見直してまいります。

お客さま本位の徹底

  • 「顧客投資成績重視の経営」を経営理念に掲げ、ディスクロージャーの一環として、お取引いただいているお客さまの投資成績である信用評価損益率について月次で開示しております。

商品ラインアップの整備

  • 多用なニーズにお応えする商品ラインアップの整備に努めており、またノーロードファンド、フリーETFも多数扱っております。
  • 「プレミアム積立®(投信)」「プチ株®」など、個人のお客さまが小額から投資可能な積立商品の充実に努めております。
  • 業界では初めてとなる信託報酬控除前のトータルリターンの配信を2016年12月より行っており、個人のお客さまの資産形成に適した銘柄選択、投資家利益の最大化を優先したサービス提供に努めています。

お客さま本位の徹底(お客さまの評価)

  • お客さま本位の活動の定着を確認するため、お客さまから頂いたお声(苦情・要望)に関する情報を開示し、より良いサービスの実現に向けた継続的な改善に努めております。

役職員の質的向上および投資教育への取り組み

  • プロフェッショナルとしての専門性維持のため、当社役職員の日本証券業協会「内部管理責任者」資格取得者、経済産業省「情報処理技術者資格」取得者数を公表しております。
  • お客さまの資産形成サポートのための投資教育への取り組みとして、オンライン投資教育カリキュラム「kabu.study(カブスタディ)」を提供しております。

業績の開示

  • 当社業績の推移について、月次で開示を行っております。