マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策ご協力のお願い

近年、日本及び国際社会がともに取り組まなくてはならない課題として、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の重要性がますます高まっております。

弊社では、2018年2月金融庁より公表された「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策」に関するガイドラインの主旨に基づき、複雑化・高度化するマネー・ローンダリング及びテロ資金供与の手口に対応し有効に防止するため、お客さま情報等を定期的に確認させていただいております。

当社サービスをご利用のお客さまお一人お一人の情報を確認することで、一般のお客さまに紛れて取引を行おうとする犯罪組織やテロ組織を見逃さないことにより、犯罪収益の移転やテロ資金供与を防止することができます。また、お客さまご本人が利用している口座であることを確認することで、金融犯罪に巻き込まれることを予防する効果もあります。ひいては、皆さまの安心・安全な生活を守るために、大変お手数ではございますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。

定期的なお客さま基本情報等の確認

口座開設時、各種変更のお届出時に確認させていただいたお客さまの氏名、ご住所、生年月日、国籍、ご職業やお勤め先、ご年収、ご資産の状況、お取引の目的等を、今後、定期的に確認させていただく場合がございます。その際に、あらためて、本人確認書類等の各種書類のご提出をお願いする場合がございます。また、追加で従来とは異なる新たな書類のご提出や質問へのご回答をお願いする可能性がございます。

制裁対象国・地域とのお取引やご資産の有無等の確認

当社は本邦の外国為替及び外国貿易法や米国のOFAC規制等に該当する国・地域を制裁対象国・地域として定めており、当該国・地域とのお取引やご資産の有無等について確認をさせていただく場合がございます。
なお、当社の定める制裁対象国・地域は2021年8月1日現在、北朝鮮、イラン、キューバ、シリア、クリミア地域となっております。

在留カードの写しのご提出

外国籍のお客さまの在留期限及び在留資格等を確認させていただく場合があります。その際に、あらためて在留カードの写しのご提出をお願いする場合がございます。また、在留期限を更新された場合は、更新後の在留カードの写しのご提出をお願いいたします。

ご協力いただけない場合について

お客さま基本情報等の確認やお願いした書類のご提出、質問への適切なご回答にご協力いただけない場合、やむを得ずお取引を制限させていただくことがございます。何卒ご理解、ご協力のほど重ねてお願い申し上げます。

ご留意事項

当社が電話やメール等でログインパスワードや出金パスワードをお訊ねすることは絶対ございません。当社を装った詐欺にご注意ください。また、定期的なパスワード変更を行う等、パスワード管理には十分ご注意ください。

◆マネー・ローンダリング及びテロ資金供与とは?

犯罪や不正取引などで得た資金を他の口座に移して、資金の出所や受益者をわからないようにして正当な資金のように見せかけることや、テロ行為の実行支援等を目的として、必要な資金をテロリストに提供することです。

外部リンク

ページの先頭へ戻る