NISA(少額投資非課税制度)

NISA(少額投資非課税制度)

NISA(少額投資非課税制度)とは?

NISAは、投資で得た利益の税金が非課税となる制度です。

→「通常、株式等の売買による利益(売却益)や配当等の利益(配当益)が出ると、税金がかかりますが、NISAならこれらの税金はかかりません。

  • NISA口座で買付けた上場株式の配当金等を非課税とするためには、配当金の受取方法を「株式数比例配分方式」を選択していただく必要があります。

配当金や売買益等の税率(上場株式や株式投資信託等)

成人向けNISA(口座名義人様が20歳以上)

制度上、「一般NISA」と「つみたてNISA」は、同時に利用することはできません。どちらか一方を選択する必要があります。

年間に投資できる金額が120万円で、上場株式や投資信託等にも投資できる一般NISAに対して、投資信託のみへの投資で年間投資額は40万円と少ないものの、非課税投資期間が20年間と長期投資に向いているのが「つみたてNISA」です。

ご自身の投資スタイルを考えながら決めていきましょう!

どっちをえらぶ、NISA? or つみたてNISA?

制度名 一般NISA つみたてNISA
投資方法 通常買付、積立買付 積立買付のみ
対象商品 株式(ETF含む)、投資信託、
プチ株®(ETF含む)
投資信託
(ETF含む、一部のみ※1
非課税投資枠 120万円(年) 40万円(年)
非課税投資期間 5年間 20年間
途中引出し いつでも可能
商品の移行
(ロールオーバー)
可能 不可能

「一般NISA」と「つみたてNISA」を比較してみると、主な違いは4点で、①投資方法、②対象商品、③非課税投資枠、④非課税投資期間がその違いです。

「つみたてNISA」は非課税投資枠が最大40万円(年間)と一般NISAに比べ少額ではあるものの、非課税投資期間が最長20年間と長く、対象商品も一部に限られているため、初心者の方には選びやすいというメリットがあると考えられます。

一方で、一般NISAは非課税投資期間が「つみたてNISA」に比べ短いものの、対象商品が多く、投資方法も通常のお取引と積立双方を選択できるため、幅広いニーズに対応しやすい制度ともいえるでしょう。

未成年向けNISA(口座名義人様が20歳未満)

ジュニアNISAは未成年のお子様の長期にわたる資産形成のための制度です。

20歳未満の居住者を対象として年間80万円分の非課税投資枠から得られた譲渡益、配当金に対して、税金が非課税になります。従来の教育資金作りや株主優待のプレゼントとしてもご活用いただけます。

「株主優待のプレゼントとして」「教育資金作りに」

制度名 ジュニアNISA
投資方法 通常買付、積立買付
対象商品 株式(ETF含む)、投資信託、プチ株®(ETF含む)
非課税投資枠 80万円(年)
非課税投資期間 5年間
途中引出し 18歳まで途中払い出しに制限
商品の移行
(ロールオーバー)
可能

カブコムでNISA!そのメリットとは?

01通常の現物株式のワンショット手数料および、現物・信用共通の1日定額手数料が最大5%割引に!

当社でNISA口座(一般NISA、つみたてNISA)をお持ちのお客さまの現物株式の通常(※2)のワンショット手数料および、現物株式・信用取引共通の1日定額手数料から最大5%割引します。

  • プチ株®、プレミアム積立®(プチ株®)を除く。
  • ジュニアNISA口座開設のお客さまは対象外となります。
  • ※2ここでいう通常取引とは、NISA以外の一般・特定口座等の取引を指しています。

NISA割

02NISAでの現物株式取引手数料は0円

NISA口座における国内株式(現物株式、ETF・ETN・REITなど)の取引手数料はすべて無料です。

  • 電話(オペレーター)での株式取引注文の場合も、無料となります。NISA取引はIVR(自動音声対応)はご利用いただけません。
  • プチ株®(単元未満株)取引は対象外です。

NISA株式買付手数料無料

03「NISA」の新規お申し込みはオンラインで完結

新規に「NISA」口座を開設する場合、手続きはオンライン上で完結するためとってもスピーディー。

  • 新規に証券口座開設する際は、手続き上郵送でのやり取りが発生する場合がございます。

ペーパーレス

NISA関連情報

「NISA」「つみたてNISA」および「ジュニアNISA」に関するご注意事項

【重要(必ずお読みください)】

口座開設・管理料は無料!

auカブコム証券の口座をお持ちでない方

口座開設はこちら

auカブコム証券の口座をお持ちの方

NISAの資料請求はこちら

  • スピード開設では、税務署での審査・開設処理を待たずに、当社の手続きが完了した後、NISAでのお取引が開始できます。通常開設では、税務署の審査後【通常1~2週間程度】に開設いたします。

NISA(少額投資非課税制度)

NISA(少額投資非課税制度)

NISA(少額投資非課税制度)とは?

NISAは、投資で得た利益の税金が非課税となる制度です。

→「通常、株式等の売買による利益(売却益)や配当等の利益(配当益)が出ると、税金がかかりますが、NISAならこれらの税金はかかりません。

  • NISA口座で買付けた上場株式の配当金等を非課税とするためには、配当金の受取方法を「株式数比例配分方式」を選択していただく必要があります。

配当金や売買益等の税率(上場株式や株式投資信託等)

成人向けNISA(口座名義人様が20歳以上)

制度上、「一般NISA」と「つみたてNISA」は、同時に利用することはできません。どちらか一方を選択する必要があります。

年間に投資できる金額が120万円で、上場株式や投資信託等にも投資できる一般NISAに対して、投資信託のみへの投資で年間投資額は40万円と少ないものの、非課税投資期間が20年間と長期投資に向いているのが「つみたてNISA」です。

ご自身の投資スタイルを考えながら決めていきましょう!

どっちをえらぶ、NISA? or つみたてNISA?

制度名 一般NISA つみたてNISA
投資方法 通常買付、積立買付 積立買付のみ
対象商品 株式(ETF含む)、投資信託、
プチ株®(ETF含む)
投資信託
(ETF含む、一部のみ※1
非課税投資枠 120万円(年) 40万円(年)
非課税投資期間 5年間 20年間
途中引出し いつでも可能
商品の移行
(ロールオーバー)
可能 不可能

「一般NISA」と「つみたてNISA」を比較してみると、主な違いは4点で、①投資方法、②対象商品、③非課税投資枠、④非課税投資期間がその違いです。

「つみたてNISA」は非課税投資枠が最大40万円(年間)と一般NISAに比べ少額ではあるものの、非課税投資期間が最長20年間と長く、対象商品も一部に限られているため、初心者の方には選びやすいというメリットがあると考えられます。

一方で、一般NISAは非課税投資期間が「つみたてNISA」に比べ短いものの、対象商品が多く、投資方法も通常のお取引と積立双方を選択できるため、幅広いニーズに対応しやすい制度ともいえるでしょう。

未成年向けNISA(口座名義人様が20歳未満)

ジュニアNISAは未成年のお子様の長期にわたる資産形成のための制度です。

20歳未満の居住者を対象として年間80万円分の非課税投資枠から得られた譲渡益、配当金に対して、税金が非課税になります。従来の教育資金作りや株主優待のプレゼントとしてもご活用いただけます。

「株主優待のプレゼントとして」「教育資金作りに」

制度名 ジュニアNISA
投資方法 通常買付、積立買付
対象商品 株式(ETF含む)、投資信託、プチ株®(ETF含む)
非課税投資枠 80万円(年)
非課税投資期間 5年間
途中引出し 18歳まで途中払い出しに制限
商品の移行
(ロールオーバー)
可能

カブコムでNISA!そのメリットとは?

01通常の現物株式のワンショット手数料および、現物・信用共通の1日定額手数料が最大5%割引に!

当社でNISA口座(一般NISA、つみたてNISA)をお持ちのお客さまの現物株式の通常(※2)のワンショット手数料および、現物株式・信用取引共通の1日定額手数料から最大5%割引します。

  • プチ株®、プレミアム積立®(プチ株®)を除く。
  • ジュニアNISA口座開設のお客さまは対象外となります。
  • ※2ここでいう通常取引とは、NISA以外の一般・特定口座等の取引を指しています。

NISA割

02NISAでの現物株式取引手数料は0円

NISA口座における国内株式(現物株式、ETF・ETN・REITなど)の取引手数料はすべて無料です。

  • 電話(オペレーター)での株式取引注文の場合も、無料となります。NISA取引はIVR(自動音声対応)はご利用いただけません。
  • プチ株®(単元未満株)取引は対象外です。

NISA株式買付手数料無料

03「NISA」の新規お申し込みはオンラインで完結

新規に「NISA」口座を開設する場合、手続きはオンライン上で完結するためとってもスピーディー。

  • 新規に証券口座開設する際は、手続き上郵送でのやり取りが発生する場合がございます。

ペーパーレス

NISA関連情報

「NISA」「つみたてNISA」および「ジュニアNISA」に関するご注意事項

【重要(必ずお読みください)】