取扱商品

マイナンバー制度

2016年からすべてのお客さまにご登録が必要です マイナンバー制度のご案内

マイナンバー制度とは

2015年10月以降、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用される12桁の固有の個人番号「マイナンバー」の通知が開始されました。当社でお取引をいただくすべてのお客さまは当社にマイナンバーをご登録いただく必要がございます。

証券口座を開設:保有されるすべてのお客さまは、マイナンバーのご登録の必要があります。

  • ※1通知カードは、住民の方々にマイナンバーを通知するもので、2015年10月中旬以降、住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留により郵送されます。
  • ※2個人番号カードには、個人番号、住所、氏名、生年月日、性別の他、顔写真が記載されることとなり、番号確認と本人確認が1枚で行えます。交付手数料は当面の間無料です。2016年1月以降、通知カードとともに送付される申請書で市区町村に申請することで、交付を受けることができます。

マイナンバーが必要となる手続き

現在ご利用いただいているNISA口座は2017年末で第1期が終了し、2018年以降(第2期)もNISA口座で投資するためには、マイナンバーの登録が必要です。

今年の9月末までにマイナンバーをご登録いただくと、その他のお手続きは不要で2018年以降も引続きNISA口座をご利用いただけます!

2017年9月末までにマイナンバーを登録しなかった場合、改めてNISA口座の開設手続きが必要になります。

NISA口座を利用中のお客様は、お早めにマイナンバーをご登録ください。

マイナンバー制度導入以降は、新規の証券口座開設、NISA・ジュニアNISA口座、信用取引を除く与信取引口座(先物オプション・シストレFX・店頭FX・くりっく365・取引所CFD口座開設)、および特定口座開設の際等にはマイナンバーのご提出が必要になります。

  • ただし、一度マイナンバーをご提出いただいている場合は、再提出をいただく必要はございません。
    (氏名・住所の変更については変更の都度必要となります)
口座開設時期
手続き内容
2016年1月1日以降に
証券口座を開設
2015年12月末までに
証券口座を開設
マイナンバー未提出 マイナンバー提出済
証券口座開設
お取引
必要 2018年12月末までにご登録が必要
特定口座開設 不要 必要 不要
先物オプション・シストレFX・店頭FX・くりっく365・取引所CFD口座開設 不要 必要 不要
NISA・ジュニアNISA
口座開設
不要 必要 不要
変更届
(氏名・住所/振込先)
必要 必要 必要
登録方法 郵送
または電磁的方法によるアップロード
(電子口座開設画面より)
郵送
または電磁的方法によるアップロード
(ログイン後お客さまページより)
不要
  • マイナンバーの提出が必要となる届出・手続き書類一覧は以下となります。
口座開設申込書 備考
外国証券取引口座設定申込書 過去開設のお客さまが対象
(20万番台前半まで)
特定口座に関する各種届出書 特定口座開設の場合のみ
非課税適用確認書の交付申請書 兼 非課税口座開設届出書  
非課税口座開設届出書 他社から当社へ変更
金融商品取引業者等変更届 当社から他社へ変更
変更届 住所・氏名変更のみ
口座解約依頼書 NISA開設済
住所・氏名変更ありの場合のみ
居住地変更に関する届出書 NISA開設済かつ海外居住となる場合のみ

マイナンバーご登録方法

マイナンバーのご提出方法は以下の2種類となります。

  1. アップロード
  2. 郵送

詳しくは個人番号の提出方法についてをご参照ください。

マイナンバー提出時に必要な確認書類(まとめ)

  番号確認書類(コピー) 本人確認書類(コピー)
A 個人番号カード ★ 提出不要
B 通知カード ★ 運転免許証 ★ いずれか一つをご提出ください。
  • 顔写真付のものに限ります。
住民基本台帳カード ★
各種福祉手帳
在留カード ★
特別永住者証明書 ★
パスポート ☆
C 住民票の写し
  • 個人番号記載のものに限ります。
運転免許証 ★ いずれか一つをご提出ください。
各種福祉手帳
在留カード ★
特別永住者証明書 ★
各種健康保険証 ★
各種年金手帳
印鑑登録証明書
パスポート ☆
  • ご提出書類に不備があった場合、マイナンバーは基本的に、返却ができませんのでご注意ください。
  • 2016年以降に口座開設を行う外国籍のお客さまは個人番号カードをご提出いただく場合でも、在留カードまたは特別永住者証明書が必要です。
  • は裏面のコピーが必要です。
  • パスポートをご提出いただく場合、以下2ページが必要となります。
    (日本国政府発行のものに限ります。)
    • 写真ページ(氏名、生年月日、有効期限の確認を行います)
    • 所持人記入欄ページ(氏名、住所の確認を行います)
    パスポートの署名が英字表記となっている場合、別の本人確認書類をご提出をいただくことがございます。

マイナンバーQ&A よくあるご質問 

Questionマイナンバーはカブドットコム証券に通知する必要がありますか。

Answer

2016年以降に新規に口座開設するお客さまはマイナンバーの提出が必要です。すでに口座をお持ちのお客さまは、2018年末までにご提出いただきます。すでに口座をお持ちのお客さまが、2016年以降にお名前やご住所の変更があり、「住所・氏名変更届」による変更手続きや特定口座の開設、NISA口座開設等の手続きの際にもご提出いただきます。

Question通知カードとはなんですか。

Answer

通知カードは、2015年10月中旬以降、簡易書留により郵送されます。通知カードは紙のカードで、マイナンバーの他、住所、氏名、生年月日、性別等が記載されております。顔写真は記載されておらず、通知カードを使用して番号確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証や住民基本台帳カード等の顔写真付きの本人確認書類が必要となります。通知カードは、番号確認のためのみに利用することができ、一般的な本人確認の手続において用いることはできません。

Question個人番号カードとはなんですか。

Answer

個人番号カードは、住民基本台帳カードと同様、ICチップのついたカードで、表面に氏名、住所、生年月日、性別(基本4情報)と顔写真、裏面にマイナンバー(個人番号)が記載されます。本人確認のための身分証明書として使用できるほか、図書館カードや印鑑登録証など自治体等が条例で定めるサービスに利用でき、またe-Tax等の電子申請等が行える電子証明書も標準搭載されます。

Questionマイナンバーを知らせるのが不安です。セキュリティは大丈夫ですか。

Answer

マイナンバーの漏えい・滅失・毀損等の防止、その他の適切な管理のために、マイナンバーを取り扱う業者には適切な安全管理措置を講じる義務があります。マイナンバーは担当者以外が立ち入れない専用ルームにて厳重に管理されます。

Question私のマイナンバーは、証券会社でどのように利用されるのですか。

Answer

お客さまのマイナンバーは、当社から税務署に提出する法定調書に記載されます。

Question法人口座もマイナンバーの通知が必要ですか。

Answer

はい、法人口座のお客さまは、「法人番号」をご提出いただきます。

Questionカブドットコム証券にマイナンバーを通知する方法を教えてください。

Answer

以下いずれかの方法でご提出いただきます。

  • FAXおよびメールでは受付しておりません。
  • 1.郵送で通知する
    • (1)お客さま専用ページにログイン後、「設定申込」→「書類請求」から、「個人番号(マイナンバー)通知届出書」をご請求ください。
    • (2)当社より「個人番号(マイナンバー)通知届出書」および返信用封筒をお送りしますので、必要書類を同封の上、ご返送ください。
    • 「個人番号(マイナンバー)通知届出書」を一度でもご請求いただきますと、本書面の再請求はweb上では承れません。
      お手数ですが、お客様サポートセンターまでご連絡ください。
  • 2.アップロード画面で通知する
    • (1)お客さま専用ページにログイン後、「設定・申込」→「お客さま基本情報」から、「個人番号(マイナンバー)」の欄の右側の「WEB通知」ボタンを押してください。
    • (2)「個人番号(マイナンバー)情報アップロード」画面に進みますので、こちらの画面の案内に沿ってお手続きください。
  • 画像のアップロードが完了しますと、再度アップロードはできませんのでご注意ください。
  • 画像が不鮮明等で再度ご提出いただく場合は、お客さまサポートセンター までお電話ください。
    (2015年末までに口座開設済みのお客さまにかぎり、再度アップロードができるよう対応することが可能です。
    これから口座開設のお申込を行うお客さまは再度アップロードを行うことができませんので、書類の送付を承ります。)
  • アップロードで個人番号カードまたは通知カードをご提出いただく場合、本人確認書類のご提出は必要ございません。

Questionオペレーターからマイナンバーの口頭確認があるのでしょうか。

Answer

いいえ、オペレーターが口頭で確認することはありません。

Questionカブドットコム証券が作成する取引報告書や取引残高報告書にマイナンバーは印字されますか。

Answer

お客さまへの郵送物へのマイナンバーの印字は行いません。

Question本人確認書類として、通知カード、個人番号カードのいずれも利用可能でしょうか。

Answer

  • 通知カード:通知カード単体では本人確認書類として利用できません。
  • 個人番号カード:本人確認書類として利用可能です。

Question信用口座、先物オプション口座、FX口座、くりっく株365(CFD)口座の開設を予定しています。マイナンバーは開設の都度必要ですか。

Answer

先物オプション口座、FX口座、くりっく株365(CFD)口座の開設には、事前にマイナンバーを提出いただく必要がございます。事前に当社にマイナンバーをご提出いただければ、開設の都度の提出は不要です。(信用口座の開設にはマイナンバーの提出は必須ではございません)

Question電子口座や三菱東京UFJ銀行の仲介経由で口座を開設予定です。開設時にマイナンバーをアップロードで提出するので、即時にログインできますか。

Answer

2016年より、口座開設時にマイナンバーの登録が必須となりました。当社では口座開設時の翌営業日の夕刻マイナンバーの登録が完了いたします。電子口座開設では、口座開設日の夕刻、口座番号とパスワードの記載された「口座開設完了通知」を発送しますので、早い方ですと口座開設日の翌営業日に受取ることが可能です。

しかし、当社でマイナンバーの登録が完了するまでログインすることはできません。

三菱東京UFJ銀行の仲介で口座を開設された場合も、同様に最短で翌営業日の夕刻よりログインが可能となります。

  • マイナンバーの登録が完了いたしましたら、マイページ上の「お客様のお知らせ」欄にてお知らせいたします。

セキュリティのため、口座開設とマイナンバーの精査は別に行っております。そのため、口座開設書類の精査は問題なく開設ができましても、マイナンバーの書面に不備があった場合、マイナンバーの登録ができません。その場合は、口座開設完了のご通知とは別に<マイナンバー通知届出書>を送付いたします。こちらをご返送いただき、マイナンバーの登録が完了してからログインが可能となります。

仮にご返送いただいた口座開設書類に不備があり、マイナンバーには不備が無い場合、口座開設書類と新たに<マイナンバー通知届出書>を返却いたします。受入済みのマイナンバーはセキュリティのため返却は行わず、当社で黒塗りの処理を行います。

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る