米国株式 ご注意事項

米国株式に関するリスク

①株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。
また、米国株式は国内株式と異なり値幅制限がございません。株価変動が大きいと思わぬ不足金が発生することがあります。

②上場投資信託(ETF)は、連動する指数等の変動により価格が変動し、投資元本を割り込むことがあります。

③為替相場の変動により損失を被ることがあります。

④外国証券は、さまざまな国の発行体が発行します。そのため、当該国の政治・経済・社会情勢等により大きな影響を受けます。また現地規制の変更等による通貨価値の大幅な変動や流動性の低下、市場の機能停止の可能性など、様々なカントリーリスクが存在します。

注文受付・訂正・取消に関するご注意事項

(1) 現在の株価と指値が大きく乖離している場合、現地証券会社または取引所にて注文を受け付けないことがあります。

(2) 当社の米国株式取引は、お客さまからのご注文を、現地証券会社であるインタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers LLC)に取り次ぎます。インタラクティブ・ブローカーズでは、米国の各金融商品取引所や、ECN(電子証券取引ネットワーク)と呼ばれる一種の私設証券取引システム等から、原則として最良気配価格を提示する市場を自動的に判定して執行することから、株式が上場している市場以外に発注されることもございます。その結果、米国市場寄付前にお客さまが発注した注文が、NASDAQ市場に発注されている場合、日本時間23:25(サマータイム時は22:25)~23:30(サマータイム時は22:30)の間は、NASDAQ市場のルールにより、注文訂正および注文取消は有効となりません。したがって当該時間帯にお客さまから注文訂正または注文取消を発注された場合、23:30(サマータイム時は22:30)以降にお客さまの注文訂正または注文取消がNASDAQ市場で有効となります。そのため、当初のご注文が先に約定した場合、注文訂正または注文取消が無効となりますのでご注意ください。
注文受注後であっても、取引所・取次先等の事由により失効される場合もございます。

(3)米国株式取引においてはFINRA Rules(金融業界規制当局ルール)に基づき、個別の取引および結果報告について誤りがあったと取引所、もしくは協会、またはそれらの委員会等が判断もしくは認定した場合、一旦取引所等より約定報告を受けた取引について、事後的にその約定単価、約定数量が変更されること、またはそれ以外の調整・修正が行われることがあります。また約定自体が取消されることがあります。また、一旦「不出来(失効)」の報告を取引所等より受けた取引について、事後的にその取引が約定とされること、またはそれ以外の調整・修正が行われることもございます。

適用為替レートについて

ご注文が約定した場合は、現地約定日の翌国内営業日(国内約定日)午前9:00(日本時間)の当社為替レートを適用いたします。為替レートには為替スプレッド20銭が含まれております。

マイページの取引履歴画面では、為替レートは、国内約定日の午前10時頃まで、暫定為替レート(=参考為替レート(※)×為替バッファ(買付時:105%、売却時:95%))として掲載されます。国内約定日の午前9時に為替レートが確定し、同日10時頃より表示が確定為替レートに切り替わります。
※直近の国内営業日午前9:00(日本時間)の当社為替レート

買付注文時に不足金が発生する場合のご注意事項

買付代金が不足する場合、国内株式と異なり、受渡日ではなく「国内約定日」の15時までのご入金が必要となります。ご入金が確認できない場合、立替金となります。

買付代金が不足し、立替金が発生した場合、「外国株預り金勘定」からの引き出しはできません。

外国株預り金に不足金が発生した場合の例
①国内約定日の11:45頃に通常の(国内株式等でご利用いただく)預り金から外国株預り金へ不足金充当のための振替が実施されます。
②通常の預り金も不足しており、国内約定日の15:00までに不足金が解消されない場合はに立替金が発生いたします。
※国内受渡日より前の立替金発生となります。

譲渡益税の徴収と還付について

「特定口座(源泉徴収あり)」をご選択され、ご売却時に譲渡益が発生した場合、当社にて円貨ベースで源泉徴収税額相当分を計算いたします。源泉徴収税額相当分はお客さまの預り金から円貨徴収(※1)いたします。
預り金に譲渡益税相当額以上の現金がない場合は立替金が発生しますのでご留意ください。(※2)立替金が発生した場合、「外国株預り金勘定」からの振替はできなくなります。
立替金発生前(国内受渡日の15:00まで)に譲渡益税相当額以上の現金を預り金へご入金いただくか、先物OP証拠金、FX証拠金、外国株預り金等から預り金へ振替いただくようお願いいたします。

一年間の株式等の利益・損失を特定口座内で損益通算し還付金が発生する場合、お客さまの預り金へ入金します。米国株式の税金についての詳細はこちら

※1ザラ場中は外国株預り金から譲渡益税相当額を拘束し、引け後は証券口座預り金から譲渡益税相当額を円貨で徴収します。

※2信用取引口座を開設されているお客さまは信用保証金に譲渡益税相当額以上の保証金余力がない場合は立替金が発生します。

通知に関するご注意事項

外国証券取引口座約款の定めにかかわらず、寄託に係る外国証券についての諸通知は、届出住所宛ての送付に代え、適宜、当社ウェブサイト上での掲載等、電子媒体による方法等により行います。

取引報告書交付、閲覧のタイミング

取引報告書は国内約定日の翌日朝から閲覧することが可能です。

同一銘柄対当注文エラー

当社では、米国株取引における仮装売買(対当売買)を未然防止するため、同一銘柄の対当注文を全てチェックしており、以下の注文が発注された場合は、『発注エラー』となりますのでご注意ください。

  • 発注エラーとなるケース

    1) 未約定の買い注文がすでに発注されてる銘柄
    未約定の買い注文がすでに発注されている銘柄において、成行の売り注文または既に発注されている買い注文の指値価格を下回る売指値注文を発注しようとした場合。

    2) 未約定の売り注文がすでに発注されてる銘柄
    未約定の売り注文がすでに発注されている銘柄において、成行の買い注文または既に発注されている売り注文の指値価格を上回る買指値注文を発注しようとした場合。

  • 対処方法

    1) これから発注する売り注文(買い注文)の指値を、既に発注している買い注文(売り注文)の指値を上回る(安い)指値に変更することにより発注可能になります。
    詳細は下記のマトリックス図をご確認ください。

    2) 注文発注時に、『このご注文は「同一銘柄対当注文」に該当するため発注できません』とエラーメッセージが表示され、発注エラーになった場合は、同一銘柄において、すでに発注されている指値注文を一旦取消することにより、発注可能になります。

これから発注する売り注文の執行条件
既に発注している買い注文の執行条件 指値 成行
指値 買指値>売指値
の場合エラーとなります
エラーとなります
成行 エラーとなります エラーとなります
これから発注する買い注文の執行条件
既に発注している売り注文の執行条件 指値 成行
指値 売指値<買指値
の場合エラーとなります
エラーとなります
成行 エラーとなります エラーとなります

取扱銘柄に売買制限等が発生する場合

外国株式の取扱銘柄に売買制限等が発生する可能性がございます。

(1) 年末年始、ゴールデンウィーク前後等、米国受渡日との期間が長い場合は、米国営業日に該当していても米国株の取扱を行わない場合がございますのでご了承ください。その際は、予め当社WEBサイト上で告知いたします。

(2) ニューヨーク証券取引所やNASDAQでは、急激な相場下落時にサーキットブレーカー制度を導入しております。これは「S&P500」が前日終値から7、13、20%急落した場合、市場を各々一定時間停止させるものです。

ニューヨーク証券取引所等米国市場において、サーキットブレーカーが発動する条件は以下となります。

≪発動条件≫

Level 1
現地取引時間9:30~15:25
S&P500が前日終値より7%下落した場合:15分間取引停止

Level 2
現地取引時間9:30~15:25
S&P500が前日終値より13%下落した場合:15分間取引停止

Level 3 現地取引時間中
S&P500が前日終値より20%下落した場合:終日取引停止

  • サーキットブレーカー発動時、取引所から取消しされた注文は失効する場合があります。

その他注意事項

米国株式取引により購入された米国株式は、原則として信用取引の委託保証金代用有価証券とはなりません。
また、先物オプション取引、FX取引の代用有価証券として差し入れていただくこともできません。

auカブコム証券の米国株式

最短10分で申込み完了!
無料口座開設はこちら

口座開設(無料)


米国株式取引をはじめる
マイページへのログインが必要となります。

ページの先頭へ戻る