SORの取引方法

1. 申込み方法

SORをご利用頂く場合、次の手順による申込みを行うことで、利用が可能となります。

  1. Step 1 申込み基準の確認

    SORをご利用いただけるのは、以下の申込み基準をすべて満たしているお客様となります。

    • (1)株式現物取引、株式信用取引、先物・オプション・外国為替証拠金取引のいずれかの取引経験が1年以上あること
    • (2)「SOR取引・MSプール取引及びPTS取引約款」及び「SOR取引・MSプール取引及びPTS取引説明書」の内容を理解し同意いただける方
    • (3)オンライン・トレード取扱規定の利用条件を遵守いただける方
    • (4)20歳以上の口座保有者であること

    お客様が、当社に申告いただいた内容が、SOR申込み基準を満たしていない場合は、SOR申込みのお手続きができませんので、ご注意ください。

    • 取引経験は、お客様が当社にご申告いただいた内容を基に確認を行っております。当該内容は、当社ログイン後ページの「設定・申込」>「お客様基本情報」>「内容照会」で確認・更新が可能です。
  2. Step 2 らくらく電子契約で申込み

    当社ログイン後ページで、下記の方法により申込みページに遷移いただけます。

    • 当社ログイン後ホームページの「設定」>「らくらく電子契約」>「らくらく電子交付」
    • マイページ画面左下の「サポート」内の「SORのお申込み」のボタンを押下

    必要な書面をご確認・ご理解いただいたうえでお手続きください。

    • らくらく電子契約

    • マイページサポート

  3. Step 3 申込み完了

    SOR申込みのお手続きが完了後、らくらく電子交付の「SOR取引・MSプール取引及びPTS取引約款」の欄がお申込済の表示となり、SORが利用可能な状態となります。

2. 発注方法

SORをご利用いただける銘柄は、東京証券取引所上場銘柄のうち、当社が指定する銘柄です。
SOR対象銘柄は、発注画面の市場欄でSORが選択可能となります。(非対象銘柄の場合はSORが表示されません)
発注時に市場にSORを選択し発注いただいた場合、当該注文はSOR注文となります。

SOR申込み後にSOR対象銘柄の発注画面に遷移した場合、発注画面の初期表示がSORを選択した状態となります。

発注画面における初期表示設定の変更をご希望される場合は「設定・申込」>「サイト機能設定」>「カスタマイズ機能」の優先発注市場選択で優先市場を選択することで変更いただけます。

  • 当社ログイン後ホームページの「設定」>「らくらく電子契約」>「らくらく電子交付」
  • マイページ画面左下の「サポート」内の「SORのお申込み」のボタンを押下

3. PTS市場の気配情報

ジャパンネクストPTS及びチャイエックスPTSの気配情報は、個別銘柄情報画面のほか、東証及びPTS2市場の気配を合算し、一括表示する「複板」でご確認いただけます。「複板」は発注画面で「複板ボタン」押下により表示します。

4. 各種ランキング画面

当社のSOR注文による各種取引状況を市場別、売買別にランキング表示で掲載いたします。

PTS約定率ランキング
(毎営業日22:00頃更新)
当社の現物株式約定数量のうちPTS市場での約定数量が占める割合のランキング
SOR約定率ランキング
(毎営業日22:00頃更新)
当社の現物株式約定数量のうちSOR注文での約定数量が占める割合のランキング
約定代金差ランキング
(毎営業日22:00頃更新)
東証最良気配より有利な価格で約定した銘柄の価格改善金額のランキング

マイページへログイン後、「投資情報」>「ランキング」>「SOR」からご確認ください。

5. 価格改善効果

SORをご利用いただいた注文の価格改善効果は取引履歴SOR詳細画面(「資産管理」>「取引履歴」>「現物株式」の画面で「SOR詳細」ボタンを押下)で確認いただけます。

SOR詳細画面では、原則、約定日翌日までに【A】SORをご利用いただいた注文の約定金額【B】約定時点における優先市場の最良気配を基に算出した優先市場想定約定金額からSORをご利用いただいたことによる価格改善金額を算出し表示します。

6. 第三者による執行評価の開示

SOR注文に関する価格改善効果等について、第三者機関である株式会社QUICKの検証/評価を受け当該結果を当社ホームページにて、月次で開示します。

評価結果のレポートはマイページの「サポート」>「SOR執行評価」にて、ご確認いただけます。

詳細レポートはこちら(ログインが必要です)

レポート種別 評価対象
SOR執行評価(MSPool約定分) SOR利用注文のうち、MSプールでの約定に対する評価結果
SOR執行評価(全約定分) SOR利用注文のうち、MSプール及びPTSでの約定に対する評価結果

レポートの掲載項目

評価結果サマリ

執行評価の実施対象期間と評価対象となる約定の件数、金額等に関する集計結果を記載します。

改善効果は「実際の約定金額」と、約定時点における東証立会市場の気配※1から算出した想定約定金額を比較し算出を行います。当該改善効果をもとに価格改善した約定についての改善効果の集計結果を記載します。

右図では6.04ベーシスポイントBP(1BP=0.01%)の改善※2となります。

  • ※1約定時刻の1ミリ秒前の気配を採用
  • ※2約定金額百万円あたり604円の価格改善

約定金額

SOR注文について約定市場別の約定金額を百万円単位で記載します。

価格改善効果(BP)

SOR注文のうち東京証券取引所立合市場以外の市場での約定について、価格改善した約定の改善効果を約定市場別に記載します。

約定市場は以下の記号で表記します。

TSE:東京証券取引所立合市場
MSPool:モルガン・スタンレーMUFG証券のダークプール
SBI:ジャパンネクストPTSのJ-Market市場
Chi-X:チャイエックスPTSのChi-Alpha市場

約定代金上位15銘柄

SOR注文のうち東京証券取引所以外の市場での約定について、約定金額の上位15銘柄と価格改善された約定の改善効果を記載しています。

SOR執行評価(MSPool約定分)ではMSPoolでの約定について集計を行います。またSOR執行評価(全約定分)ではMSPool及びPTSでの約定について集計を行います。

上場市場別

SOR注文のうち東京証券取引所以外の市場での約定について、対象銘柄の上場市場別に約定金額と価格改善された約定の改善効果を記載しています。

SOR執行評価(MSPool約定分)ではMSPoolでの約定について集計を行います。またSOR執行評価(全約定分)ではMSPool及びPTSでの約定について集計を行います。

東証価格に劣後した約定

SOR注文のうち東京証券取引所以外の市場での約定について、約定時点における東証価格との比較により、劣後(不利な価格)したと判定される約定の件数、金額及び約定時点の東証価格から比較した想定約定価格に対し劣後した金額の合計を記載しています。

評価対象外の約定

改善効果の評価対象外とした約定の件数と金額を記載いたします。

SOR注文が分割発注され、東証と代替市場において同時刻に約定していた場合、代替市場での約定価格を東証価格と比較して評価を行うことが妥当でないため、評価対象外としています。

価格改善効果の評価方法について

当社はSOR注文にかかる約定データ(約定時刻、約定価格等)を株式会社QUICKに連携し評価を依頼しています。株式会社QUICKでは、MSプール及びPTS市場での約定について、約定時刻の1ミリ秒(1,000分の1秒)前の東証気配から算出した想定約定価格との比較により、価格改善効果の算出を行います。一方、約定及び取引所における気配の更新は、マイクロ秒(100万分の1秒)の表現される時間間隔で行われており、現状、ミリ秒単位での評価を実施していることに起因して、評価結果に誤差が生じる場合があります。今後、当社は評価精度の向上を目指しマイクロ秒(100万分の1秒)精度での検証環境の構築を行ってまいります。

東証価格に劣後した約定について

当社のSORは東京証券取引所とPTS2市場の気配を参照し、東京証券取引所の最良気配と同等または有利な気配の提示がある場合、PTS市場に対しIOC注文を行い、東証価格と同等または有利な価格での約定となることを目指しています。一方、上記システム判定に要するレイテンシに起因して、PTS及びMSプールでの約定価格が約定時点における東証価格に劣後する場合があります。

当社では、当該劣後した約定の発生状況に関する社内評価を継続して実施し、当該約定の発生を抑止するためのシステム改善を継続して行います。あわせて、当該約定の発生状況にかかる第三者評価の結果を開示する事により、お取引の透明性確保に努めてまいります。

評価対象外の約定について

当社のSORは東京証券取引所とPTS市場に対し、IOC注文を行う場合、東証とPTS市場に対し、各市場での約定が同時刻となるように発注タイミングを制御しています。

東証とPTSに以下の売気配が存在する場合において、300株の成行買注文を発注した場合、当社のSORは東証へ200株、PTSへ100株を同時刻に、各市場に到着するように発注します。

東証で100株①100円、100株③101円、PTSで100株②100.5円すべて同時刻に約定したと仮定し、PTS「100株②100.5円」の約定に対する執行評価を約定と同時刻の東証気配との比較で行った場合、気配①「100円」との比較を行うこととなり「価格改善効果は-0.5円」という評価となります。当該評価は「本来比較対象となり得ない気配との比較」を実施していることとなるため、QUICK社の執行評価において当該約定を評価対象外としています。

各市場で同時刻に約定するように発注する当社SORの仕様は、高頻度取引業者(HFT業者)等に取引影響を受けないようにするための機能です。東証、PTSでの約定時刻に時間差が生じた場合、HFT業者はSORの挙動を検知し最初の約定をトリガーとして、次の約定を予測・先回りをして自身が有利に取引できるように取引を行う可能性があります。当該取引行為の実施を防止するために、当社のSORは市場毎の約定時刻の差異を最小限とする仕様を採用しています。

口座開設をご検討中の方へ カブコムで株取引をはじめよう 選ばれる6つのポイント

口座開設・管理料は無料!

カブドットコム証券の口座をお持ちでない方

口座開設はこちら

カブドットコム証券の口座をお持ちの方

信用取引口座の開設はこちら

ページの先頭へ戻る