auカブコム証券×ファンズ株式会社 「Funds for auカブコム」 検討開始のお知らせ
~資本業務提携及びファンドの共同販売に向けた合意書締結~

2020年4月21日 [お知らせ]

auカブコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齋藤正勝、以下「auカブコム証券」)は、2019年12月に貸付投資の「Funds」を運営するファンズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:藤田雄一郎、以下「ファンズ」)へ資本参加いたしました。また、今後ファンズが提供するファンドの共同販売およびauカブコム証券の関連企業を組成企業とするファンドの組成について検討すべく、業務提携に向けた協議に関する合意書(以下、「本合意書」)を締結いたしました。

検討開始の背景

auカブコム証券は2019年12月1日、“カブドットコム証券”から“auカブコム証券”へ社名を変更いたしました。auカブコム証券は、「すべてのひとに資産形成を。」の合言葉を社会的使命(ミッション)とし、すべてのひとが、もっと自由で豊かな投資活動が出来るよう、今後も様々なサービスを提供し、顧客基盤の拡大を図るとともに、お客さまの投資成績向上を徹底追及してまいります。
すべてのひとに資産形成を身近に感じていただくために、auカブコム証券ではファンズの提供する「円建て」「短期運用」「スマホ完結型商品」といった国内において不足している(2020年3月、ファンズ調べ)サービスとauカブコム証券の強みである顧客基盤とを融合した「Funds for auカブコム(以下、「本サービス」)」の構築を検討開始するものです。

協業について~Funds for auカブコム~

auカブコム証券ではファンズと本合意書の締結により、2020年中のサービス提供開始を目標として、以下二点について両者で協議を進めてまいります。

(1) 本サービス及びFundsを通じたファンド持分の共同販売
(2) Fundsの仕組みを用いたauカブコム証券による新規ファンドの組成

Funds(ファンズ)について

ファンズは、個人が1円から上場企業グループのへの貸付投資ができるオンラインプラットフォーム「Funds」を提供しており、すでにサービス開始から約1年で会員2万人を獲得しております。
ファンズでは「未来の不安に、まだない答えを。」というミッションを掲げ、スタートアップらしく柔軟かつ機動的に時代を捉え、「Funds」を通じてまだ世の中にない価値を創造しております。

<Fundsの特徴>

  • ファンドの利回りは年率3.0%(予定/税引前)前後のものが中心
    低金利が続く日本において、約3%前後の「ミドルリスク・ミドルリターン」の金融商品として多くの個人投資家からご支持いただいております。
  • 1円単位での投資が可能
    投資初心者の方にも、心理的なハードルを感じることなく投資をしていただけるようFundsでは業界初(ファンズ調べ)の1円単位での投資を可能としています。
  • ファンズの定める選定基準をクリアした上場企業のみが参加
    現在、Fundsに参加して資金調達を行う企業は原則として上場企業に限定されています。また、上場企業であっても財務状況や事業計画等についてファンズの基準・審査を通過しない限りFundsでの資金調達を行うことができません。これまで上場企業を中心とした11社が組成する約20のファンドを募集し、分配遅延・貸し倒れは0件です(2020年3月9日現在)。
  • 優待券など特典も充実
    昨年より、「FinCommunity(フィンコミュニティ)」の取り組みの一環として、投資家の皆様へ株主優待のような割引サービスや投資家限定の試食イベントのご招待など特典を付与したファンドも組成しています。ファンズでは投資家と企業とをつなぐコミュニティのことを「FinCommunity」と呼び、相互理解を深め、新しいつながりの創造、新しい価値を生み出す取り組みを行っています。

auカブコム証券について

社名 auカブコム証券株式会社
設立 1999年11月
代表 代表取締役社長 齋藤正勝
資本金 7,196,000千円
所在地 東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館6階

ファンズについて

社名 ファンズ株式会社
設立 2016年11月
代表 代表取締役 藤田雄一郎
資本金 415,000千円
所在地 東京都港区西麻布3-2-1 北辰ビル7階

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る