取扱商品

SNSやPOSデータを活用したFinatext/ナウキャスト社配信ニュースのUIを刷新
データドリブン型の投資情報の拡充を行うことで、個人投資家ならではの着眼点による銘柄選びをサポート

2017年9月15日 [お知らせ]

カブドットコム証券株式会社は、株式会社Finatext(本社:東京都千代田区、代表取締役:林良太、以下「Finatext」)と株式会社ナウキャスト(同、以下「ナウキャスト」)と協業強化し、2017年9月19日(予定)より、トレーディングツール「kabuステーション®」にて配信を行っている「ソーシャルモメンタム」「リアルタイム消費財トレンド」のUIを刷新し、配信ニュースの拡充を行います。
当社では今後も、ビッグデータ解析・活用のパイオニアであるFinatext/ナウキャストとの連携を強化し、投資パフォーマンス向上に役立つ判断材料の提供を行うことで、お客さまの投資成績の向上に貢献してまいります。

  • 「ソーシャルモメンタム」「リアルタイム消費財トレンド」のご利用は、kabuステーション®のFintechプラン以上のご契約が必要です。

「ビッグデータ解析で経済の今を知る」 ニュースの活用事例等紹介する専用サイトオープン

ビッグデータ解析で経済の今を知る

この度のUI刷新、配信ニュースの拡充に伴い、「ソーシャルモメンタム」「リアルタイム消費財トレンド」それぞれの活用事例をご紹介する専用サイトをオープンいたしました。
独自のビッグデータ解析技術、情報サービスにより、データドリブン型の投資情報の拡充を行うことで、個人投資家ならではの着眼点による銘柄選びをサポートしてまいります。

<kabuステーション®でのAI×ビックデータ活用の俯瞰図>

kabuステーション®でのAI×ビックデータ活用の俯瞰図

Fintechで求められる金融機関の実践として

当社では、1999年の創業以来「金融のIT化」をその企業理念の一つに据え、技術主導によるリスク管理の追求と顧客満足度の向上に注力して参りました。2017年4月にはFintech領域における先端研究・事業開発をより促進するため「イノベーション推進部」を新設し、今日までの経験とノウハウを踏み台として、次世代金融サービスへの挑戦と同時に、これまで以上に顧客志向で利便性が高いサービスの提供と拡充を目指してまいります。
また、MUFGグループが2015年に設立した邦銀初のスタートアップアクセラレータ・プログラム「MUFG Digitalアクセラレータ」選出企業をはじめとするFintech領域におけるスタートアップ企業との協業展開を推進し、Fintechを通じた金融サービスの発展に貢献してまいります。

株式会社Finatextについて

株式会社Finatextについて

2013年設立の東京大学発Fintechベンチャー企業。金融に関する豊富な知識・経験を基盤に、それを誰にでも分かりやすいUI/UXに落としこみ、非常に短い期間で開発を行う技術力を持つ。役立つ!みんなの株当てアプリ『あすかぶ!』やFXアプリ『かるFX』、投信選びをサポートするアプリ『Fundect』、そして投資を身近に体験するアプリ『Moneby』を開発・運営。台湾、ロンドン、マレーシアに法人を設立するなど、グローバル展開も注力しております。

株式会社ナウキャストについて

株式会社ナウキャストについて

ナウキャストは「経済の“今”を知る」ことが出来る世界の実現を目指し、ビッグデータ解析により、消費者物価指数、商業動態統計を始めとする経済統計のリアルタイム化、企業の経営戦略の見える化を行う東京大学発Fintechベンチャー企業。東大渡辺努研究室における『東大日次物価指数(現:日経CPINow)』プロジェクトを前身として2015年2月に設立された。現在リアルタイム統計データベースサービス『日経CPINOW』『JCB消費NOW』等を展開し、国内外300社以上の金融機関、シンクタンク、政府、政府系金融機関、海外ヘッジファンド等の資産運用、経済調査業務を支援しています。

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る