取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > 自動売買 > トレーリングストップ

自動売買 トレーリングストップ

高値安値に合わせて、逆指値注文をリアルタイムに自動修正する自動売買です。同じ売るなら少しでも高いところで売りたい、高値から下落してきたところで売りたい、という場合等で活用できます。
売りの場合であれば、「株価の上昇にあわせて、高値から○円の逆指値を切り上げ、株価の値上がりに追従しつつ、反落し始めたところで売り発注」ということが可能です。
買いの場合は、「少しでも安いところで買いたいが、安値から○円上がって来たら買い発注」ということが可能です。

自動売買 トレーリングストップ

こんな時に使える!トレーリングストップの活用法

買ってすぐにトレーリングストップ

買ってすぐにストップロスまたは利食いのトレーリングストップを設定し、強ければ持続、利食いチャンスは逃さず、といった狙いでの発注にも活用できます。

【例】

当日の高値400円で買った銘柄に「高値-40円で売り」のトレーリングストップを発注。

万一、下落しても360円で売り発注。上がりだした場合も上昇が続けばそのまま持続、上昇後に下落すれば「高値-40円」で売り発注、ということができます。

大幅下落からのリバウンド買い狙い

株価が大きく下落したあと、リバウンドして上がり始めたところを買う場合にも活用できます。

【例】

現在値500円、安値500円。株価は下落基調でまだ下がりそうだが、下げきった後は反発すると予想し、安値+20円で買いのトレーリングストップを発注(逆指値520円)。

その後、株価は440円まで下がったとすると、逆指値の買いは460円となり、その後株価が460円までリバウンドしたところで買い注文が発注されます。

動意付けば買い

短期売買で少しでも動意付いたところ狙う場合にも活用できます。

【例】

寄付前に「安値+10円で買い」のトレーリングストップを発注。

寄付前は前営業日の安値が基準となるため、前営業日安値700円、終値705円の場合、逆指値は710円となります。寄付が前営業日安値よりも低い場合は逆指値は切り下がり、高い場合は710円で変わらずそのまま。寄付は690円となり逆指値は700円になりました。その後すぐに反発し700円で買い注文が発注されます。

  • 午前7:45頃から値洗いが行われます。値洗い前に発注する場合は、前日の安(高)値を基準として逆指値を設定しますが、値洗い後、寄付きまでに発注した場合は、前営業日の終値(または基準値)を元に逆指値を設定します。

もっと詳しく知ろう!動画で分かりやすく説明します

こんな取引画面から注文できます(サンプル画面)

買付注文

【例】株価が大きく下落したあとに、反発して上昇すると予想。安値から10円上がったら買いたい。

売却注文

【例】株価が上昇している間は、利益をより多く確保するために逆指値を切り上げ、高値から10円下がったら売りたい。

関連リンク

  • 様々な自動売買も簡単!高機能トレーディングツールで取引スピードアップ kabuステーション® kabuステーション®
  • セミナーや勉強会で「儲けられて・損しにくい」投資知識やテクニックが学べる 投資情報・セミナー

ページの先頭へ戻る