行動規範

第1章 MUFGグループ行動規範

お客様に対する姿勢

第1条
私たちは、常にお客さま本位で考え、お客さまの信頼・信用に応えます。MUFGグループが今日あるのは、これまで長い間、お客さまからの信頼・信用に支えられてきたからにほかなりません。私たちは、この信頼と信用をさらに確固たるものにしていきます。私たちは、目先の収益にとらわれることなく、長期的・持続的にお客さまの発展を支えます。

  1. 誠実な行動

    私たちは、常にお客さま本位で考え、公正・透明な企業活動を誠実に行います。私たちは、お客さまの資産を適切に取り扱い、お客さまの利益が不当に損なわれることがないよう適切に対応します。

  2. 品質の追求

    私たちは、お客さまとの末永い信頼関係を築くため、お客さまの声に耳を傾け、商品・サービスの企画・開発から提供、その後の見直しに至るまで、品質の管理を徹底し、改善に努めます。

  3. 期待を超えるサービスの提供

    私たちは、世界のお客さまの多様なニーズに対し、プロフェッショナルとして、グローバルなネットワークを活用し、グループの総合力を発揮して、期待を超えるサービスの提供をめざします。

社会に対する責任

第2条
私たちは、グローバルに事業を展開する中で、国内外のあらゆる法令等を遵守し、金融システムの安定・信頼維持を図り、社会の健全な成長に貢献します。私たちは、一人ひとりがMUFGグループの一員としての責任を負っていることを自覚しながら、公正・透明な企業活動を誠実に行い、MUFGグループがこれまで築き上げてきた社会からの信頼・信用を守り高めます。

  1. 社会ルールの遵守

    私たちは、国内外のあらゆる法令やルールを遵守することはもとより、高い倫理観にもとづいた正しい行動をとります。法令・ルール違反は、社会インフラである金融システムの機能不全やMUFGグループの信用失墜につながります。私たちは、業務に関係する法令やルールを遵守します。

  2. 金融犯罪・反社会的勢力への対応

    私たちは、金融犯罪および金融犯罪防止に係る規則・手続を潜脱しようとする試みを一切許容しません。また、私たちの商品・サービスが各種金融犯罪、マネー・ローンダリング(資金洗浄)およびテロ活動への資金支援等に関係する個人および団体に利用されないよう努めます。

  3. 社会への貢献

    私たちは、各地域の歴史・文化・慣習等を尊重し、企業活動や役職員の社会貢献活動等を通じて、地域・国際社会の発展や環境の保全に貢献します。

職場における心構え

第3条
私たちは、絶えず多様化・変化する顧客ニーズや、外部環境の変化をいち早くとらえ、迅速に行動します。また、MUFGグループで働く者同士が、お互いを尊重し、プロフェッショナルとしての個人の力と地域・業態を越えたチームワークが最大限発揮され、新しい試みに取り組むことができる職場をつくっていきます。そして私たちはMUFGグループとしてこれまで築き上げてきた有形・無形の資産・財産をしっかりと守ります。

  1. 成長と挑戦

    私たちは、一人ひとりが知識・専門性・人間力を高め、チーム力を最大限発揮し、環境の変化をチャンスととらえ、新たな分野に挑戦していきます。

  2. 働きやすい職場

    私たちは、MUFGグループ全役職員の人権と多様性を尊重し、差別やハラスメント等の行為を行わず、見逃しません。

  3. 会社の資産・財産の取り扱い

    私たちは、MUFGおよびグループ各社の有形・無形の資産・財産を守るとともに、これを毀損するような行為を許しません。

  4. 問題事象の報告・相談

    私たちは、法令・社則等や本行動規範に違反する行為等の問題に気づいたら、速やかに職場の上席者に報告・相談、あるいは内部通報制度等を通じて報告します。

第2章 その他の行動規範

リスクオーナー意識

第4条
私たちは、一人ひとりがリスク管理に対する責任を負っていることを自覚し、問題を発見した場合には、速やかに報告相談します。

リスクに対する感応性・機動性

第5条
私たちは、絶えず多様化・変化するリスクや環境変化を逸早く捉え、迅速に行動します。

適切な情報管理

第6条
私たちは、職務上知り得たお客様の個人情報や第三者の秘密情報の保護および管理に万全を期し、本来の目的以外の利用や漏洩を行いません。

利益相反の適切な管理

第7条
私たちは、業務に関し生ずる利益相反を適切に管理します。また、地位や権限、業務を通じて知り得た情報等を用いて、不正な利益を得ることはしません。

危機管理の徹底

第8条
私たちは、市民生活や企業活動に脅威を与える反社会的勢力の行動やテロ、サイバー攻撃、自然災害等に備え、組織的な危機管理を徹底します。

第3章 金融商品取引業者としての倫理

社会規範及び法令等の遵守

第9条
投資者の保護や取引の公正性を確保するための法令や規則等、金融商品取引に関連するあらゆるルールを正しく理解し、これらを厳格に遵守するとともに、一般的な社会規範に則り、法令や規則等が予見していない部分を補う社会常識と倫理感覚を保持し、行動します。関連する法令や規則等のもとで、投資によってもたらされる価値に重要な影響を与えることが予想される内部情報等の公開されていない情報を適切に管理します。

社会的使命の自覚と資本市場の健全性及び信頼性の維持、向上

第10条
資本市場に関する公正性及び健全性について正しく理解し、資本市場の健全な発展を妨げる行為をしません。また、資本市場の健全性維持を通して、果たすべき社会的使命を自覚して行動します。適正な情報開示を損なったり、公正な価格形成を歪めることにつながる行為に関与する等、資本市場に対する信頼を失墜させ、あるいは資本市場の健全性を損ないかねない不適切な行為を行いません。

顧客の立場に立った誠実かつ公正な業務の執行

第11条
仲介者として、常に顧客のニーズや利益を重視し、顧客の立場に立って、誠実かつ公正に業務を遂行します。会社での権限や立場、利用可能な比較優位情報を利用することにより、特定の顧客を有利に扱うことはしません。また、適切な投資勧誘と顧客の自己判断に基づく取引に徹することにより、自己責任原則の確立に努めます。さらに、顧客との間で締結された契約に基づく受託者責任が生じる場合には、顧客の利益に対して常に誠実に行動します。

顧客に対する助言行為

第12条
顧客に対して投資に関する助言行為を行う場合、中立的立場から、事実と見解を明確に区別した上で、専門的な能力を活かし助言をします。関連する法令や規則等のもとで、投資によってもたらされる価値に影響を与えることが予想される内部情報等の公開されていない情報を基に、顧客に対して助言行為を行うことはしません。