取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > 投資信託 > 注目のファンド特集(投資信託)

投資信託 投資情報・レポート

新ファンド・注目ファンド情報

  • ピクテ特集愛称:クアトロ ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンドなど
    ピクテ投信特集
  • ニッセイアセット「購入・換金手数料なしシリーズ」特集運用管理コストが同カテゴリー最低水準のインデックスシリーズ[ノーロード]
  • 日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)買付ランキング上昇 日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)[ノーロード]
  • ラップ風ファンド特集注目! ラップ風ファンド特集

注目ファンド・ニュース

ROE投資

ROEを主要な選定基準に採用したJPX日経インデックス 400 が 2014 年1月のスタート。 「日本版スチュワードシップ・コード」の導入など、企業の「稼ぐ力」の達成度を測る目安として注目度が高まっています

ROEとは

JPX日経インデックス 400やROEに注目した主なファンド
JPX日経インデックス400の指数に連動することを目指すシンプルで低コストなインデックスファンドシリーズ
JPX日経インデックス400の銘柄に投資し、原則として円売り米ドル買いの為替取引を行う

成長が期待される日本企業の株式へ実質的に投資を行い、中長期的観点から「JPX日経インデックス400(配当込み)」を上回る投資成果の獲得をめざし運用を行います。

ニッセイJPX日経400アクティブファンド

企業のROEに着目

注目のテーマ

  • 息の長~い注目の投資テーマ!医療やインフラなど中長期のテーマ
  • インデックス&ノーロード&積立豊富な低コストインデックスシリーズ
  • インカム収入を高める「プレミアム戦略」カバードコール戦略を活用したインカム重視のファンド
  • ブル・ベア指数の短期の値動きで収益を狙うなら

投資のネタの種

レポート 委託会社 タイトル
楽読(ラクヨミ) 日興

マイナス金利の導入により高まる、家計の余資運用の必要性
リスク回避の波が押し寄せた日本株式
低金利環境下で注目を集めるJ-REIT
下振れリスクはあるものの、商品市況が緩やかな上昇に向かう可能性も
市場予想に反して利上げを見送ったブラジル中央銀行
IMFの世界経済見通し~下方修正ながら、緩やかな回復の見通しを維持
順調に進む中国の経済構造改革~成長率は鈍化ながらも、政府目標達成か~

投資のヒント 三井住友トラスト

豪州準備銀行は市場の混乱を注視し政策金利を据え置き
金利上昇の影響を受けにくいバンクローンの魅力
2016年1月のブラジル中銀の金融政策とレアル相場の動向
MLP市場の動向と今後の見通し
2015年の市場動向の振り返り
足元のブラジルレアルの動向と今後の投資のポイントについて

投資のミカタ J.P.モルガン

2016年、いかに投資に向き合うか ― 投資行動編 ―
2016年、いかに投資に向き合うか ― 市場環境編 ―
低利回りで変動性が高い市場環境での選択肢とは?
日本株はなぜ乱高下しているのか
「為替ヘッジ」の活用を考える
世界同時株安で、さらに魅力が高まる医療関連株式?

売れ筋の人気ファンドをピックアップ

  • ネット投資家向け 低コスト投信「eMAXIS」シリーズネット投資家向け 低コスト投信「eMAXIS」シリーズ [ノーロード]
  • NISA向けファンド NシリーズNISA向けファンド Nシリーズ[ノーロード]
  • グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンドグローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド 愛称:健次[ノーロード]
  • ブラックロックのインデックスファンド『i-mizuho』ブラックロックのインデックスファンド『i-mizuho』[ノーロード]
  • 三井住友アセットマネジメント特集「投資リスクを軽減する3つの手法」投資リスクを軽減する3つの手法
  • ひふみプラス守りながらふやす ひふみプラス
  • 好配当米国株式プレミアム・ファンド 通貨 セレクト・プレミアムコース好配当米国株式プレミアム・ファンド 通貨セレクト・プレミアムコース[ノーロード]
  • ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) グロイン 10周年

ネット証券ファンドシリーズ

ネット証券ファンドシリーズノーロード
アベノミクス
日本株
成長期待が大きい
新興国株
ヘッジファンド
  • 各資料は、お客さまへの情報提供を目的として、各委託会社(当社作成も含む)において作成されたものであり、特定の投資信託等の売買を推奨・勧誘するものではありません。また、将来の市況環境・運用成果等を保証・約束するものでもありません。
  • 各資料に記載されている今後の見通しや予定等の情報は、資料作成日現在のものであり、内容・情報等が変更される場合があります。

ページの先頭へ戻る