取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > フリーETF > 銘柄一覧(フリーETF) > ABF汎アジア債券インデックス・ファンド(フリーETF)

フリーETF ABF汎アジア債券インデックス・ファンド

  • 手数料無料
  • 銘柄コード 1349
  • 投信会社 SSgA

この「ABF汎アジア債券インデックス・ファンド」は、アジアの8つの国・地域の市場(中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)で発行される現地通貨建ての国債および公債に投資し、手数料および費用控除前でベンチマーク指数(Markit iBoxx ABF汎アジア指数)に連動する投資成果を上げることを目標とするETFです。

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。

Get ADOBE® READER®

ベンチマーク(Markit iBoxx ABF汎アジア指数)について

「ABF汎アジア債券インデックス・ファンド」は、マークィット・インディシーズ・リミテッド(Markit Indicies Limited)が組成、公表しているMarkit iBoxx ABF汎アジア指数をベンチマークとしています。Markit iBoxx ABF汎アジア指数は、中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの政府および準政府機関が発行する現地通貨建ての国債および公債の動きを示す指数です。ベンチマークを作成するマークィット・インディシーズでは、各国の債券市場の規模、各国のソブリン格付け、投資の利便性(主に2つの要因:流動性、市場アクセスなど)などを考慮に入れています。

ポートフォリオ構成

2013年4月末時点での国別ポートフォリオ構成比率です。

現地通貨別構成比率

  • 平均格付は、時価総額と修正平均残存期間で加重しています。
  • 平均残存期間は時価総額で加重しています。これはあくまでも参考値であり、市況により随時変動します。
  • 平均利回りは、時価総額および平均残存期間で債券を加重して算出しています。これはあくまでも参考値であり、市況により随時変動します。
  • 平均利回りは、ファンドの運用成果を表すものではありません。

ファンドの概要

銘柄コード 1349
上場市場 東京証券取引所
上場日 2009年6月19日
信託期間 無期限
決算日 年2回(1月および7月)
売買手数料 無料(カブドットコム証券でお取引の場合)
ベンチマーク Markit iBoxx ABF汎アジア指数
取引所における売買単位 1口単位
総経費率 純資産総額の0.20%(年率)程度

口座開設をご検討中の方へ カブコムで株取引をはじめよう 選ばれる6つのポイント

ご購入

カブドットコム証券の口座をお持ちでない方

口座開設はこちら

カブドットコム証券の口座をお持ちの方

フリーETFを購入する(ログイン)

フリーETF取扱方法:ログイン→「お取引」→「フリーETF」

ページの先頭へ戻る