取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > 先物・オプション取引 > 両建取引拘束金について(先物・オプション取引)

先物・オプション取引 両建取引拘束金について

指数先物・指数オプションの価格の変動に連動しない建玉(両建玉)を保有している場合、一定の証拠金額を拘束いたします。

  • 両建て取引は経済合理性に欠くおそれがあり、手数料他費用も二重にかかることをご理解のうえで、お取引ください。
  • 「両建取引拘束金」の額は、建玉可能額および引出可能額に反映せず、新規のお取引に利用したり、引き出すことができません。
  • 維持証拠金の算出方法は従来通り(スパン証拠金額×証拠金掛目)-ネット・オプション価値の総額であり、「両建取引拘束金」は証拠金不足の判定には影響しません。
  • 下記の両建て拘束金と、ポジションすべての証拠金((スパン証拠金額×証拠金掛目)-ネット・オプション価値の総額)を比較し、大きい方の額が必要証拠金になります。
  • 証拠金掛目は100%以上で当社が設定いたします。決定後、ログイン後のお客さまページ内にて速やかに商品取引インフォメーションにて御案内してまいります。

先物取引の両建取引拘束金

先物取引の両建てルールに関してはSPANパラメータの改正に基づく商品間割引を用いて計算します。

  • 異なる限月の組み合わせでも両建て拘束の対象です。

商品グループ

  • 1.日経225先物(ラージ・日経225mini)
  • 2.TOPIX先物(ラージ・ミニTOPIX先物)
  • 3.TOPIX Core30先物
  • 4.東証REIT指数先物
  • 5.日経平均VI先物
  • 6.NYダウ先物
  • 7.JPX日経インデックス400先物
  • 8.東証マザーズ指数先物
  • ラージは枚数を10倍換算

オプション取引の両建取引拘束金

銘柄毎の両建て枚数×各銘柄1枚分の必要証拠金の半分

  • 異なる限月の組み合わせは両建て拘束の対象ではありません。

算出例は下記のとおりです。

例1

日経225先物 買い建玉4枚+日経225mini 売り建玉30枚の場合
(1枚あたりの必要証拠金がラージが70万円、miniが7万円の場合)

[A]維持証拠金mini10枚分 70万円 [B]両建て分の証拠金の半分(ラージ3枚分+mini30枚分×0.25)105万円:AとBを比較して大きい方を拘束([B]105万円が必要証拠金)

例2

日経225mini 買い建玉40枚+日経225先物売り建玉1枚の場合
(1枚あたりの必要証拠金がラージが70万円の場合)

[A]維持証拠金mini30枚分 210万円 [B]両建て分の証拠金の半分(Mini10枚分+ラージ1枚分×0.25)35万円:AとBを比較して大きい方を拘束([A]210万円が必要証拠金)

例3

日経225先物 買い建玉4枚 売り建玉4枚の場合
(1枚あたりの必要証拠金が70万円の場合)

[A]維持証拠金 無し [B]両建て分の証拠金の半分(ラージ8枚分×0.25)140万円:AとBを比較して大きい方を拘束([B]140万円が必要証拠金)

例4

日経225先物 買い建玉2枚 売り建玉4枚の場合+日経225オプション 買い建玉4枚、売り建玉2枚の場合

日経225先物=[A']維持証拠金先物1枚分 [B']両建て分の証拠金の半分(6枚×0.25) 日経225オプション=[A”]維持証拠金オプション2枚分 [B”]両建て分の証拠金の半分(4枚×0.25) :[A]維持証拠金先物1枚分(A')+オプション2枚分(A”)の合成ポジション分 [B]両建て分の証拠金の半分(先物6枚(B')+オプション4枚(B”))×0.25 AとBを比較して大きい方が必要証拠金

口座開設をご検討中の方へ カブコムで株取引をはじめよう 選ばれる6つのポイント

口座開設・管理料は無料!

カブドットコム証券の口座をお持ちでない方

口座開設はこちら

カブドットコム証券の口座をお持ちの方

先物/OP取引口座の開設はこちら

ページの先頭へ戻る