カブ姉

優待クロスはルールやコストを正しく理解すれば怖くないわよ。
優待取りはたったの2STEP!!
さぁコムコム!ついてきなさい!

STEP1
A社株(株主優待銘柄)の権利付最終日の寄付き前
現物買い発注と一般信用売り注文を「成行」で注文します。

現物買いと一般信用売り注文を「同値」で約定させ損益を0円にするために、市場が始まる前に成り行き注文を発注。

カブ姉

現物買いと一般信用売りを寄付き前(市場が開く9時前に)
同じ株数、「成行」で注文することがポイントよ!

すると・・
現物の買いと信用売り注文が同じ値段で約定します。

同じ値段で約定!

カブ姉

同じ値段で約定するから、価格変動のリスクが少なく済むのよ。

コムコム

市場が開く前までに成行で注文を入れるだけでいいんだね!
前日の夜に入れておけば忘れんぼうのぼくにもできそう!朝からお散歩に出かけちゃっても大丈夫だね!意外とカンタン!

権利付最終日の取引終了まで保有し、株主優待の権利を取得します。

権利付最終日の取引終了時点で現物株式を保有していると、株主優待の権利を得ることができます。

カブ姉

権利付最終日の1日は、株を保有している必要があるのよね。
権利付最終日に優待クロスをする(※)ことで、貸株料などのコストを最小限におさえることができるのよ!

一般信用では「売り」の在庫があります。権利付最終日に注文を行うと在庫がなくなっている可能性があります。一般信用の売短で品薄な銘柄は売り建て可能日以降に早めに優待クロスをすることをオススメします。

※権利付最終日の15:15までに品渡をすると、当日の処理となり、権利を確定できなくなりますのでご注意ください。

STEP2
権利付最終日の翌日(権利落ち日)以降に現物買いと信用売り建玉を品渡にて決済し、優待取得の優待クロスの取引を終了させます。

品渡にて取引終了(手数料は無料)

信用取引(制度・一般)商品概要

カブ姉

品渡(現渡)とは・・・
信用の売建玉の決済方法で、買って保有している現物の株式を充てることによって、信用売建玉と現物株式の両方を決済することよ。

品受(現引)とは・・・
信用の買建玉を、買い付けた代金分支払って決済して、現物株にすることよ。

約3か月後・・・

商品

コムコム

株主優待が届いたわん!
たった2STEPで優待をもらえるなんて嬉しい!
コツをつかめば本当にカンタンだし、リスクも少ないね。
今後はもっといろんな銘柄にチャレンジしてみよー♪

カブ姉

コムコムも株主優待を楽しむ投資家の仲間入りじゃない!
優待取りをするときは、手数料等のコスト<優待価値
でなくては意味がないのよ。
おトクに優待を獲得できているか確認を忘れちゃダメよ。

コムコム

そうだわん!
確かに簡単だったけど、手数料などのコストがかかってるんだよね。ぼくの取引、何にどれくらいかかったの?

※信用新規売りと現物買いを同時に行う場合(いわゆるクロス取引)には、以下の点にご注意ください。
・寄付までにご発注ください。(ザラバや引けでのご注文は、直前値から株価が変動する可能性があり、不公正取引に該当する場合がございます。)
・「同一株数」「同一執行条件(又は同じ効果となる指値)」でご発注ください。
(株数が不均衡となったり、異なる執行条件にてご発注いただいた場合には、直前値から株価が変動する可能性があり、不公正取引に該当する場合がございます。)
・日頃の出来高と比較して過大な数量のクロス取引はお控えください。その他、市場の価格形成に影響を及ぼす可能性が高いと判断される取引については、当社より売買動機等について確認させていただく場合がございます。

ページの先頭へ戻る