取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > 新規公開株(IPO)/公募・売出(PO) > IPOとは

新規公開株(IPO)とは

IPOとは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。
株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出されます。これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。
企業にとっては上場することにより、直接金融市場から広く資金調達することが可能となり、また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるといったメリットがあります。

では、投資家にとってはどのような魅力があるのでしょうか?

  • 1.取得に際し、手数料がかからない。
  • 2.上場後の株価が大きく飛躍している銘柄が多い。
  • 3.銘柄によっては上場後、数ヶ月の間に株式分割を行う企業が多い。
  • 4.公募価格(売出価格)は割安に設定される場合が多い。
  • 5.新興企業など歴史の浅い会社が多く、今後の業務急拡大が期待できるなど。

一方、新規公開株(IPO)の注意点は以下のとおりです。

  • 1.上場後、株価が一方通行でブレやすい。
  • 2.株価は居所を落ち着けるまで3-6ヶ月程度かかる。
  • 3.新興企業等歴史の浅い、規模の小さい会社が多く、バリュエーションが把握しにくいなど。

ブックビルディング方式とは?

証券投資への専門性が高い機関投資家などからの意見をもとに「仮条件」を設定し、投資家に提示します。その後、発行会社は「仮条件」を基に投資家からの需要を把握し、市場動向にあった発行価格を決定します。

ブックビルディング方式は、入札方式に比べると、価格が高くなりすぎるのを防ぎやすいといわれています。最近はほとんどがブックビルディング方式で決められています。

入札方式とは?

投資家が希望購入価格で申込みを行い、その状況に基づいて発行条件や発行価格を決定するというものです。株式取得のための投機的な入札によって、人気銘柄の発行価格が非常に高くなってしまうことがあります。

ページの先頭へ戻る