個人投資家はプロとは異なる道で投資する!

株式投資で勝率を上げるにはどうしたらよいでしょう。
その方法のひとつが、機関投資家や外国人投資家など株式市場で大きなお金を動かしている人たち(いわゆるプロ)と競わないことです。
彼らの資金量や情報入手の速さに個人で対抗するのは大変です。
彼らが主に投資する銘柄を避け、あまりフォローしていない銘柄を主軸に投資戦略を練りましょう。

それを見分けるには株式の保有状況をチェックします。
株式の保有状況は、会社四季報の【株主】欄で確認できます。
株主に「〇〇生命保険」などの記載があれば、それは機関投資家が投資していると見ることができます。
外国人投資家の持株比率は、<外人>として記されています。
国内の株式市場では、外国人投資家の持株比率(※1)は約30%(※2)、売買代金に占めるシェアは約70%に及びます。(※3)
この現状から外国人投資家の売買動向が株価へ大きく影響します。
その影響を抑えるためにも、外国人持株比率の低い銘柄をフォローしてみましょう。

東証上場銘柄の中には、まだ外国人投資家や機関投資家から注目されていない企業が多くあります。
外国人の持株比率が9%以下など一桁に留まっている成長企業を見つけ、彼らより先に投資しましょう。

(※1)投資家の持株比率が発行済み株式数に占める比率。
外国人投資家とは、外国国籍の個人投資家、外国の法人、短期売買を主とする投資家、欧米の年金基金や投資信託など長期運用の投資家まで含まれます。
(※2)2020年度株式分布状況調査の調査結果について「主要投資部門別株式保有比率の推移」(2021年7月7日)より
(※3)投資部門別売買状況(日本取引所グループ 東京証券取引所)より

優待期待で長期投資を

上手な銘柄選定ができたとしても、株価の下落を体験する可能性は当然あります。
そのような局面では、株主優待を楽しみに株価の回復を待ってみてはいかがでしょう。
優待銘柄の一例を見てみましょう。
(外国人持株比率10%以下、自社製品および優待ポイントを株主優待として導入する企業のうち、成長性および安全性を考慮して筆者が任意に選定)

<サービス>
子ども写真館の最大手。
七五三が売上の4割を占める。
成人式振袖レンタル&前撮りパックの「ふりホ」を全国展開。
出張撮影やアプリなど新規事業の育成に注力している。

<サービス>
飲料、食品、流通関連企業を主顧客とし、企業が消費者を獲得、維持するためのマーケティング活動を支援する。
アニメキャラクターを活用した販促プロモーションに強みを持つ。

<サービス>
オンライン英会話の最大手。
インターネット上で1対1のレッスンを提供。
講師はフィリピンで最上位に位置するフィリピン大学出身者を中心に採用。
教室運営費などがかからないことから低価格のレッスンを可能にしている。

<小売>
宝飾「4℃」を中心とした商品企画、製造、販売を行う。
アパレル製品の製造、手頃な価格帯の衣料品を提供する「パレット」も展開。
すべての女性に美しさとときめきを届けることを使命としている。

<卸売>
食肉卸の大手。
牛や豚の生産飼育から、食肉の処理・加工、製造、販売まで一貫して手掛ける食肉専門商社。


巣ごもり関連では、カット済みの肉・野菜と調味料がセットになった調理簡便品が好調。国産食肉の輸出にも注力する。

外国人投資家からの注目度が低い企業は、単に魅力がないと評されていることもあるため、財務・非財務情報も合わせてチェックすることが大切であることは言うまでもありません。

<外国人投資家の持株比率の低い銘柄>

企業名(銘柄)
コード
株価(円)
(8月13日)
配当金(円)
来期予想
予想配当利回り
(%)
外国人持株比率
(%)
優待権利確定月
(月)
スタジオアリス
2305
2,317 50 2.16 6.2 8月
<年間優待品> 写真撮影券を贈呈。
四切写真プリント(フレーム付)、キャビネサイズデザインフォト(アクリルフレーム付)、B3サイズポスターのいずれかひとつを提供する「株主写真撮影券」。
・100株以上保有で1枚。・500株以上保有で2枚。
・1,000株以上保有で3枚。・10,000株以上保有で10枚。
レッグス
4286
2,146 40 1.86 3.1 6月
<年間優待品> 株主優待ポイント付与。
・200株以上保有で、2,500ポイント付与。・400株以上保有で、8,000ポイント付与。
・600株以上保有で、13,000ポイント付与。
株主専用Webサイトに要登録、ポイントに応じて同サイトにて食品・お酒・寄付等と交換が可能。
レアジョブ
6096
1,676 11 0.66 6.6 3月
<年間優待品> 100株以上保有で、10,000円相当の「レアジョブ英会話」株主優待券を贈呈。
300株以上保有で、10,000円相当の「レアジョブ英会話」株主優待券、および、10万円相当の「レアジョブ英会話スマートメソッドコース」株主優待券を贈呈。
ヨンドシーホールディングス
8008
1,811 83 4.58 7.4 2月
<年間優待品> 優待券、自社グループ商品(毎年変更)、日本水フォーラムへの寄付のうちいずれか希望のものを贈呈。
・100株以上保有で、2,0000円相当。・500株以上保有で、5,000円相当。
・1,000株以上保有で、8,000円相当。・3,000株以上保有で、12,000円相当。
・5,000株以上保有で、15,000円相当。
スターゼン
8043
2,230 65 2.91 9.9 3月
<年間優待品> 自社グループ製品を贈呈。
・200株以上保有で、3,000円相当。・1,000株以上保有で、5,000円相当。
・2,000株以上保有で、10,000円相当。
※優待品の発送に代わり、社会貢献活動団体・組織等へ優待相当額を寄付する選択が可能。
株主優待サービス
・100株以上保有で、中元・歳暮ギフト・おせちの特別価格販売。

・優待権利確定月:株主優待の権利を取得する月。
権利確定日の2営業日前(権利付最終売買日)の時点で、株式を保有していると優待や配当金を取得できます。
・適合性、有用性、正確性、完全性を保証するものではなく、あくまで考え方を参考にしていただくことを目的としたもので投資勧誘を意図するものではありません。
・四季報オンライン(2021年8月13日)より。
※優待内容については、2021年8月時点の内容です。
実際の株主優待の詳細や最新情報は、各社ホームページでご確認ください。

村松祐子

村松祐子

ファイナンシャルプランナー(CFP®1級FP技能士)。金融・証券インストラクター。

1987年より、大手証券会社において外国株式の東京証券取引所上場に際し、販売促進に携わる。資料作成、および、顧客向け株式セミナー、社内勉強会の運営に従事。1990年より富裕層向け資産運用コンサルティングに従事したのち、株式調査部に転籍、経済・株式の調査を経験、機関投資家向け週間マーケットレポートの作成に携わる。資産運用の相談、経済・市場調査の経験を踏まえ、それらを総括したサービスを提供するFPへ転身。現在、資産運用・株式投資の個人レクチャー、セミナーのほか、ライフ&マネープラン相談を実施している。一人ひとりに合った資産形成の提案には定評があり、自立した個人投資家の育成にも力を入れている。『FPコスモス』代表。

最短10分で申込み完了!
無料口座開設はこちら

ページの先頭へ戻る