今までのNISAから、どう変わるの?

2024年度からNISA(少額投資非課税制度)が新しくなる予定です。

現在のNISAは、
・一般NISA(非課税投資枠:毎年120万円、非課税期間:最長5年)
・つみたてNISA(非課税投資枠:毎年40万円、非課税期間:最長20年)
・ジュニアNISA(非課税投資枠:毎年80万円、非課税期間:最長5年)
の3つのNISAで構成されています。

2024年度からジュニアNISAは廃止され、新NISAとつみたてNISAで構成されることになります。つみたてNISAは口座開設できる期間が5年間延長され2042年までとなった以外、内容に変更はありません。

一方、新NISAは、図のように従来の一般NISAとつみたてNISAが合体し、2階建ての制度となります。2024年度以降、新NISAで投資を新たに始める方は、原則として、1階部分(つみたてNISA対象商品の積立)を利用しなければ、2階部分での投資をすることはできなくなります。ただし、1階の非課税投資枠20万円をすべて埋める必要はありません。少額でも、1階の対象商品の積立設定を行えば、2階部分での投資を行うことが可能です。

<NISAの改正内容>

<NISAの改正内容>

なお、既に一般NISAで投資を行っている方、または投資経験者については、2階部分で上場株式のみに投資する場合は、1階での積立投資は不要とされています。

今までのNISA投資はどうなる?

一般NISAでは非課税期間終了時、以下の選択肢があります。
・特定口座などの課税口座に移管
・ロールオーバー(非課税期間延長)
・売却

現在の一般NISAの非課税期間終了後、新NISAに移行する際もこの選択肢に変わりはありません。ただし、新NISAで対象外となる、レバレッジを効かせている投資信託、上場株式のうち整理銘柄・管理銘柄はロールオーバーできません。

ロールオーバーを選択した際、株価等の上昇により株価等が新NISAの非課税投資枠を超えているケースも考えられますが、全額ロールオーバーすることができます。一方、株価等が新NISAの非課税投資枠内である場合には、2階部分の枠から埋めていくこととなります。

新NISAは今までのNISAよりもやや複雑です。今後詳細な部分の変更等も考えられますが、現在NISAを利用している方、今後NISAの利用を検討している方は、情報収集に努めて賢く制度を利用しましょう。

参考情報:令和2年度税制改正について-税制改正大綱における主要項目-(令和元年12月金 融 庁)

キムラ ミキ

執筆者:キムラ ミキ


ファイナンシャルプランナー 社会福祉士

日本社会事業大学で社会福祉を学んだ後、外資系保険会社、マンションディベロッパーに在籍後、FPとして独立。現在は、株式会社ラフデッサン 代表取締役として、個人向けライフプラン相談、中小企業の顧問業務をお受けする他、コラム執筆、セミナー講師、山陰放送ラジオパーソナリティとしても活躍中。
また、ライフワークとして障がい児・者の親なき後の経済準備についての啓発活動を行う上での課題研究を行うため、放課後等デイサービスや学習に困り感のある子供の学習支援教室にて、障がいのある子供たちの学習支援にも取り組んでいる。

株式会社ラフデッサンHP
キムラミキ ブログ 

ご注意事項

最短10分で申込み完了!
無料口座開設はこちら

ページの先頭へ戻る