取扱商品

  1. ホーム > 企業・IR情報 > プレスリリース > 画像認識AIと並列ベクトル計算による超高速リアルタイム処理を活用したチャートツール「AlpacaSearch for kabu.com」の提供を開始

画像認識AIと並列ベクトル計算による超高速リアルタイム処理を活用したチャートツール「AlpacaSearch for kabu.com」の提供を開始
~ チャート形状の画像認識の超高速化処理により分足ベースで値動きのパターンが類似した銘柄の抽出を実現 ~

[お知らせ]

カブドットコム証券株式会社は、2017年5月11日(木)(予定)にAlpacaDB Inc.(CEO:横川毅、以下Alpaca社)と提携し、個人投資家向けのチャートツールとして人工知能と並列ベクトル計算による超高速リアルタイム処理技術を活用したチャートツール「AlpacaSearch for kabu.com」の提供を開始いたします。「AlpacaSearch for kabu.com」は、2017年4月にリリースされたkabuステーション®の新プラン「kabuステーション Premium」向けの最新機能としてリリースいたします。

Alpaca社は、株式会社三菱UFJフィナンシャルグループが設立した“MUFG Digitalアクセラレータ”の第一期(2016年3月~7月)に採択され、当社代表執行役社長の齋藤正勝がメンターとして協業の検討を進め2016年8月の同アクセラレータDEMODAYにおいて準グランプリを獲得した経緯があります。

当社は、今後も最先端技術を利用した投資情報・サービスの拡充を行い、銘柄選びをサポートすることで、お客さまの投資成績の向上に貢献してまいります。

「AlpacaSearch for kabu.com」の特長

「AlpacaSearch for kabu.com」は、Alpaca社独自の人工知能による画像認識エンジン(Candle2vec)で全上場銘柄のチャート形状(ローソク足)を高速処理し、パターンマッチング及びクラスタリング解析の結果から相互に類似しているパターンを瞬時に探索可能にします。

従来のテクニカルチャート分析においては、ローソク足を構成する4本値データや売買高等を相場経験則等を基に人為的に様々な統計手法や閾値で加工したテクニカルシグナルを用いるのが一般的ですが、「AlpacaSearch for kabu.com」は画像認識AIがチャート形状の特徴量を判断し、複数の銘柄間の類似性を最先端のテクノロジーで探索し個人投資家の投資アプローチのヒントの提供を行うことを目指しております。並列ベクトル計算による超高速リアルタイム処理により、日足だけでなくザラ場中の分足(15分足)にも対応しており、デイトレード等のアクティブなお取引にもご活用いただけます。

「AlpacaSearch for kabu.com」の特長

  • 画面は開発中のものであり、サービス提供開始の時点で変更される場合がございます。

投資手法・トレード手法への活用アプローチ

【ペアトレード銘柄の探索】

「AlpacaSearch for kabu.com」は、日足および分足(15分足)ベースでの類似銘柄の状況を、トレーディングシステム「kabuステーション®」で最適化したユーザーインターフェイスでご提供いたします。同一業種・セクター以外でも値動きの相関性の高い銘柄を抽出し、相対的に強い銘柄を買い(ロング)、相対的に弱い銘柄を売る(ショート)、ロングショート手法(※1)の活用に有効です。

例えば、長期的(日足ベース)の値動きに強い相関性を示す銘柄において、短期的に値動きに乖離が発生した場合、その乖離が長期と同一の水準まで戻る動きが発生しやすいことが知られています。そのような乖離を収益チャンスとして発見することはこれまで個人投資家の経験則によってのみ発見することが可能でした。「AlpacaSearch for kabu.com」の最新テクノロジーによる大規模な類似度計算により、ベテラン投資家はもちろん、経験の浅い個人投資家でも直観的でわかりやすいユーザーインターフェイスによりこのような投資機会の拡大に貢献してまいります。

  • ※1ロングショート手法は、業種や業績面、テクニカル面等から比較して、株価が割安な銘柄を買い(現物・信用ともに可)、株価が割高な銘柄を信用売りするポジションをとる手法です。マーケットリスクが顕在化する全面安等の急落相場でもリスク量が抑えられ、結果として銘柄の優劣だけの損益に抑える効果があるといわれています。これは、ロング(株式の保有)をショート(株式の信用売り)が相殺することで、株式の保有リスクを限定し、マーケット全体の動向の影響が減少するという考え方に基づくアプローチです。
【新たな相場テーマの発掘のヒントに】
「AlpacaSearch for kabu.com」では、価格推移の類似性を、最新のテクノロジーによりザラ場中にクラスタリング抽出することを実現いたします。これにより、価格推移の類似性からいち早く複数の銘柄に共通する、相場テーマの早期発見に役立つことが期待されます。個別銘柄の流動性を活性化させる材料・テーマは日々変化するため、例えば、マーケットのテーマとなりうる新技術や新製品等から想起される銘柄群が、共通のテーマを持つ銘柄としてマーケットの参加者に広く認知されるまでにタイムラグがありますが、「AlpacaSearch for kabu.com」では、類似の値動きをする銘柄群から共通する相場テーマを発見するための「気づき」の機会の提供を目指してまいります。
【HOTキー連携により急動意銘柄の類似銘柄を探索】
kabuステーション®では、「リアルタイム株価予測」や「ストップ高安リアルプレアラート」等、高速ビッグデータ処理により、ザラ場中の急動意銘柄をいち早く確認することができる機能をご用意しております。HOTキー連携の有効活用で、例えば「リアルタイム株価予測」の「予想売買高急増ランキング」で、ザラ場中に急に出来高が増え始めた銘柄の初動を捉え、「AlpacaSearch for kabu.com」で類似の値動きを探索するなど、kabuステーション®の先進的な機能と併用することで、さまざまな投資手法への活用が期待されます。

AlpacaDB Inc社について

会社名
AlpacaDB Inc.
設立年月日
2015年2月18日
CEO
横川 毅
本社所在地
55 East Third Avenue, San Mateo, CA 94401 USA
東京拠点所在地
東京都港区港南 1-8-27
事業内容
AIとビッグデータ技術を活用した金融プロダクトの開発

米国シリコンバレーと東京に拠点を置く、金融×AIに取組むスタートアップ企業です。深層学習(ディープラーニング)などのAI技術に加えて、ビッグデータ解析や金融向けデータ・ストレージなどの技術にも強みを持ち、2016年3月から、日々のトレーディング業務をAIによって自動化できるウェブサービス「アルパカアルゴ」を提供。2016年5月からは、米国株向けに今何を買うべきかを解決するサービス「アルパカスキャン」を提供し、今後も最先端の技術を出来るだけ多くの方々に提供するために、日々開発を進めています。

MUFG Digitalアクセラレータ選出を経緯とした事業化を推進

Alpaca社は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループが主催する「MUFG Digitalアクセラレータ・プログラム」の第1期参加企業であり、金融工学、画像認識技術、深層学習(ディープラーニング)技術を複合的に用いた投資アルゴリズムの開発を得意とする、米国のベンチャー企業です。

この度の取組みは、同プログラムの期間中に、当社がAlpaca社の事業化サポートを行い、そこで出てきたサービス案を実用化するものです。

MUFG Digitalアクセラレータ選出を経緯とした事業化を推進

kabuステーション®利用料金/無料利用条件

kabuステーション®(本体)ご利用料は972円(税込)/月ですが、お客さまのお取引実績や口座状況に応じて、無料でご利用いただけます。

kabuステーション®
(通常プラン)
以下のいずれかに該当する場合、無料でご利用いただけます。
  • 初回申込みの翌々月第1営業日まで
  • 当社全取引における約定回数が1回以上で翌月無料
  • お申込日の前営業日(継続は前月末)のお預り資産100万円以上で翌月無料
  • 信用口座開設済みの場合無料
    (新たに信用口座を開設する場合は開設完了日以降の申込から無料)
  • 先物オプション、FX、取引所CFDいずれかの口座を新規開設すると翌月無料
プラン名 Fintechプラン
追加提供サービス
  • リアルタイム株価予測
  • フル板表示機能
  • 予想始値/引値機能
  • ストップ高安リアルプレアラート
  • Finatext社ニュース「ソーシャルモメンタム」「リアルタイム消費財ウォッチ」

Fintechプラン

ご利用条件 信用取引口座または、先物オプション取引口座開設済みかつ、前月、当社全取引における約定回数が1回以上であること
プラン名 Premiumプラン
追加提供サービス
Fintechプランの機能に加え、
  • デイトレ板を3枚同時に表示可能
  • リアルタイム株価予測画面を2枚同時に表示可能
    (2017年7月頃リリース予定)

Premiumプラン

ご利用条件 信用プラチナプラン・ゴールドプラン適用であること、または、前月の先物・オプション取引手数料が10万円(税抜)以上であること

信用取引「ゴールドプラン」「プラチナプラン」について

前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金に応じ信用取引の手数料を1ヵ月間無料とし、買方金利を0.3%~0.92%優遇する2つの大口取引向けプラン「信用プラチナプラン」「信用ゴールドプラン」をご用意しております。

信用取引「ゴールドプラン」「プラチナプラン」について

信用プラチナプラン 信用ゴールドプラン
適用条件 前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金合計30億円以上の場合 前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金合計4億円以上の場合
手数料 0円(無料 0円(無料
買方金利 制度信用2.06% 一般信用2.68% (0.92%優遇) 制度信用2.68% 一般信用3.30% (0.3%優遇)
  • 前1ヶ月の建玉残高…判定期間最終日(前月20日・休業日の場合は繰り上げ)に返済されていない建玉総額
  • 前1ヶ月の新規建約定代金合計…判定期間開始日(前々月21日)~終了日(前月20日)までの新規建約定代金(売建・買建、内出来を含む)の合計です。
  • 金利優遇対象となる建玉は適用期間に受渡ベースで保有されている建玉です(日計り分を含む)。
  • 適用期間当月1日の午前6:00以降に発注いただいたご注文が手数料無料対象となります。
  • 強制返済時の手数料には、手数料割引率が適用されません。

ページの先頭へ戻る