株式投資で大きな成果を狙うには

株式市場は、3月の株価暴落から落ち着きを取り戻していますが、いまだ株価の低迷が続いている企業もあります。

コロナ禍の影響を受け、業績の回復までに時間がかかりそうな企業は、配当を減配または無配にしています。業績悪化で減益あるいは、利益を出せないためですが、いずれ回復に向かう企業であれば、業績不振で株価が低い時が、むしろ購入のチャンスかもしれません。

魅力的な株主優待があり、将来の業績回復が見込める企業であれば、安く購入し、優待を受けながら、配当の復活と株価の上昇を期待するという楽しみ方もあります。

欧米では「リッチマンになりたければ“孤独”に耐えろ」という投資の格言があります。人と同じことをしていては大きな成果を得られないということです。

大勢の人が、コロナの影響が続きそうだと、投資を敬遠する企業にあえて目を向けてみるのはいかがでしょうか。

優待で暮らしに潤いを

コロナの影響が続いている業種といえば、交通機関や宿泊施設もその一つです。ただ、株主優待は充実しているものもいろいろあります。優待生活を楽しみながら、人の行き来が活発になり、株価が反転する時期を待つのはいかがでしょうか。

東日本旅客鉄道(9020)
首都圏・東日本を地盤とする旅客鉄道等の運営、不動産賃貸や駅ナカ物販事業も展開。『Suica』を育成。
<優待>優待割引券1枚(100株保有)。株主サービス券1冊。
※1冊には「JRE POINT」引換券(500ポイント付与)1枚の他、多数の割引利用券が含まれる。

西日本旅客鉄道(9021)
JR西日本、山陽新幹線と上越妙高以西の北陸新幹線を運営。
<優待>50%割引券。運賃は片道乗車券。ホテル宿泊優待券、レストラン割引券。買物優待券。

西武ホールディングス(9024)
東京北西部、埼玉の西武鉄道とプリンスホテルを運営。
<優待>電車全線パス1枚と引換えにホテル無料ペア宿泊券(1泊分)1枚、
その他多数の割引券。

日本航空(9201)
国内線、国際線ともに空運業界2位。
<優待>100株保有で国内線50%割引券1枚。

ジャパンインベストメントアンドアドバイザー(7172)
航空機リースを事業の柱とする会社。航空機エンジン売却・旅客機から貨物機への改造、太陽光発電商品や保険事業も行っている。現時点では減配にはなっていない。
<優待>100株以上(保有期間1年未満)クオカード1,000円。保有1年以上で3,000円、2年以上で5,000円にグレードアップなど。

優待券があることで、旅に出かけようという動機づけになり、リフレッシュする機会にもなります。

ただし、業績悪化を理由に、優待廃止に踏み切る企業もあるため、財務状況などを確認しながら見守っていきましょう。

<参考>業績不振からの立ち直りを待つ銘柄の例

<参考>業績不振からの立ち直りを待つ銘柄の例

・権利確定月:株主優待の権利を取得する月。権利確定日の2営業日前(権利付最終売買日)の時点で、株式を保有していると優待や配当金を取得できます。
・適合性、有用性、正確性、完全性を保証するものではなく、あくまで考え方を参考にしていただくことを目的としたもので投資勧誘を意図するものではありません。
・四季報オンライン(2020年9月14日)より。

※優待内容については、2020年9月時点の内容です。実際の株主優待の詳細や最新情報は、各社ホームページでご確認ください。

最短10分で申込み完了!
無料口座開設はこちら

ページの先頭へ戻る

チャット de QA