まずは記録することから始めてみよう

家計を見直して貯蓄をふやそうと思うけど、なかなかうまくいかないという人は多いかもしれません。痩せようと思うけど、なかなか痩せられない、という人も多くいらっしゃいますね。実は、家計とダイエットには共通点があります。

ダイエットの基本は「摂取カロリーを減らし」、「消費カロリーをふやす」こと、家計の基本は「支出を減らし」、「収入をふやす」ことです。

この2つの基本の中で“減らす”に注目してみると、ダイエットは「必要以上のものは食べず、食生活のスタイルを変える」、家計の場合は「むだな支出をなくして、お金の使い方を変える」ことといえるでしょう。つまり、家計もダイエットも、共通しているのは“現状を見直し、むだをなくす”ことです。

そのときに効果を発揮するのが、記録をつけることです。ダイエットには、食べたものとカロリー、毎日の体重を手帳やノートに記録する「レコーディングダイエット」という方法があるくらいですから、記録するということは一定の効果はあるはず。

家計についても購入履歴を残して支出を“見える化”しましょう。レシートやクレジットカードの利用明細などから、何にお金を使ったのかを記録します。わざわざ家計簿をつけなくても、手帳やノートにその日の支出を書き出すだけでもいいです。

記録することで、具体的な支出内容や金額がわかり、「生活に不要なものを買っていた」、「外食にお金をかけすぎた」など、改善すべき点が見えてきます。「買い物は本当に必要なものだけにとどめる」など、できるところから改善してみましょう。

支出のむだをなくし、スリムで筋肉質な家計に

日々の記録が習慣となり見直しができてきたら、持続できる仕組みを作りましょう。ポイントは、日々努力しなくても効果が出る状態にすることです。

ダイエットでは、食事制限だけではなく、運動などで筋力をつけると代謝が上がって脂肪が燃えやすくなるといいます。食事やカロリーに過度に神経質にならなくても、体重がふえにくい体質になるのです。

家計では、保険料や住居費など「固定費」の見直しが効果的です。仮に支出を1万円減らすとしても、欲しいものを我慢するより、毎月支払っている固定費を1万円減らす方がストレスもなく、その状態をキープしやすくなります。

家計改善とダイエットに共通する流れ

記録することや固定費の見直しで改善が進めば、むだがなくなり家計はスリムになります。貯蓄のふえる“筋肉質な家計”をめざし、トライしてみましょう。

ご注意事項

最短10分で申込み完了!
無料口座開設はこちら

ページの先頭へ戻る