株主優待

株主優待とは?

株主優待とは、企業(株式会社)が株主に対して品物やサービスを提供するサービスです。優待内容はその企業が取り扱っている自社商品や食事券、割引券、入場券、お米、図書券、割引サービスなど企業によって様々です。
全上場銘柄3,945件のうち、過去最多の1,327件が株主優待を実施しており、各企業の権利確定日の3営業日前、「権利付最終日」の取引終了時点で株式を保有することで株主優待を取得することができます。

  • 出典:野村インベスター・リレーションズ「株主優待実施状況レポート/2016年7月末」 (プレスリリースなどをもとに野村IR調べ、REIT・ETFなど含む国内上場普通株式を対象とする)

6月優待銘柄のご案内

日本たばこ産業(2914)
  • 概算購入金額:416,900円
  • 自社商品等

優待内容の見本画像

本田技研工業(7267)
  • 概算購入金額:309,500円
  • 施設利用割引券等

優待内容の見本画像

ヤマハ発動機(7272)
  • 概算購入金額:284,000円
  • 自社ポイント等

優待内容の見本画像

小林製薬(4967)
  • 概算購入金額:657,000円
  • 自社製品

優待内容の見本画像

日本マクドナルドホールディングス(2702)
  • 概算購入金額:385,500円
  • 飲食券

優待内容の見本画像

アシックス(7936)
  • 概算購入金額:186,000円
  • 自社製品割引券等

優待内容の見本画像

カゴメ(2811)
  • 概算購入金額:358,500円
  • 自社製品

優待内容の見本画像

DIC(4631)
  • 概算購入金額:371,000円
  • 美術館招待券等

優待内容の見本画像

6月優待全銘柄を表示する

トピックス

PICK UP!株主優待 いつもの暮らしに+”HAPPY”を

Google play

App Store

6月の注目銘柄

6月の株主優待実施数は100を超える企業数となり、銘柄選びの楽しみも広がります。
時価総額の大きい銘柄の中で、前期に過去最高の売上実績を上げているのはカゴメ(2811)とホンダ(7267)の2銘柄です。

カゴメは以前より株主を「ファン」と位置づけ、株主との接点づくりに積極的に取り組んでいる企業です。社長と語る会のほか、工場見学、料理教室など株主向けのイベントも豊富です。ホンダも6月の優待内容は工場見学会やレース・イベントへの招待などとなっています。どちらも株主ならではの特典が楽しめそうですね。

新着レポートはこちら

6月株主優待カレンダー

株主優待5月カレンダー

一般信用「売」を活用して株主優待を賢く獲得するテクニック!

優待銘柄名から探す

優待月から

カテゴリから

ご注意事項

  • 各銘柄の概算購入金額は2017年5月25日(木)の終値を基準とした株主優待取得に必要な概算金額です。実際の必要金額につきましてログイン後の画面よりご確認ください。
  • 優待内容は各企業の判断により変更・中止となる場合がございます。お取引に際しましては必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。
  • 各銘柄情報は東洋経済新報社刊行の会社四季報、野村インベスター・リレーションズ株式会社からの提供情報を基に公開しております。内容につきましては、変更される場合もございます。情報の内容につきましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。
  • 権利落日の取引所基準価格は、前日終値から1株当たりの予想配当金額分だけ理論上値下がりします。