取扱商品

  1. ホーム > 企業・IR情報 > プレスリリース > 主要ネット証券初の第三者評価情報を活用したロボアドバイザーアプリ「FUND ME™」登場!

主要ネット証券初の第三者評価情報を活用したロボアドバイザーアプリ「FUND ME™」登場!
~ マイナス金利だからこそ、貯蓄から投資へ。ファンド選びをサポート! ~

[お知らせ]

カブドットコム証券株式会社は、2016年5月末(予定)より、ロボットによる投資信託のシミュレーションサービスアプリ「FUND ME」(以下、本サービスと言う。)をリリースいたします。

本サービスは、スマートフォンアプリ上で、お客さまのリスク許容度に応じた投資信託のポートフォリオを提示し、さらにはアセットアロケーションを提案する、最新の金融技術を活用した投資信託のシミュレーションサービスです。当社ではFintech(金融のIT化)の考えに基づいた取組みを行っており、本サービスも、その考えに基づいたロボアドバイザーサービスの一環として、お客さまの投資判断を無料でサポートいたします。

なお、当社では、2016年1月にFintech領域における先端研究・事業開発を行う社内プロジェクトチームとして、「kabu.com Fintech-Lab」を設立しております。今後も、新しい金融サービスの提供に取り組み、より利便性の高いサービスを拡充してまいります。

  • Androidアプリ先行リリース、iPhoneアプリは2016年6月中旬以降(予定)より提供予定です。

サービス概要

シミュレーションアプリ FUND ME

30秒でカンタン診断!

クローゼットから服を選ぶようにファンドを選んでいただけるよう、カンタンな質問に答えるだけで、リスク許容度に応じた最適なポートフォリオを提示します。診断は、年齢・性別、投資経験等選択し、わずか30秒で完了いたします。

これを機に、投資をより身近なものに感じていただけるよう、その一助となりましたら幸甚です。

リスク許容度を可視化

資産構成比、地域別構成比、過去・将来チャートの4つの視点からシミュレーションを行います。また、当社のお客さまの投資信託保有状況を、リスクメジャーと件数で各性年代別にヒートマップで表示し、診断したお客さま(ME)のリスク許容度がどの程度か、視覚的にご確認いただけます。

リスク許容度を可視化

アセットアロケーションを提案

ご自身のリスクレベルを確認後、投資方法や毎月の積立金額などをご入力いただくことで、お客さまの投資スタイルに合ったアセットアロケーションを提案いたします。

アプリ内で選択したファンドは、スマートフォン用に最適化されたサイトにて、そのファンドの詳細情報をご覧いただくことも可能です。

アセットアロケーションを提案

第三者評価情報を活用

本サービスは、第三者情報サービス提供機関である、モーニングスター株式会社のレーティング情報を活用しています。ファンドのリターンとリスクを総合的にみて、運用成績が他のファンドと比べて良かったのか悪かったのか、相対的に評価を行います。レーティング情報は、過去3年間、5年間、10年間のファンドのリスク調整後パフォーマンスが相対的にどのランクに位置するかを星印で示したものです。1つ星から5つ星まで5段階のランクがあり、星の数が多いほど過去の運用成績が良かったことを示しています。

MORNINGSTAR

第三者評価情報を活用

「kabu.com Fintech-Lab」について

当社は、2016年1月、Fintech(金融のIT化)領域における先端研究・事業開発を行う社内プロジェクトチームとして、「kabu.com Fintech-Lab」を設立いたしました。kabu.com Fintech-Labは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のイノベーション・ラボや米国シリコンバレー駐在チームとの先端情報交換をはじめ、MUFG FinTechアクセラレータ2016への代表執行役社長齋藤のメンター参加など、MUFG各社との連携によるイノベーションの創出、社外有識者も活用した知見の集約・情報発信を中心とした活動を行っております。

また3月18日には、「kabu.com Fintech-Labカンファレンス」と題したキックオフイベントを開催し、当社のオープンイノベーションの中核事業である「kabu.com API」の主要開発業者の最新事例講演や、交流会などを実施いたしました。kabu.com Fintech-Labは、今後もFintechを通した金融サービスの発展に貢献してまいります。

ページの先頭へ戻る