プチ株とは~プチ株のルール~

株式投資を始めたいけど、大きな資金を投入するのは怖いという方におすすめなのが「プチ株®」です。

通常の株式投資は基本的に100株単位で購入するため、銘柄によっては数十万~数百万の資金が必要になることもあります。資金面でのハードルの高さを感じる方も多いでしょう。

それに対して、プチ株®は1株から取引が可能です。
少額から始められるので、投資初心者が株式投資の入口にするにはピッタリのサービスです。

プチ株®とは~プチ株®のルール~

1. プチ株®とは

プチ株とは

株式投資は基本的に100株単位で売買を行います。例えば、株価が1,000円の銘柄を買いたい場合、1,000円あれば買えるわけではありません。最低売買単位は100株なので、1,000円×100株=100,000円の資金が必要になります。

一方のプチ株®は、1株から株式を取引できるサービスです。例えば、2023年8月31日現在のソニーグループ(6758)の株価は12,145円です。本来は最低でも120万円ほどの購入資金が必要ですが、プチ株®では12,000円程度の資金があれば購入できます。(発注時は、ストップ高の価格で計算した概算約定金額に手数料(税込)を加えた資金が必要になります。)

1万円や2万円の少額で株式を購入できるので、株式投資をやってみたい人が手軽に投資を始められます。

2. プチ株®のルール

ここからはauカブコム証券のプチ株®のルールを紹介していきます。一般的な現物株式取引とは異なる点が多いので、しっかりと確認しておきましょう。

取扱銘柄

取扱銘柄

プチ株®では、東京証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所に上場している銘柄を取引できます。

福岡証券取引所と札幌証券取引所の銘柄は売却のみ可能で、買付は不可です。

買付 売却
東京証券取引所(プライム市場、スタンダード市場、グロース市場)
名古屋証券取引所(プレミアム市場、メイン市場、ネクスト市場)
福岡証券取引所(Q-Board含む) ×
札幌証券取引所(アンビシャス含む) ×

しかし、以下に該当する銘柄は取引ができません。

注文受付時間

注文受付時間

プチ株®は、リアルタイムの価格で売買することができません。前場の始値もしくは後場の始値での約定となります。注文自体は24時間可能です。

もし前場で寄り付かずに約定しなかった場合は後場の注文となり、後場で寄り付かずに約定しなかった場合は注文自体が失効となります。

また、指値注文は不可能で成行注文のみという点にも注意が必要です。

注文の受注時間 約定価格
0時1分~10時 当日の後場の始値
10時1分~23時 翌営業日の前場の始値
23時1分~24時 翌営業日の後場の始値
休日(土・日・祝祭日) 翌営業日の前場の始値

取引手数料

取引手数料

プチ株®の取引では、1回の取引金額ごとに手数料が発生します。約定代金の0.55%が手数料となり、最低手数料は52円になります(ともに税込)。なお、売却の約定代金が110円以下となる場合には手数料は無料です。
プチ株®で積立投資ができるプレミアム積立®(プチ株®)では、買付手数料が無料でお取引いただけます

まとめ

プチ株®とは~プチ株®のルール~

  • プチ株®なら1株から手軽に取引ができる
  • 指値での注文は不可能で、成行による注文のみ
  • 注文の時間で約定価格が異なり、リアルタイムの価格で取引はできない
1 プチ株®のルール
2 注文・実践
3 積立