カブドットコム証券

カブコムの代用有価証券
  • 現金0円でも
  • 「株式」「投信(一般型)」を担保にFX取引可能!
  • カブコムの代用有価証券
  • 寝かせている株や投信って信用できない? 寝かせている株や投信って信用できない?
  • 株や投信以外にFXにも興味がでてきた 株や投信以外にFXにも興味がでてきた
  • しばらく株や投信を売却する予定がないな… しばらく株や投信を売却する予定がないな…
  • 分散投資してみようかな? 分散投資してみようかな?

※担保にできる投資信託は一般型(分配金受取コース)です。
累投型は担保にできません。
※担保に充当している株式・投信の評価額が下がった場合やFX取引で評価損が発生した場合には追加入金が必要となります。また、FX証拠金代用は、代用のままではご売却いただけません。一度保護預りにお戻しのうえ(結果として証拠金残高不足が発生する場合は保護預りへ戻せませんので、他の代用銘柄もしくは証拠金現金の差し入れが必要です。)ご売却ください。

カブコムの代用有価証券とは

カブコムの代用有価証券とは、預けた「株式」「投資信託」の両方をFXの証拠金として使えるサービスです。
掛目の70%をFXの証拠金として利用できますので、現金を用意することなく保有株式・投信を有効活用しながら
お気軽にFXの取引を始めていただけます!

たとえば100万円分の株券保有の場合

カブコムの代用有価証券 イラスト カブコムの代用有価証券 イラスト

(※)スワップポイントは、「高金利通貨買い・低金利通貨売り」の場合は受取り、「高金利通貨売り・低金利通貨買い」の場合は支払いになります。

【参考】金利差の受け取りを狙える!スワップポイントとは?→FX7つの基礎知識<3.FXの魅力〜スワップポイント>をチェック

カブコム代用有価証券
3つのメリット

代用有価証券の概要と
手続き方法

代用有価証券の概要

当社が認める一定の有価証券等(代用有価証券)については、当社が定める掛目で証拠金として利用可能です。証拠金換算率(代用掛目)は次の率(評価)となります。

株券 前営業日の最終価格(気配)の 70%
投資信託 前営業日の基準価格の 70%
  • FX証拠金代用は、代用のままではご売却いただけません。一度保護預りにお戻しのうえ(結果として証拠金残高不足が発生する場合は保護預りへ戻せませんので、他の代用銘柄もしくは証拠金現金の差し入れが必要です。)ご売却ください。
  • 株式分割の場合には、新株の保護預りへの振替は効力発生日より可能となります。
  • ETF(株価指数連動型投資信託受益証券)、REIT(不動産投資信託投資証券)は代用適格有価証券とし、上場銘柄と同様の代用掛目を適用いたします。
  • 東証(マザーズ、JASDAQ含む)、名証(セントレックス含む)、福証単独、札証単独上場以外の銘柄、カントリーファンド、子会社連動配当株、証券保管振替機構非同意銘柄、投資信託(累投型)、およびカバードワラントについては、当社の代用有価証券から除外させていただきます。
  • 上記掛目は、取引所等における代用掛目の変更や、個別銘柄の規制に基づく変更あるいは上場廃止等に伴う代用不適格などの措置が行われた場合また当社独自の判断等により事前の通知なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  • NISA口座で保有している株式については、代用有価証券の掛目は0%(代用差入れ不可)となりますのでご注意ください。
  • 代用有価証券を所定料率で算定した時に小数点が発生する場合には、切り捨て処理をおこないます。
    (小数点の丸め処理の関係で、お預かり証券全体の評価額と少額の誤差が生ずる場合がございます)

代用有価証券の手続き方法

振り替えた株券、投資信託などは、いったん「保護」のお預かりになります。
お客様ご自身で、「保護」から「店頭FX証拠金代用」へ振り替える指示をマイページから行っていただくことで、店頭FX証拠金代用への振替が完了します。
手続き方法詳細は、よくあるご質問 FX取引のための代用有価証券手続き方法を教えてください をご参考ください。

代用有価証券に関する
その他よくあるご質問

詳細は FX取引口座 開設までの流れ をご覧ください

ご投資にかかる手数料等およびリスクについて

・外国為替証拠金取引(シストレFX®、店頭FX、くりっく365)は、元本や利益(スワップポイントを含む)を保証するものではありません。外国為替相場や各国通貨の金利の変動等により、元本を割り込むおそれがあります。
・外国為替証拠金取引は、お客さまが行う取引の金額が、その取引についてお客さまが預託しなければならない証拠金の額に比べて大きい額となっているため、損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)おそれがあります。
・外国為替証拠金取引では、証拠金額が一定の割合を下回ると「ロスカットルール」により強制的に反対売買がなされますが、差入れた証拠金を上回る金額の取引が出来るため、短期的に予測に反する方向へ大きく向かった場合、証拠金の大部分あるいは証拠金の額を上回る損失が生ずるおそれがあります。
・外国為替証拠金取引の取引手数料は次のとおりです。なお、取引にあたっては提示する売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
<シストレFX®>無料 <店頭FX>無料 <くりっく365>無料 <くりっく365ラージ>片道1枚あたり940円(税抜)
・外国為替証拠金取引をおこなうにあたって、お客さまが預託しなければならない必要証拠金は次のとおりです。
<シストレFX®
個人口座:取引金額の4%以上(レバレッジの上限は約25倍)
法人口座:金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引金額に乗じて得た額以上(為替想定リスク比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的モデルを用い算出したものです)。この証拠金額は、取引対象である為替の価格変動に応じて変動しますので、レバレッジは一定ではなく明記することができません。
・当社お取扱商品の手数料等およびリスクの詳細については、契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、約款・規定集および当社ホームページの「ご投資にかかる手数料等およびリスクについて」 (https://kabu.com/company/info/escapeclause.html)等をよくお読みの上、投資の最終決定はご自身のご判断とご責任でおこなってください。
・各商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等が必要です。詳しくは当社の手数料ご案内ページ(https://kabu.com/cost/)等をご参照ください。

お問い合わせ・ご相談・苦情等 お客様サポートセンター

フリーコール 0120-390-390

※携帯・PHS・050 で始まる IP 電話からは 03-6688-8888(※通話料は有料になります)

苦情について当社以外の窓口

特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター フリーダイヤル 0120-64-5005

【電子決済等代行業者登録:関東財務局長(電代)第18号】
【金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第 61 号】
【銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第 8 号】
【加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会】

詳細は FX取引口座 開設までの流れ をご覧ください