本人限定受取郵便(特定事項伝達型)について

本人限定受取郵便とは?
郵便物を確実に受取人ご本人さまにお渡しする郵便サービスです。
本人限定受取郵便につきましては、日本郵便の「本人限定受取」ページでもご確認いただけます。

本人限定受取郵便(特定事項伝達型)について

  • 1.郵便物が日本郵便株式会社の配達支店に到着したことを受取人に封書等でご通知します(配達支店によっては事前に電話連絡をおこないます)。ご自宅へ配送の際、または窓口受取の際に、本人確認をさせていただき本人に限り、郵便物を交付いたします。
  • 2.交付の際、受取人から一定の本人確認書類(下記、「ご利用可能な本人確認書類」参照)の提示を受けて本人であることを確認します。確認の際、配達員等が提示いただく書類のコピーや記号番号等を控えさせていただきます。提示いただく書類は、運転免許証、パスポートなどの顔写真が貼り付けられた公的証明書1点で、お申込と同一の住所・氏名および生年月日の記載があるものに限ります。
  • 3.郵便窓口(ゆうゆう窓口)にてもお受け取り可能です。本人確認書類のほか、到達通知書をご提示いただき、受取人本人に限り郵便物を交付します。郵便物の保管期間は到着通知書に記載されています。また、郵便窓口(ゆうゆう窓口)でお受け取りの場合はできる限り到着のお知らせを行った配達支店でお受け取りください。

ご利用可能な本人確認書類

2020年4月1日に予定されている「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則」の改正に伴い、同日から特定事項伝達型の本人確認書類は顔写真が貼り付けられているものに限定されます。これにより、健康保険証など顔写真がはり付けられていないものは、特定事項伝達型を受け取る際の本人確認書類としてご利用できなくなりますのでご注意ください。

本人確認書類につきましては、日本郵便の「本人確認書類」ページでもご確認ください。

ページの先頭へ戻る