優待内容詳細

売買画面へ

東京急行電鉄 (9005)

優待内容
内容 株主優待乗車証
(1)電車・東急バス全線きっぷ
(2)電車全線パス
(3)電車・東急バス全線パス

(1)2枚----------(200株以上)
(1)5枚----------(500株以上)
(1)10枚----------(1500株以上)
(1)20枚----------(2500株以上)
(1)40枚----------(5000株以上)
(1)80枚----------(9500株以上)
(1)10枚、(2)1枚----------(12000株以上)
(1)30枚、(2)1枚----------(14000株以上)
(1)30枚、(3)1枚----------(28500株以上)
※(2)(3)事前の申請により東急ホテルズ無料宿泊券に変更可
※そのほか家族合算優待制度あり。詳しくはホームページを参照

※3年以上継続保有(3月末日および9月末日の株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載)の株主には下記のとおり(1)を追加進呈
5枚---(1500株以上)
10枚---(5000株以上)

「株主ご優待券」
(1)東急百貨店「お買い物10%割引券」
(2)東急ストア「お買い物50円割引券」
(3)東急ホテルズ「宿泊基本料金30%割引券」
(4)東急ホテルズ「ご飲食代10%割引券」
(5)東急病院「人間ドック基本料金10%割引券」
(6)Bunkamuraザ・ミュージアム/五島美術館「共通ご招待券」

(1)5枚、(2)20枚、(3)4枚、(4)2枚----------(200株以上)
(1)10枚、(2)40枚、(3)8枚、(4)4枚、(5)1枚、(6)4枚----------(500株以上)

▲株主優待乗車証(1)電車・東急バス全線きっぷ(2)電車全線パス(3)電車・東急バス全線パス▲(1)2枚----------(200株以上)(1)5枚----------(500株以上)(1)10枚----------(1500株以上)(1)20枚----------(2500株以上)(1)40枚----------(5000株以上)(1)80枚----------(9500株以上)(1)10枚、(2)1枚----------(12000株以上)(1)30枚、(2)1枚----------(14000株以上)(1)30枚、(3)1枚----------(28500株以上)※(2)(3)事前の申請により東急ホテルズツインルーム宿泊券に変更可※3年以上継続して保有の場合、1500株以上5000株未満の株主には(1)を5枚、5000株以上の株主には(1)を10枚追加 ※そのほか家族合算優待制度があるので、詳しくはホームページを参照▲株主優待券▲☆(500株以上全株主)☆・東急百貨店「お買い物10%割引券」10枚・東急ストア「お買い物50円割引券」40枚・東急ホテルズ「宿泊基本料金30%割引券」8枚 「ご飲食代10%割引券」4枚・東急病院「人間ドック基本料金10%割引券」1枚・Bunkamuraザ・ミュージアム/五島美術館「共通ご招待券」4枚
権利確定日 単元株式数100株
カテゴリ
  • 日用品・家電・住宅関連暮らし
  • 教養・娯楽教養・娯楽
  • 乗車券・航空券他乗り物
事業内容東急グループの中核企業として、お客さまの日々の暮らしに密着した様々な領域で事業を展開。新中期経営計画においては、鉄道における安全・安定輸送に向けた取り組みや、渋谷などの大型開発物件の開業をはじめ、既存事業の強化と新規領域への進出に取り組む。
企業URL https://www.tokyu.co.jp/
市場東1 業種陸運業

ご注意事項

  • 本ページの株主優待情報の作成にあたっては、各種の信頼できると思われる情報源から作成しておりますが、ご案内の株主優待の内容に関し、変更等が加えられる場合があります。最新の株主優待情報は各上場会社のホームページ等にてご確認ください。
  • 権利落日の取引所基準価格は、前日終値から1株当たりの予想配当金額分だけ理論上値下がります。ただし実際の株価は他の変動要因に左右されます。必ずしも理論通り株価が下がるとは限りません。
  • 権利落日以降に買付しても、株主優待を受ける権利は得られません。
  • 株主優待の権利を取得するにあたり、権利確定日における株式の保有だけでなく、保有期間、保有株数等の条件が付随する場合があります。
  • 権利付最終日に一般信用取引の売建玉を保有されている場合、配当落調整金の支払いが発生する場合がございます。
  • 貸株サービスをご利用の場合、権利付最終日の前営業日23:00までに「取得する」と設定しておくと株主優待を取得できます。自動優待取得設定は利用せず、お客さまご自身で返却申込の指示をする場合は、権利付最終日の15:30までに手続きすれば株主優待を取得できます。ただし、貸株にせず自動優待取得設定のみ設定をしている株式を権利付最終日に貸出した場合には、権利付最終日の前営業日23:00までに自動優待取得設定を「取得する」と設定してあったとしてもその月の株主優待の権利を取得することが出来ません。