SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文

SORはSmart-Order Routingの略称で株式の発注システムの機能です。

主な機能としては東京証券取引所やPTS(私設取引システム)など複数の市場から最良気配やその株数を検索して、市場を自動的に選びまた自動で注文を分割して売買を執行するシステムのことです。

SORを搭載した株式執行システムを導入することをプレスリリースにより開示しました。

当該契約の背景、SOR技術の提供等について
モルガン・スタンレー・ホールディングス株式会社代表取締役社長ジョナサン B. キンドレッド氏のインタビューをご覧ください。

SORを搭載した株式執行システムの提供開始をプレスリリースにより開示しました。

当社が提供するSOR(スマート・オーダー・ルーティング)の機能

当社のSORは(1)から(3)の取引機能を提供します。

  • (1)モルガン・スタンレーMUFG証券(モルガン・スタンレー社)が運営するダークプール(MSプール)を経由した立会外取引システム(ToSTNeT)における有価証券の売買
  • (2)チャイエックス・ジャパン及びSBIジャパンネクスト証券が運営する私設取引システムにおける有価証券の売買
  • (3)東京証券取引所における有価証券の売買

SOR機能①(基本動作)

東京証券取引所の立会時間内に、お客さまがSORを選択した注文については、PTS市場及び東京証券取引所の各気配情報を参照し、顧客発注価格内における最良気配価格を基準とした指値注文としてMSプールにIOC発注をおこないます。MSプールにおいて付け合せた注文を東京証券取引所の取引所立会外市場(ToSTNeT市場)に発注し、クロス取引を執行します。

MSプールで注文の一部または全数量が付け合せられなかった場合、そのSOR 注文の残数量につきましては、PTS市場または東京証券取引所の気配情報を参照し、顧客発注価格内の板(気配)に対して、「価格」「市場」「流動性」等の優先順位で各市場に対して残注文を配分し、同時発注を行います。

SOR注文を利用すれば、自身で気配を検索する事無く、自動で最良気配を検知し注文する事が出来ます。

例えば、上記の図のように、お客さまが101円で20,000株の買注文を出した場合、SOR判定により、以下の順番で、呼び値と株数を合わせて発注が行われます。

ステップ1

SORは初めに東証、PTS①、PTS②の中で最も安い気配を検索します。

検索結果:100.2円(PTS①の気配)

ステップ2

上記結果の100.2円の指値をMSプールに発注します。

MSプールにはモルガン・スタンレー社のお客さま(MS顧客)の注文が存在します。

MSプールに100.2円より安いMS顧客の売注文100.0円10,000株がありました。

ステップ3 お客さまの注文とMS顧客の注文が対当したため、互いに東証立会外取引(ToSTNeT)へ100円10,000株の業者間クロスを実施します。
ステップ4 MSプールで一部(又は全部)成立しなかった注文はSORへ戻ります。
ステップ5 残数注文の10,000株を以下で配分し、同時にIOC注文をおこないます。
  • (1)PTS①に100.2円4,000株の買注文
  • (2)PTS②に100.6円1,000株の買注文
  • (3)東証に101円 5,000株の買注文

SOR機能②(最先端機能)

当社が提供する最先端のSOR機能には、刻々と変化する各市場間の気配値を常に検知する機能があり、東証より有利な気配が他市場で発生した瞬間、即時にSOR判定を行い発注します。

例えば、上記の図のように、東証にて、買注文101円の10,000株待機となっている状態でも、SORが常に各市場の最良気配を検知する為、ある瞬間にPTS①にて東証より有利な売気配(2,000株 100.3円)が発生した場合でも、その気配を検知しSOR判定を行います。
SOR判定が行われると、東証で待機している10,000株のうち、2,000株をキャンセルしPTS①に100.3円2,000株で発注します。

【ご注意事項】
必ずしも有利な価格で約定を保証するものではございません。有利な価格があったとしても、価格のみならず、例えば、コスト、スピード、執行の確実性、取引時間帯等さまざまな要素を総合的に勘案して執行致します。

SOR機能 他社比較

主要ネット証券(口座数上位5社)のSOR提供状況(2018年6月27日時点、当社調べ)

  SOR
提供
SOR常時最良気配判定 Chi-X
(Chi-Alpha)
取次
JNX
(J-Market)
取次
ダーク
プール
取次
改善金額の還元※3
カブドットコム証券 100%
SBI証券 ×※1 × 100%
楽天証券 ×※1 × 100%
松井証券 × × × ※2 70%※4
マネックス証券 × × ※5 ※5 × ×
  • ※1発注時のみ最良気配判定を実施
  • ※2PTSへの注文はSOR機能なし
  • ※3SOR利用による、約定価格改善金額のお客さまへの還元割合(株式の売買手数料は加味しておりません)
  • ※4東証よりも有利な価格で約定した場合、改善金額相当額の30%を成功報酬として別途徴収
  • ※5マネックス証券は2019年春よりPTS取引を提供開始予定

SOR注文の基本ルール

取引時間 東証の立会時間と同じ
毎営業日9:00-11:30 と12:30-15:00 ※1
取引チャネル SSL(PC)
kabuステーション®
スマートフォン(Web)
スマートフォンアプリ(kabu.com for iPhone/Android/au)
kabu.com API
取引種別 現物取引
取引銘柄 東京証券取引所上場銘柄のうち、当社が指定する銘柄
手数料体系 現物株式と同じ手数料体系を適用
執行条件 価格:「成行※2」「指値」
注文期限 執行条件:「当日のみ」「期限指定」
取引上限※3 買付の場合:買付可能額の範囲内
売却の場合:お預かり残高の範囲内
注文訂正 訂正不可
訂正の場合は取消後に再発注
  • ※1PTS単独指定での注文は出来ません。SOR注文を利用した際、PTSへ取り次ぐことがあります。
    尚、東京証券取引所が何らかの要因で注文を受付ない場合はSOR注文は受付しません。
  • ※2買付余力から拘束される予定約定金額概算は、保護預かりとして買付する場合、基準値をもとに算出します。
    また、保証金代用として買付する場合は優先市場における制限値幅上限の110%の金額で算出します。
  • ※3買付・売却ともにソフトリミット(一定金額以上の注文を取引所へ発注する場合に、証券会社が確認を義務付けられる基準を指します)は、1注文あたり10億円です。ソフトリミットの引き上げをご希望される場合、当社までお申し出ください。

SOR注文におけるリスク

  • 流動性の低下等により、発注のタイミングによっては結果的に最良の価格とならない場合があります。
  • 東京証券取引所で待機している一部または全数量をキャンセルし、最も有利なPTS市場へ再発注した注文の一部または全数量が約定しなかった場合、残数量は東京証券取引所に再発注されます。
    東京証券取引所における注文の優先順位が下がることで約定までに時間がかかる、もしくは約定の機会を失う可能性があります。
  • 約定が取消される場合があります。PTS取引時間中に個別銘柄の売買停止措置が実施された場合であって、日本証券業協会により取引停止直前の約定が認められない場合、約定が取り消しとなる場合があります。
    また、システム障害等により株価等が異常値を表示した場合には、約定が取り消しとなることがあります。
  • SORは約定価格が最善となりかつ約定率が最大となることを目指しておりますが、必ずこれらを達成できることを保証するものではありません。

MSプールとは

MSプールとはいわゆるダークプールです。

ダークプールとは証券会社が顧客又は証券会社の自己取引の売買注文をシステムで付け合せ、対当する注文があれば東京証券取引所の取引所立会外市場(ToSTNeT市場)に発注を行い約定させるシステムです。その付け合わせを行うシステムの内部における気配情報が外部に対して非公表な事から「ダークプール」と一般的に呼びます。

当社が接続するMSプールの概要

  • (1)MSプールは、その内部で投資家の売買注文の付け合せを行い、対当する注文を東京証券取引所の取引所立会外市場(ToSTNeT)に発注を行い約定させるシステムです。
  • (2)MSプールは気配表示がなく、東京証券取引所の最良気配価格もしくは仲値をターゲットにした取引となります。

PTS取引とは

PTSはProprietary Trading Systemの略称で、投資家が証券取引所を経由せずに株式などを売買できる「私設取引システム」のことです。

現在、日本でのPTSは2市場のみで、チャイエックス・ジャパン株式会社が運営する「チャイエックスPTS(Chi-X)」とSBIジャパンネクスト証券株式会社が運営する「ジャパンネクストPTS(JNX)」があります。

当社ではSOR注文を利用した場合のみ、2つのPTS市場に取次ぎを行います。

PTS市場への取次ぎで、より有利な気配でお取引できる可能性があります。

PTSでは東証と比べ細かい呼び値になっていますので、東証でお取引するよりも有利な気配でお取引できる可能性があります。

上記の図のように東証で100円買い気配、101円売り気配があった場合に、 PTSではさらに細かい呼び値100.1、100.2 ~100.8、100.9円の価格帯でお取引が出来ます。

SOR注文をもっと詳しく知ろう

ページの先頭へ戻る