取扱商品

  1. ホーム > ツール > ウルトラチャート > ウルトラチャートのサポート・Q&A

ウルトラチャート

ウルトラチャートが動作しない場合

ウルトラチャートが動作しない場合、下記の手順1~6に沿って、手順を進めてください。

お客様のPC環境により、手順1を行って頂くとウルトラチャートが動作される場合があります。
手順1~6を全て行って頂く必要はございません。

手順 確認項目
1 最新のJavaがインストールされていますか?
JavaのページでインストールされているJavaのバージョンをご確認ください。
  • Javaのバージョンチェックが開かない方

    Java1.6.0_20等がインストールされている方は、ページが開かない場合があります。この場合は、チェックをスキップして、最新のJavaをインストールしてください。

ウルトラチャートを起動するには最新のJavaのインストールが必要です。
Javaのページで最新のJavaをインストールしてください。
  • Javaのバージョンアップを実施した際は、ブラウザの再起動が必要です。
2 署名の受け入れの警告画面が表示されますか?
デジタル署名を更新する必要があります。最新のデジタル署名に更新してください。
3 キャッシュの削除をしてください。
4 Cookieの設定の確認をしてください。
5 レイアウト保存データの初期化をしてください。
6 Cookieを削除することで、動くことがあります。

手順2 デジタル署名を更新

ウルトラチャートは1年に1回、デジタル署名を更新します。
その際、警告画面が表示される場合がありますので、以下を参考に署名の受け入れをしてください。

手順2 デジタル署名を更新

「取消し」をクリックした場合、以下の画面のように、チャートが表示できなくなります。
この場合は、ブラウザのウィンドウをすべて閉じてプログラムを終了させ、再度、ブラウザを起動しなおしてください。

手順2 デジタル署名を更新

アプレットがキャッシュされている場合、サーバ側のバージョンとの相違で動作しなくなる場合があります。

アプレットは使いやすさの向上や不具合の修正などのため、不定期にバージョンアップをする場合があります。
ブラウザによっては、アプレットの起動を早くするために、一旦起動したプログラムをパソコン内に保存している場合があります。
また、アプレットはサーバ上のプログラム(サーブレット)と、チャートを描画するためのデータを受信するために、通信を行っています。
アプレットがバージョンアップされた場合、同時にサーブレットもバージョンアップされている場合があり、この2つのバージョンが異なってしまうことにより、正しく動作しなくなる場合があります。

以前は動いていたのに…、こんな場合はこの可能性があります。
このような場合、キャッシュされたアプレットを削除することによって、解決する場合があります。

キャッシュの削除方法は、こちらを参照ください。

手順3 キャッシュの削除

Windows VISTA/7をお使いのお客様
  1. ウィンドウズの「スタート」ボタンから、「コントロールパネル」を選択します。

    手順3 キャッシュの削除

  2. コントロールパネルが開いたら、「プログラム」を選択します。

    手順3 キャッシュの削除

    • Windows 7で「大きいアイコン」「小さいアイコン」表示モードを利用されている場合、この作業は不要です。
  3. コーヒーカップの絵のアイコン、「Java」または「Java (32ビット)」をクリックして、「Javaコントロールパネル」を開きます。

    手順3 キャッシュの削除

  4. 「Javaコントロールパネル」の「設定(S)...」をクリックします。

    手順3 キャッシュの削除

  5. 「一時ファイルの設定」画面が開いたら、「ファイルの削除(D)...」をクリックします。

    手順3 キャッシュの削除

  6. 下記の通りチェックが入っていることを確認して、「了解」をクリックします。
    • (1)JAVA6の場合

      手順3 キャッシュの削除

    • (2)JAVA7の場合

      手順3 キャッシュの削除

  7. ブラウザを再起動してください。

手順4 Cookieの設定の確認

Cookieを受け入れない設定の場合、動作しないことがあります。
ウルトラチャートは、Cookieを使用しています。
Cookieとはお使いのパソコンに、一時的にデータを保存させる仕組みです。
ウルトラチャートでは、チャートの表示状態の保持などに利用しており、個人情報に関わる情報などには利用しておりません。

Cookieの設定状態の確認方法

Windows VISTA/7をお使いのお客様
  1. ウィンドウズの「スタート」ボタンから、「コントロールパネル」を選択します。

    手順4 Cookieの設定の確認

  2. コントロールパネルが開いたら、「ネットワークとインターネット」を選択します。

    手順4 Cookieの設定の確認

    • Windows 7で「大きいアイコン」「小さいアイコン」表示モードを利用されている場合、この作業は不要です。
  3. 「インターネットオプション」をクリックしてください。

    手順4 Cookieの設定の確認

  4. インターネットオプション画面で、「プライバシー」タブを選択し、「詳細設定(V)」をクリックします。

    手順4 Cookieの設定の確認

  5. プライバシー設定の詳細画面で、「自動Cookie処理を上書きする(O)」をチェックし、ファーストパーティのCookieを「受け入れる(A)」に、サードパーティーのCookieを「受け入れる(C)」に変更し、「OK」を押します。

    手順4 Cookieの設定の確認

手順5 レイアウト保存データの初期化

ウルトラチャートのレイアウトは、お客さまのPCに保存されております。
保存されているファイルが正常に読み込めない場合は、起動できない可能性がありますので、下記手順にて、レイアウト保存データの初期化を行ってください。

Windows VISTA/7をお使いのお客様
「スタート」→「プログラムとファイルの検索」→%APPDATA%と入力してEnter→kabucom_UChat→お客様の口座フォルダを右クリックして削除

手順5 レイアウト保存データの初期化

手順6 Cookieを削除

Cookieを削除することで、動くことがあります。
ひとつ上の項目「Cookieの設定状態の確認」でも触れましたが、ウルトラチャートはCookieを使用しています。
しかし、保持したチャートの表示状態が何らかの状態により、破損している場合があります。
破損してしまった場合、チャートが状態を正しく復元できないために、動作しなくなることがあります。
この場合、Cookieを一旦削除することで初期状態に戻すことができ、動作可能となる場合があります。

  • 全てのCookieを削除すると、お使いのWebサイトによっては、自動的に個人を特定している機能が失われる場合があります。(自動的にカスタマイズした独自のメニューを表示するサイトなど)
Windows VISTA/7をお使いのお客様
  1. ウィンドウズの「スタート」ボタンから、「コントロールパネル」を選択します。

    手順6 Cookieを削除

  2. コントロールパネルが開いたら、「ネットワークとインターネット」を選択します。

    手順6 Cookieを削除

    • Windows 7で「大きいアイコン」「小さいアイコン」表示モードを利用されている場合、この作業は不要です。
  3. 「インターネットオプション」をクリックしてください。

    手順6 Cookieを削除

  4. インターネットオプション画面で、「全般」タブを選択し、閲覧の履歴の「削除(D)...」をクリックします。

    手順6 Cookieを削除

  5. 閲覧の履歴の削除画面でCookieを削除します。

    手順6 Cookieを削除

Q&A

よくあるお問い合わせやQ&Aはこちらからご覧ください。

ツールを使うには

カブドットコム証券の口座をお持ちでない方

まずは口座開設が必要です。

口座開設はこちら(無料)

カブドットコム証券の口座をお持ちの方

ログインする

アクセス方法:ログイン後、「投資情報」→「情報ツール」→「ウルトラチャート」へ

ページの先頭へ戻る