取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > 入金・出金 > ゆうゆう決済(入金) > リアルタイム口座振替

ゆうゆう決済®(入金) 口座振替(リアルタイム口座振替)

リアルタイム口座振替とはリアルタイムにお客さまの口座に資金を入金するサービスのことです。
取引に関わる不足金を自動で計算して、リアルタイムにお客さまの口座に入金する、口座振替サービスで、不意の必要入金額の発生や、お取引に必要な入金額の計算、入金指示の手間が軽減されます。
また、自動引落リトライサービスでは、当日の自動引落で残高不足エラーとなった金額と同じ金額を「リアルタイム口座振替」の引落口座から引落入金することができます。
もちろん、お客さま自身でお好きなときに当社の入金依頼ページから「リアルタイム口座振替」による入金依頼手続きを行い、入金することも可能です。
お客さまのリスク管理、資産形成にお役立てください。

早く入金もしたい。でも面倒な手続きも、手数料もかかるのもイヤ。そんなよくばりな方に最適 [振込手数料:無料][即時反映] 1.カブドットコム証券のマイページより入金依頼 2.お客さまの金融機関の残高より引落 3.お客さまのマイページの「買付可能額画面」へ反映

特長

01不足金自動振替サービス

お取引の結果等によりお客さまの現金勘定に不足金が発生した場合、不足金相当額を「リアルタイム口座振替」によって入金し、立替の発生を防止いたします。また余裕を持って入金しておきたいというお客さまには不足金相当額にプラスした金額を入金するよう指定することもできます。

不足金自動振替サービス

02不足保証金自動振替サービス

信用取引における保証金維持率が、お客さまがあらかじめ指定した維持率を下回った場合、別途指定した維持率に回復するのに必要な金額を算出し、「リアルタイム口座振替」によって入金を行います。
これによって、不意の追加保証金(追証)を未然に防止します。お客さまの手を煩わすことなく維持率を一定に保ちます。
お客さまは、日々の維持率を気にすることなくお取引をご利用いただけます。
さらに、不足保証金自動振替サービス状況画面にて次営業日の預託状況を一足速く、ご覧になることができます。明日の投資計画にお役立てください。

不足保証金自動振替サービス

03不足証拠金自動振替サービス

先物・オプション取引において証拠金不足が発生した場合、証拠金不足相当額を「リアルタイム口座振替」によって入金を行い、証拠金不足を未然に防止します。
また、余裕をもって入金しておきたいというお客さまには、証拠金不足相当額にプラスした金額を入金するよう指定することもできます。

不足証拠金自動振替サービス

04自動引落リトライサービス

当日の自動引落で残高不足エラーとなった金額と同じ金額を「リアルタイム口座振替」の引落口座から引落入金するサービス。株式、先物・オプション取引などの決済代金だけではなく、QUICKリサーチネットの毎月のご利用代金の自動引落、プレミアム積立®(投信)やプレミアム積立®(プチ株®)、積立(外貨建MMF)の毎月の積み立ての自動引落の残高不足エラーにも対応。

  • 自動引落リトライサービスの対象となる自動引落は三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、スルガ銀行、大垣共立銀行、ジャパンネット銀行です。ゆうちょ銀行の自動引落は自動引落リトライサービスの対象にはなりません。
    自動引落リトライサービスは「リアルタイム口座振替」の引落口座から引落が行われます(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行のみ利用可)。
    残高不足エラーになった自動引落口座とは別に設定が必要となりますので、ご注意ください。

自動引落リトライサービス

05「リアルタイム口座振替」による入金依頼

当社の入金依頼ページから「リアルタイム口座振替」によって、5万円以上1億円未満(1万円単位)の入金指示を行うことができますので、お気軽にご利用ください。

ご利用可能な金融機関

金融機関
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行

取引時間

取引時間

全日 0:00~8:00 当日8:00頃入金
8:00~23:00 リアルタイムで入金
23:00~24:00 翌日8:00頃入金

利用方法

申込方法 マイページ → 設定・申込 → 電子契約 → リアルタイム口座振替申込
※ご利用には三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行の口座が必要となります。
利用方法 マイページ → 入出金・入出庫 → 入金依頼
利用料 無料
利用条件
入金手数料 無料
金額制限 上限9,999万円
チャネル パソコン、スマートフォン(iPhone、Android)、携帯電話(iモード、Yahoo!ケータイ、EZweb)、Light(簡易版)

「不足金自動振替サービス」と「自動引落リトライサービス」のサービス比較

不足金自動振替サービス 自動引落リトライサービス
サービス利用
前提条件
なし。リアルタイム口座振替の設定があればお取引による不足金発生時に利用可。 自動引落口座設定があり、自動引落が残高不足エラーとなった場合のみ利用可。
引落対象 お取引による不足金分のみ。 お取引の不足金+自動引落による入金依頼+有料情報サービス利用料金+プレミアム積立®(投信)・プレミアム積立®(プチ株®)・積立(外貨建MMF)決済の合計金額。
決済代金の算出 不足金自動振替サービスを行う時点(大引後)で算出。 自動引落エラーとなった全金額。再引落を行う時点(大引後)での決済代金の再計算は行わない。
引落金額の設定 決済代金不足金+○万円の設定が可能。 設定不可。自動引落残高不足エラー分と同金額の引落のみ。
その他 なし 自動引落によるプレミアム積立®(投信)・プレミアム積立®(プチ株®)・積立(外貨建MMF)設定の場合、再引落をして発注することが可能。

ご利用の際の注意事項

  • 上記のサービスにおける入金額計算時には毎営業日の15時の設定が有効となります。
  • 保証金自動振替については翌営業日の決済が完了したものとして計算を行います。現物取引において必要入金額が発生する場合は当日の15時までに別途入金が必要です。
  • 預託状況の算出には確定配当調整金や現物の受渡が影響することがございます。
  • 立替が発生している場合は、不足保証金自動振替サービスにて自動引落があっても立替金の解消として充当される場合があります。
  • QUICKリサーチネットのご利用料金は不足金自動振替サービスで対応することができません。自動引落リトライサービスをご利用ください。
  • 「リアルタイム口座振替」による入金を行うお客さまの銀行口座に、引落に必要な残高が不足している場合は入金が行えません。その場合、別途振込等により必要金額をお客さまご自身でご入金ください。

ページの先頭へ戻る