取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > NISA(少額投資非課税制度) > ジュニアNISA > 生前贈与とジュニアNISAの活用例

NISA

証券投資 はじめてさん こちらです。

生前贈与とジュニアNISAの活用例

カブドットコム証券のジュニアNISAで賢く相続対策

相続税とは?

亡くなった人から相続人が相続により取得した財産に対して課税される税金です。相続財産の合計額が基礎控除額までであれば相続税はかかりません。 2015年の税制改正で、この基礎控除額が大幅に引き下げられ、相続税が課税される人が増えました。

相続税の基礎控除額の引き下げ(2015年~)

相続税の基礎控除額の引き下げ(2015年~)

例えば、法定相続人が子3人の場合、2014年までは相続財産の合計額が8,000万円以下であれば相続税がかかりませんでしたが、2015年からは相続財産の合計額が4,800万円を超えると相続税がかかるようになりました。

そこで、相続が発生する前に財産を子や孫、その配偶者に財産を「生前贈与」することで相続財産を減らしておく相続対策が注目されています!

生前贈与とジュニアNISAの活用例

贈与税の基礎控除額は、受贈者ひとりあたり年間110万円です。例えば、子3人と孫3人に年間110万円ずつ贈与すると、年間660万円、これを5年間続けると3,300万円の相続財産を減らすことができます。

  • 贈与の内容・方法等により、暦年贈与と見なされない場合もあります。詳細は税務専門家等にご相談ください。

【例】相続財産8,000万円、法定相続人が子3人

生前贈与を行わなかった場合

生前贈与を行わなかった場合図

生前贈与をしていた場合

生前贈与をしていた場合図1

生前贈与をしていた場合図2

  • 相続開始前3年以内の贈与財産は、相続税の対象となります。上記例では、税額控除及び相続時精算課税等は考慮しておりません。
さらに!生前贈与をうける未成年の孫は、年間80万円をジュニアNISAで株式や投資信託で運用すれば、その譲渡益は非課税になります。

ジュニアNISA 年間非課税投資枠80万円

口座開設・管理料は無料!

カブドットコム証券の口座をお持ちでない方

口座開設はこちら

カブドットコム証券の口座をお持ちの方

NISAの資料請求はこちら

  • 開設完了までに税務署への申請から3週間程度かかる見込みです。お早目の手続きをおすすめします。

ページの先頭へ戻る