取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > 外貨系商品

外貨系商品

カブドットコム証券は三菱UFJフィナンシャル・グループの安心力とグループ力を活かし、お客さまのライフプランやリスク許容度に合わせて選択いただける外貨系商品(外国債券、外貨建MMF、FX)をご用意しております。

三菱UFJフィナンシャル・グループ

なぜ外貨投資が注目されているのか?

長引く低金利の影響で預貯金だけではなかなか資産を増やすことが難しい中で、個人投資家の間では、海外の金利の高さや為替差益を目的とし、外貨建て金融商品への関心が高まっております。

各国10年国債利回り

MUFG/東証一部上場企業の安心感 ~主要ネット証券最上位の財務格付~

格付/格付機関 JCR R&I
A+ カブドットコム証券(安定的) -
A 楽天証券(安定的) -
A- - 楽天証券(安定的)
BBB+ - 松井証券(安定的)
SBI証券(安定的)
BBB マネックス証券(安定的)
セントラル短資FX(安定的)
-
  • 2015年12月29日現在の公表資料から当社抜粋

投資スタイルに合わせて選ぶ外貨系商品の特長・メリット

投資スタイルに合わせて選ぶ外貨系商品の特長・メリット

気になる外貨系商品を詳しく見てみよう

外国債券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券との協業により、幅広い通貨、期間に対応したラインアップをご用意。定期的に利子を受取ることができ、満期になると投資元本が全額返ってくるのが人気の理由です。

債券を詳しく見る

外貨建MMF

国内金利よりも好利回りを享受でき、しかもいつでも解約自由。複利効果を狙った積立投資も可能です。リスクを抑えて投資したい方など、はじめての外貨投資におすすめです。

外貨建MMFを詳しく見る

FX(外国為替証拠金取引)

少額の資金から外貨投資を始められ、資金効率が良い商品です。為替益だけでなく、金利差による利益を得ることも可能です。お客さまの投資スタイルに合わせてシストレFX®、店頭FX、くりっく365からお選びいただけます。

FXを詳しく見る

当社取扱外貨系商品と銀行外貨預金との比較マトリクス

  外国債券 外貨建MMF FX
(証拠金取引)
銀行外貨預金
当社取扱 ×
安全性
  • 原則として、保護預かり専門機関へ分別預託
  • 発行体リスクあり
信託勘定により安全性の高い資産に投資(元本割れは稀) 証拠金は信託銀行への分別保管または取引所への預託 預け先銀行リスク
上記に加え、MUFGグループのカブドットコムなら業界屈指の高格付で一層安心 円預金と違い、預金保険の対象外
通貨、銘柄 ◎主要通貨に加え新興国通貨も可能。同一通貨でも、期間/発行体/スキームで多数の銘柄あり、業界屈指の品揃え ×主要通貨
カブドットコムなら、米ドル、加ドル、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、トルコリラの6通貨
○主要通貨に加え、高流動性通貨、一部新興国通貨もあり。
シストレFX®
店頭FX
くりっく365
×主要通貨のみ
最低投資金額 ×一般的に数十万円~100万円程度(銘柄により異なる) △カブドットコムでは1万円以上1円単位。 ×原則、1万通貨単位(数十万~百数十万)。レバレッジによる少額資金での投資も可能。 ◎一般的には普通預金は1通貨単位、定期預金は千通貨単位程度
取引コスト ◎購入手数料無料、主要ネット証券最低水準の外国為替スプレッドで提供 ◎カブドットコムなら業界屈指の低スプレッド。
シストレFX®・店頭FX・くりっく365は手数料無料(0円)※くりっく365ラージの通貨ペアは片道1枚あたり940円(税込み1,015円)
×数十銭~数円
大手銀行では1円以上が一般的
利回り ◎償還まで保有した場合の利回りは一般的に短期市中金利より高い △概ね短期市中金利 △スワップポイント利回りは概ね短期市中金利 ×一般的に短期市中金利以下
利回り変動 短期市中金利が低下(上昇)しても利回りは保有期間一定。 利回りは毎営業日変動。短期市中金利が低下(上昇)すると分配金利回りも低下(上昇)。 利回りは毎営業日変動。短期市中金利が低下(上昇)するとスワップポイント利回りも低下(上昇)。 短期市中金利に応じて変動
保有(預入れ)期間、換金性 △保有期間は銘柄満期による。毎営業日売却可能だが価格変動リスク(中途売却損益)あり。 ◎保有期間無制限。毎営業日換金可能。 ◎ポジション保有期間無制限。基本的に24時間いつでも換金可能 ◎普通預金は預入れ期間無制限。毎営業日換金可能。
×定期預金は満期まで原則解約不可。
為替換算 ×カブドットコムでは毎営業日1日1回定めるレート ×カブドットコム証券では毎営業日1日1回定めるレート ◎土日を除くほぼ24時間実勢レートで取引可能(日本祝日も可) ×毎営業日1日1回定めるレート
税制面
  • 売却益、償還益、利金は20.315%申告分離課税
  • 特定口座の対象
  • 上場株式等と損益通算可能
  • 為替差益、分配金は20.315%申告分離課税
  • 特定口座の対象
  • 上場株式等と損益通算可能
  • スワップポイントを含めた為替差益は20.315%の申告分離課税(雑所得)
  • 先物・オプション取引と損益通算可能
  • 利息は20.315%源泉分離課税
  • 為替差益は総合課税(雑所得)

ページの先頭へ戻る