取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > 投資信託 > FUND FEATURE > レバレッジ型ファンド特集

レバレッジ型ファンド特集

ブル・ベアファンドは、対象となる指数・相場の値動きに対し、2倍もしくはそれ以上の値動きとなるよう運用される商品が多い投資信託です。お取引に際しては、以下にご注意ください。

目次

ブル・ベアファンドとは

ブル・ベアファンドとは、先物やオプション等のデリバティブ取引を活用して、対象となる指数・相場を上回る収益の獲得を目指して設計された、ハイリスク・ハイリターンの投資信託を指します。

  • 上記はあくまでイメージであり、将来の成果を保証するものではありません。

ポイント!

ブル・ベアファンドは相場が上昇or下落
どちらの場合でもファンドによっては収益獲得のチャンスがある!

ブル・ベアファンド投資のポイント

ブル・ベアファンドは、うまく活用すれば、短期間でハイリターンを狙うことができるものの、レバレッジをかけているため大きな損失を被る可能性もある商品です。投資する上でのポイントをご紹介いたします。

  • Point 1一方向相場における短期投資に向いている?

ブル・ベアファンドは日々の値動き(変動率)に対して、2倍、3倍等とレバレッジをかけた運用成果を目指し、運用を行う商品です。短期的に相場が上昇(or下落)の一方向に動く場合にブル(orベア)ファンドを活用すると、リターンを狙いやすいといえるでしょう。では、なぜ一方向相場に動く場合に、ブル・ベアファンドが向いているのか、具体例をみていきましょう。

【表1】株価指数が一方向に上昇した場合

表1では、株価指数が上昇した場合に、各々レバレッジ3倍のブル・ベアファンドの値動きを表したものです。
基準日から3日後までのトータル変化率に注目してみると、株価指数が+15%に対し、ブル(3倍)が+49%、ベア(3倍)が▲37%となっています。

「株価指数のトータル変化率が+15%の場合、ブル(3倍)であれば+45%(+15%×3)、ベア(3倍)であれば▲45%(▲15%×3)ではないの?」と思われるかもしれませんが、ブル・ベアファンドは日々の値動き(変化率)をベースにレバレッジをかけた運用成果を目指し運用を行う商品です。トータル変化率ではなく、日々の値動き(変化率)にレバレッジをかけるため、それぞれ表1の薄い赤字と青字で示すような値動きとなります。

表1と逆のパターンである表2においても、逆の値動きをするという点以外は同様といえるでしょう。

【表2】株価指数が一方向に下落した場合

中長期投資では日々の株価指数の値動き(変動率)を予想することが難しいため、ブル・ベアファンドの商品性は短期投資に向いているといわれる所以かもしれません。

  • 上記のグラフ及び数値は、株式市場の値動きとファンドの基準価額の値動きの関係を分かりやすく説明するために例示したものであり、実際のファンドの基準価額の値動きをあらわしたものではありません。また、将来の運用成果等を保証したものではありません。
  • Point 2もみあい相場に弱く、損失が大きくなる可能性も

ブル・ベアファンドは、日々の値動き(変動率)に対しレバレッジをかけるため、もみあい相場や中長期的な上昇(下落)トレンド相場の時に、リスクが高い割にあまり効果がないと感じるかもしれません。
その具体例として表3をみてみましょう。基準日から5日後までのトータル変化率は0%と変わらないにも関わらず、ブル・ベアファンドの基準価額はいずれも基準日より下回っていることがわかります。

【表3】株価指数が上昇・下落を繰り返した場合

このようにブル・ベアファンドは、場合によっては対象とする指数が同水準まで回復したとしても、損失が回復しない、もしくは、拡大する場合もあるので注意が必要です。

  • Point 3申込締切時間に注意!

一般的なファンドであれば申込締切時間が15:00のものが多いですが、日本株式を対象とするブル・ベアファンドについては先物等を利用し運用する商品が多いため、買付時間が15:00以前のファンドもあります。
申込締切時間については、必ずご確認ください。

取引注意銘柄をみる

  • 上記のグラフ及び数値は、株式市場の値動きとファンドの基準価額の値動きの関係を分かりやすく説明するために例示したものであり、実際のファンドの基準価額の値動きをあらわしたものではありません。また、将来の運用成果等を保証したものではありません。

当社取扱ファンド

当社ではレバレッジ型ファンドも幅広いラインアップを取り揃えています。

投資対象 レバレッジ ブル ベア
日本株式 4.3倍 楽天 日本株4.3倍ブル
3.7倍 SBI 日本株3.7ブル SBI 日本株3.7ベア
3倍 楽天 日本株トリプル・ブル 楽天 日本株トリプル・ベアⅢ
日本債券 4倍 スーパーボンドベアオープン3
5倍 日本債券ベアファンド(5倍型)
  • 上記は2016年11月25日時点の当社取扱ファンドです。

レバレッジ型のETF・ETNも選択肢の1つ

公募投資信託だけではなく、取引所に上場する上場投資信託(ETF)・指数連動証券(ETN)にもブル・ベア型があります。ETF、ETNの場合、上場しているため、タイミングを見て売り買いができるメリットがあります。一方で、公募投資信託と違い流動性の面でデメリットがあり、買い手が少なかった場合、売りたいときにすぐに売れない可能性があります。

レバレッジ型のETF・ETNを一部ご紹介
ブル ベア
TOPIX
  • TOPIXブル2倍上場投信(1568)
  • ダイワ上場投信-TOPIXレバレッジ(2倍)指数(1367)
  • TOPIXベア上場投信(1569)
  • TOPIXベア2倍上場投信(1356)
  • ダイワ上場投信-TOPIXダブルインバース(-2倍)指数(1368)
日経平均
  • NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)
  • 日経平均ブル2倍上場投信(1579)
  • NEXT FUNDS日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(1571)
  • 日経平均ベア上場投信(1580)
  • 日経平均ベア2倍上場投信(1360)
ハンセン中国企業株
  • 中国H株ブル2倍上場投信(1572)
  • 中国H株ベア上場投信(1573)
ハンセン指数
  • NEXT NOTES 香港ハンセン・ダブル・ブル ETN(2031)
  • NEXT NOTES 香港ハンセン・ベア ETN(2032)
韓国総合株価
  • NEXT NOTES 韓国KOSPI・ダブル・ブルETN(2033)
  • NEXT NOTES 韓国KOSPI・ベア ETN(2034)
インドNifty
  • NEXT NOTES インドNifty・ ダブル・ブル ETN(2046)
  • NEXT NOTES インドNifty・ ベア ETN(2047)
ダウ・ジョーンズ工業株価平均
  • NEXT NOTES NYダウ・ダブル・ブル・ドルヘッジ ETN(2040)
  • NEXT NOTES NYダウ・ベア・ドルヘッジ ETN(2041)
日経・東商取金指数
  • NEXT NOTES 日経・TOCOM 金ダブル・ブルETN(2036)
  • NEXT NOTES 日経・TOCOM 金ベア ETN(2037)
日経・東商取原油指数
  • NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブルETN(2038)
  • NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ベア ETN(2039)

ETF・ETNを詳しく見る

ご注意事項【投資信託について】

お客さまにご負担いただく費用等の合計額については、お申込代金や保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
上記グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保障するものではありません。また、税金・手数料を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
上記内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。
投資信託の購入は、基準価格の変動により元本を割り込み、損失を被ることがあります。
お取引の際は、目論見書、約款・規定集および契約締結交付書面等をよくお読みいただき、商品特性やリスクおよびお取引ルール等をよくご理解の上、ご自身のご判断で無理のない資産運用を行ってください。

ブル・ベアファンドは、対象となる指数・相場の値動きに対し、2倍もしくはそれ以上の値動きとなるよう運用される商品が多い投資信託です。お取引に際しては、以下にご注意ください。

  • 対象となる指数に対して一定倍率での投資効果を目指して運用されるため、対象となる指数が下落した場合、当該指数に比べて大きな損失が生じる可能性があります。
  • 当該投資信託がブル・ベア型である場合は、ベア型については、対象となる指数に対して一定倍率反対となる投資効果を目指して運用されるため、対象となる指数が上昇した場合に、当該指数に比べて大きな損失が生じる可能性があります。
  • お取引の都度、目論見書および契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容について十分にご理解いただくようお願いいたします。
  • プレミアム積立®は対象外となります。

ご注意事項【ETF・ETNについて】

ETFまたはETNは、対象となる指標(インデックス)、金利水準、為替の変動、発行会社または保証者の倒産や財務状況等の悪化、その他の市場要因等の影響等によりETFまたはETNの価格が下落し、それにより損失が生じることがあります。対象となるインデックスが、ある原指数の数値を使って二次的に算出されたものである場合は、その原指数の変動によって対象となる指標(インデックス)が変動し、その結果としてETFが下落し損失を被ることがあります。

口座開設をご検討中の方へ カブコムで株取引をはじめよう 選ばれる6つのポイント

ご購入

カブドットコム証券の口座をお持ちでない方

口座開設はこちら

カブドットコム証券の口座をお持ちの方

ファンドを購入する(ログイン)

ページの先頭へ戻る