取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > 投資信託 > 注目のファンド特集(投資信託) > NISA向けMUFG共通ファンド

NISA向けMUFG共通ファンド

NISA向けMUFG共通ファンド

NISA活用のポイント

  • (1)非課税期間は“最長5年間”
  • (2)毎年投資枠は“100万円”
    年間の投資(購入)上限が比較的少額(100万円)であり、家計の中長期的な資産形成を後押しするための ツールとして位置づけられ、投資未経験者や投資経験の浅いお客さまなど、証券投資を通じた資産形成に関する裾野の拡大と証券市場の活性化が期待されます。
  • (3)特別分配金は “そもそも非課税”
    投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)はそもそも非課税であり、NISAにおいては制度上のメリットを享受できません。
  • (4)リバランス不可
    一度使用した非課税投資枠は、たとえ売却したとしても再利用はできません。

どのような投資信託が適しているのか?

投資未経験の方

様々な資産クラスをプロの運用で機動的に配分してほしい様々な資産クラスをプロの運用で機動的に配分してほしい

リバランス機能付き
バランス型ファンド

NISAの非課税口座では、資産の組み替え(リバランス)ができません。リバランス機能付バランス型ファンドは、商品の中で機動的に資産の組み替えを行います。

まずは低リスク商品からはじめたいまずは低リスク商品からはじめたい

低リスクファンド

元本の安全性を重視するお客様は、値動きのブレを抑えた低リスクファンドで着実に運用することがポイントです。

値動きの分かりやすい商品で資産形成をしていきたい値動きの分かりやすい商品で資産形成をしていきたい

インデックスファンド

日経平均株価などの指数に値動きが連動する投資信託は、運用成果が分かりやすいうえ、信託報酬などのコストが相対的に低いという特徴があります。

積極的に運用して、非課税メリットを最大限活用したい積極的に運用して、非課税メリットを最大限活用したい

値上がり狙い
高リスク高分配ファンド

リスクがある一方で、高いリターンが期待できる投資信託を選ぶことが、非課税メリットを最大限活用するポイントです。

投資経験豊富な方

どのような投資信託が適しているのか?

  • 分散投資とは、値動きの異なる様々な資産に分散して投資を行うことをいいます。分散投資を行うことにより、個別の資産のみに投資した場合と比較して、リスクの低減が期待されます。
  • 各資産の年間パフォーマンスの順位は、2000年以降大きく変化してきました。
  • 「6資産分散投資※1」の年間パフォーマンスの順位は、上位2~4位で推移しており、相対的に安定したパフォーマンスとなりました。

<(ご参考)各資産の年間パフォーマンスの推移(円ベース)>
(ご参考)各資産の年間パフォーマンスの推移(円ベース)

  • ※16資産分散投資は、日本国債、先進国国債、新興国国債、日本株式、先進国株式、新興国株式の6資産に均等に投資した場合のパフォーマンスを記載しています。
  • ※22013年は、2012年12月末から2013年7月末のデータを使用しています。
  • 日本国債:シティ日本国債インデックス、先進国国債:シティ世界国債インデックス、新興国国債:JPMorgan EMBI Global Diversified、日本株式:MSCI 日本・インデックス(税引き後配当込み)、先進国株式:MSCI ワールド・インデックス(税引き後配当込み)、新興国株式:MSCI エマージング・インデックス(税引き後配当込み)をそれぞれ使用しています。
  • 日本国債、日本株式以外は、米ドル建の指数を使用しており、三菱UFJ投信および国際投信投資顧問が円換算しています。
出所:Bloombergのデータを基に三菱UFJ投信および国際投信投資顧問作成

ご注意事項

  • 本資料中のグラフ・数値等はあくまでも過去のデータであり、将来の経済、市況、その他の投資環境に係る動向等を示唆あるいは保証するものではありません。
  • 本資料の内容は作成基準日のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 本資料は信頼できると判断した情報等をもとに作成しておりますが、その正確性、完全性等を保証するものではありません。

口座開設をご検討中の方へ カブコムで株取引をはじめよう 選ばれる6つのポイント

ご購入

カブドットコム証券の口座をお持ちでない方

口座開設はこちら

カブドットコム証券の口座をお持ちの方

ファンドを購入する(ログイン)

ページの先頭へ戻る