取扱商品

  1. ホーム > 商品・サービス > 自動売買 > 取引ルール(自動売買)

自動売買 取引ルール

自動売買とは?

独自に開発した便利な売買システムによって様々な自動売買が可能です。

  • 当社では、新しい投資ライフの提案と便利で使いやすい最高の投資環境を提供するため、注文はすべて機械的に処理し、自動的に発注・訂正・取消するシステムを開発しました。これによって、多様な自動売買の執行が可能となります。
  • 自動売買は、ある条件(例.「株価が○円になったら」「Aという注文が約定したら」等)を設定し、その条件に合致した場合にアクション(例.「指値○円で発注」「×円に指値訂正」「注文取消」)を実行します。

発注方法の種類

成行注文 特に値段を指定せず「いくらでも良いから買いたい(売りたい)」という注文方法です。
指値注文 銘柄に対して「いくらで買いたい(売りたい)」と、値段を指定して行う注文方法です。
寄付成行※1 前場または後場の寄付きに執行することを条件とした成行注文です。
引け成行※1 前引けまたは大引けに執行されることを条件とした成行注文です。引け時点で売買が成立しなかった場合(ザラバ引け)、注文は失効となります。
寄付指値※1 前場または後場の寄付きに執行することを条件とした指値注文です。寄付きにお客様の注文が成立しなかった場合、注文は失効となります。
引け指値※1 前引けまたは大引けに執行されることを条件とした指値注文です。お客様の注文が成立しなかった場合や引け時点で売買が成立しなかった場合(ザラバ引け)、注文は失効となります。
不出来引け成行※1 指値注文で場の引け前までに約定しなかった場合、引けで引け注文となる注文方法です。指値注文と引け成行注文を合わせたような注文形態となっています。
自動売買
あらかじめ「株価が○円以上(以下)になったら」といった条件を設定し、その条件に合致した場合に発注(成行または指値)される当社独自の注文方法です。
逆指値注文
※特許第3875206号
株価が売買注文時から「指定の価格まで下落したら売り」「指定の価格まで上昇したら買い」とする注文形態。ロスカット、トレンドフォロー等、損失の拡大を防ぎ、流れに乗って利益を伸ばすために役立つ注文形態です。
  • 株価以外にも日経225指数、TOPIX指数の現在値を発注の条件とすることができます。
トレーリングストップ 高値/安値に合わせてリアルタイムで逆指値を自動修正する自動売買です。売りの場合であれば、「下落するようなら逆指値で売却し、もし上昇するなら利益をより多く確保するために逆指値を切り上げ、株価の値上がりに追従する」ということが可能になります。買いの場合は売りとは逆に、株価の値下がりに追従することが可能です。
±指値®
※特許第3734168号
「始値・終値・約定価格」といった発注時点ではまだ確定していない価格を基準とした注文が出せる注文形態。当日の始値から相対価額を求める「始値±指値」、前日の終値から相対価額を求める「終値±指値」、Uターン注文®とセットで発注し、Uターン注文元の約定単価より求める「約定単価±指値」「約定単価±逆指値」「約定単価±W指値」の発注が可能です。
±指値® 始値±指値 当日の始値からプラスまたはマイナスの値段を指定する注文方法です。繰越の場合は翌日再度、始値から再計算します。
終値±指値※1 前日の終値からプラスまたはマイナスの値段を指定する注文方法です。繰越の場合は翌日再度、前日終値から再計算します。
約定単価±指値 「Uターン注文®」と組み合わせ使用します。Uターン元の注文が全約定したときにその約定平均単価からプラスマイナスの値段を指定する注文方法です。
約定単価±逆指値 「Uターン注文®」と組み合わせ使用します。Uターン元の注文が全約定したときにその約定平均単価からプラスマイナスの値段を逆指値で指定する注文方法です。
約定単価±W指値 「Uターン注文®」と組み合わせ使用します。Uターン元の注文が全約定したときに「約定単価±指値」+「約定単価±逆指値」の注文を同時に出します。
W指値®
※特許第3754009号
売買注文の際に、時価の上下で指値+逆指値が設定できる注文形態。たとえば利益確定の指値注文と同時に逆指値でのロスカット注文も合わせて設定できます。
  • 株価以外にも日経225指数、TOPIX指数の現在値を発注の条件とすることができます。
引け前訂正指値 注文が指値注文で、立会時間(ザラバ)中に約定しなかった場合に、指値を訂正し、プレ・クロージングへ引き継がれる注文方法です。
  • 日経225先物・日経225mini・日経225でご利用いただける注文方法です。
時間指定注文 指値・成行 「○時○分になったら発注」と指定された時間に発注を行う注文方法です。
取消付き指値 「○分後までに」と指定された時間までに約定しなければ注文を取り消す注文方法です。
訂正付き指値 「○分後までに」と指定された時間までに約定しなければ注文を訂正することができます。
W指値® W指値®で指定された逆指値の価格条件か「○分後までに」と指定された時間条件のどちらかの条件を満たした場合に注文を訂正することができます。
Uターン注文® 買い注文と同時にその銘柄の売り注文を同時に予約するといった注文形態。買い注文の発注と同時に、その銘柄の売り注文まで予約が可能です。
リレー注文® A株が売却できたら、B株の買付を発注予約するといった注文形態。市場の値動きを常にウォッチする必要なく、お忙しい方でも銘柄乗り換えが簡単に可能です。
バスケット(一括発注) kabuステーション®でご利用いただけます。複数の注文(成行・指値のみ)をあらかじめ登録し、任意のタイミングでまとめて発注をおこなう注文形態。あらかじめ注文登録をしておくことによりスムーズな発注が可能となります。異なる商品の一括発注が可能です。
リスト発注 kabuステーション®でご利用いただけます。複数の注文をあらかじめ登録し、任意のタイミングでまとめて発注をおこなう注文形態。あらかじめ注文登録をしておくことによりスムーズな発注が可能となります。異なる商品の一括発注はできません。
  • ※1日経225先物・日経225mini・日経225オプション・TOPIX先物・ミニTOPIX先物・東証REIT指数先物・TOPIX Core30先物ではご利用いただけません。

自動売買に関する注意事項

自動売買は、条件が合致しアクションが実行されるまでは、当社のシステム内で制御され取引所へは発注されません。ただし、以下の点にご注意ください。

  • 当社にて自動売買を受注し条件が合致した場合でも、システム障害、回線状況等により取引所へのアクションの実行が一時的に中断、遅延することがあります。
  • 条件の監視は、取引所のデータを情報会社でほぼリアルタイムにに自動入手処理することで行っております。処理スピードには万全を期しておりますが、回線状況等の理由により一時的に遅延を来たすことがあります。
  • 株価の条件は立会時間中、実際に市場で約定された株価を基準としてチェックしています。買い気配や売り気配などの場合の「気配値」ではありませんので、ご注意ください。
  • 当社「オンライン・トレード取扱規定」第31条(免責事項)は、自動売買にも適用されますので、事前にお読みください。
  • アクションで実行される「成行」「指値」は、通常の成行注文、指値注文と同じです。「成行」の場合はいくらで約定されるかわかりません。「指値」の場合は約定されないケースもあります。
  • 訂正・取消条件の設定は、指値注文および引け注文のみ可能です。
  • 不出来引け成行注文は当日のみの注文となり、期日指定はできません。
  • 発注時点で合致してしまう株価を条件で指定すると、エラーとなり発注できないケースもあります。
  • 出合注文で発注日の翌日以降の株価変動により制限値幅超エラーとなった注文は失効します。
  • トレーリングストップの基準となる値段は、取引時間中に受注した場合はその日の高値(安値)、取引終了後~翌営業日8:00に受注した場合は注文有効日前営業日の高値(安値)、営業日8:00~寄付前までに受注した場合は計算基準値(前日終値/最終気配)となります。
  • 「終値±指値」の基準となる値段は、取引所発表の基準値段、最終気配、権利落修正理論価格から株式会社QUICK社および当社が採用した値であり、前日終値とは異なる場合があります。

リレー注文®

  • 条件となる注文が存在し、失効および約定されていないことがリレー注文®の前提になります。
  • リレー注文®が発注されるのは条件となる注文が全約定したときです。一部出来状態や不出来状態では発注されません。
  • 条件となる注文が取消された場合または失効した場合、リレー注文®は失効します。
  • 条件となる注文の指定は1件のみです。
  • 条件となる注文がすでに他のリレー注文®で指定されている場合でも、その注文を指定することは可能です。
  • 指定できる条件となる注文は、注文をしてまだ全約定状態にないものです。ただし、リレー注文®で待機中のものは指定できません。
  • リレー注文®の指定中に条件となる注文が出来た場合、そのリレー注文®は即時に発注されます。また、条件となる注文を指定しなかった場合も同様です。
  • 他の自動売買と組合せての使用は可能です。
  • 買付可能額は通常の注文と同じです。条件となる注文が約定した場合の受渡代金概算額については、リレー注文®時には反映されません。
  • リレー注文®で条件として指定した注文が当日の引け間際などに約定した場合は、アクションで発注される注文が当日の発注に間に合わないケースもあります。

ページの先頭へ戻る