取扱商品

ホーム > 商品・サービス > 自動売買 > リレー注文

自動売買 リレー注文®

A株が売却できたら、B株の買付を発注予約するといった自動売買です。
市場の値動きをウォッチしている必要がありませんから、お忙しい方でも銘柄乗り換えが簡単に行えます。

「手持ちのA株を売って新規にB株を買いたい」場合は、リレー注文®で。売り注文→約定確認→買い注文という一連の操作が一度の注文で実行可能です。
もちろん、「買ってから売る」パターンもOKです。
また、「A株が買えたらB株を買う」「A株が売れたらB株を売る」のように、思いのままの連続発注を予約できる便利な注文方法です。

こんな時に使える!リレー注文®の活用法

リレー注文®は、例えば以下のような投資を行いたい時など、様々なケースにご活用いただけます。

  • リレー注文®はあくまで発注に関するものであり、約定を確約するものではありません。市場動向や執行条件等によって約定できないケースもあります。

A株からB株に乗換える

通常はA株の売却を確認したらB株の買い注文を発注しますが、リレー注文®はA株売却の際にB株の買い注文を行えます。銘柄の乗り換え注文もワンストップで可能です。

通常注文

リレー注文®

ほぼ同じタイミングで複数銘柄を発注

リレー注文®は図のように複数の銘柄の注文を予約することが可能です。

【例】
C株 750円(指値)1,000株買い
が、出来たら以下3つの注文を発注
  • D株 成行 1,000株買い
  • E株 1,000円(指値)1,000株売り
  • F株 350円(不出来引成)2,000株売り

逆指値注文などとの組み合わせも可能

利益を確定させて保有する銘柄を乗り換えるというような場合は、逆指値注文など他の条件注文との併用も可能です。

【例】
G株 買値800円 時価1,000円 逆指値注文で950円まで下がったら売り
が、出来たら発注
  • H株 700円(不出来引成)1,000株買い

もっと詳しく知ろう!動画で分かりやすく説明します

  • (新しいウィンドウで開く)自動売買入門(2)

    2012年6月22日 10分57秒

    自動売買に関する入門編。W指値®、±指値®、Uターン注文®、リレー注文®、時間指定注文について解説。

こんな取引画面から注文できます(サンプル画面)

リレー注文®の発注方法はこちらをご覧ください。

関連リンク

  • 様々な自動売買も簡単!高機能トレーディングツールで取引スピードアップ kabuステーション®
  • セミナーや勉強会で「儲けられて・損しにくい」投資知識やテクニックが学べる 投資情報・セミナー

ページの先頭へ戻る