投資情報室

旬なテーマを深堀り♪1円の円安が業績に与える影響は?想定為替レートから円安恩恵銘柄を探る!

(金)
投資情報室 藤井明代

 企業の決算発表も一巡し、決算結果に過敏に反応するマーケットも少し落ち着きを取り戻してきた。そんな中、直近でほとんど値動きが無かった為替が円安方向に動き始めた。今週は約2ヶ月ぶりに米ドル円で121円台へ、ユーロ円では2月以来、約3ヶ月ぶりに1ユーロ136円台まで円安が進んだ。 円安進行は輸出企業を中心に業績上振れが期待される。3月決算企業の想定為替レートも出揃ったところで、今回は想定為替レートから企業業績への影響額をチェックしていきたい。
 下記は日経平均採用銘柄の想定為替レートと現在の為替水準から業績への影響額をランキング化したものである。右側には為替が1円円安に動いた際に利益にどの程度影響を与えるかを示している。

【 米ドル円の想定為替レートと利益影響額 】
コード 銘柄名 ドル
想定為替レート
(通期/円)
為替予想
決算期
121円時
想定為替レート
乖離(円)
利益影響額
(百万円)
メリット
円安/円高
ドル
1円円安
影響額
(百万円)
ユーロ
1円円安
影響額
(百万円)
業種
7203 トヨタ自動車 115 2016/03 6 240,000 円安 40,000 4,000 輸送用機器
7201 日産自動車 115 2016/03 6 72,000 円安 12,000 - 輸送用機器
7270 富士重工業 118 2016/03 3 29,400 円安 9,800 200 輸送用機器
5108 ブリヂストン 115 2015/12 6 25,800 円安 4,300 500 ゴム製品
6301 小松製作所 115 2016/03 6 22,200 円安 3,700 400 機械
2914 日本たばこ産業 115 2015/12 6 18,000 円安 3,000 - 食料品
5020 JXホールディングス 115 2016/03 6 15,000 円安 2,500 - 石油石炭製品
6902 デンソー 115 2016/03 6 15,000 円安 2,500 700 輸送用機器
4005 住友化学 115 2016/03 6 12,000 円安 2,000 - 化学
9101 日本郵船 115 2016/03 6 9,600 円安 1,600 - 海運業
7205 日野自動車 115 2016/03 6 9,000 円安 1,500 - 輸送用機器
8001 伊藤忠商事 115 2016/03 6 9,000 円安 1,500 - 卸売業
6762 TDK 115 2016/03 6 8,400 円安 1,400 0 電気機器
7211 三菱自動車工業 117 2016/03 4 8,000 円安 2,000 1,300 輸送用機器
7751 キヤノン 119.84 2015/12 1.16 6,612 円安 5,700 2,900 電気機器
9104 商船三井 118 2016/03 3 6,300 円安 2,100 - 海運業
6472 NTN 110 2016/03 11 6,600 円安 600 300 機械
6367 ダイキン工業 115 2016/03 6 6,000 円安 1,000 400 機械
6501 日立製作所 115 2016/03 6 6,000 円安 1,000 300 電気機器
6770 アルプス電気 115 2016/03 6 5,760 円安 960 120 電気機器
  • 2015年5月22日時点、AstraManegerデータよりカブドットコム証券作成
  • 日経平均採用銘柄からランキング、想定為替レートとの乖離および利益影響額は1ドル121円で算出

 米ドル円の円安恩恵を最も受けやすいのはやはりトヨタ(7203)。米ドル円1円当たりの利益影響額は年間で400億円の増額へ繋がり、16年3月期通期の想定為替レートと現在の為替水準である121円で換算した場合は2400億円の増額へ繋がる公算となる。次いで日産自動車(7201)、三菱重工業(7270)と輸送用機器セクターが上位を占める。その他、北米での売上げ比率が高いブリヂストン(5108)などもランクインした。
 想定為替レートに注視すると、通期で米ドル円を110円と保守的な想定を発表しているNTN(6472)の上振れ余地が大きそうだ。
 次に、ユーロ円のランキングを見ていきたい。

【 ユーロ円の想定為替レートと利益影響額 】
コード 銘柄名 ユーロ
想定為替レート
(通期/円)
為替予想
決算期
134円時
想定為替レート
乖離(円)
利益影響額
(百万円)
メリット
円安/円高
ドル
1円円安
影響額
(百万円)
ユーロ
1円円安
影響額
(百万円)
業種
6758 ソニー 125 2016/03 9 54,000 ドル円高、ユーロ円安 -3,000 6,000 電気機器
7203 トヨタ自動車 125 2016/03 9 36,000 円安 40,000 4,000 輸送用機器
7752 リコー 125 2016/03 9 12,600 円安 800 1,400 電気機器
7751 キヤノン 130.92 2015/12 3.08 8,932 円安 5,700 2,900 電気機器
7211 三菱自動車工業 127 2016/03 7 9,100 円安 2,000 1,300 輸送用機器
6971 京セラ 125 2016/03 9 7,560 円安 480 840 電気機器
6902 デンソー 125 2016/03 9 6,300 円安 2,500 700 輸送用機器
7269 スズキ 125 2016/03 9 5,400 円安 300 600 輸送用機器
6501 日立製作所 120 2016/03 14 4,200 円安 1,000 300 電気機器
6367 ダイキン工業 125 2016/03 9 3,600 円安 1,000 400 機械
6753 シャープ 125 2016/03 9 3,600 円安 0 400 電気機器
4901 富士フイルムホールディングス 130 2016/03 4 3,200 円安 1,000 800 化学
4902 コニカミノルタ 130 2016/03 4 3,200 円安 300 800 電気機器
6301 小松製作所 127 2016/03 7 2,800 円安 3,700 400 機械
6326 クボタ 125 2016/03 9 2,700 円安 1,500 300 機械
6473 ジェイテクト 125 2016/03 9 2,700 円安 600 300 機械
7733 オリンパス 130 2016/03 4 2,000 円安 700 500 精密機器
5333 日本碍子 125 2016/03 9 2,070 円安 400 230 ガラス土石製品
7270 富士重工業 125 2016/03 9 1,800 円安 9,800 200 輸送用機器
6702 富士通 125 2016/03 9 1,800 円安 0 200 電気機器
  • 2015年5月22日時点、AstraManegerデータよりカブドットコム証券作成
  • 日経平均採用銘柄からランキング、想定為替レートとの乖離および利益影響額は1ユーロ134円で算出

 ユーロ円での円安メリットを受けるトップはソニー(6758)。1円当たりの利益影響額は年間で60億の増額となる。一方で、米ドル円の円安では1円当たり30億円の減額影響となることは注意しておきたい。その他ではユーロ圏への輸出が多いリコー(7752)やキヤノン(7751)などの電気機器セクターが並んだ。また、米ドルと同様に輸送用機器セクターも上位にランクインしている。

 現在は為替のボラティリティが低下気味ではあるが、今後円安方向にブレイクすれば上記銘柄が物色されそう。反対に、円高進行となれば調整の可能性が高くなる。マーケット全体の動向と共に為替動向、そして上記の利益に対する影響額を参考いただきたい。

ご注意

  • 「kabu.com投資情報室」における情報およびサービスは、情報の提供を目的としており、特定の銘柄等の勧誘、売買の推奨、相場動向等の保証等を行うものではありません。
  • 「kabu.com投資情報室」における情報およびサービスの内容の正確性および信頼性等については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一この情報およびサービスに基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。
  • 「kabu.com投資情報室」における情報およびサービスに関する著作権を含む一切の権利は、カブドットコム証券株式会社に帰属しており、理由の如何を問わず無断での配信、複製、転載、転送および改ざん等を禁止します。
  • 資産運用に関するあらゆる最終決定は、お客さまご自身のご判断とご責任で行ってください。

藤井明代

カブドットコム証券 投資情報室 投資アナリスト

東京都出身。大手ネット金融グループを経て、2013年10月よりカブドットコム証券。
売買手法や相場解説などを初心者の方にも分かりやすく解説することに定評あり。株主優待にも詳しく、マルチスキルを持つメンバーとして人気上昇中。