過去のカブ四季総会 開催レポート

2014年度 カブ四季総会(大阪)

概要

日時 2014年8月23日(土)
場所 大阪市中央公会堂
内容
  • (1)経営報告会
    • 代表執行役社長:齋藤 正勝
    • 執行役:荒木 利夫
    • 司会:投資情報室 投資アナリスト 田中 空見子
  • (2)投資セミナー

    「混迷の秋相場をどう読む?今年度後半の投資ストラテジーと有望銘柄」
    講師:投資情報室 チーフストラテジスト 河合 達憲

  • (3)投資セミナー

    「アベノミクス第二幕は、関西人のNISAを考える」
    講師:投資情報室長 マーケットアナリスト 山田 勉

開催レポート

今回のカブ四季総会(大阪)は毎年恒例となる大阪市中央公会堂にて開催し、841名ものお客さまにお越しいただくことができました。会場の2階席まで座席が埋まるほどの大盛況となり、これまでの最多人数となりました。スタッフ一同感謝申し上げます。
開催を前にご来場の皆さまと稲垣吾郎さんが出演する当社TV-CMに合わせ、首振りパフォーマンスを行うなど、大阪ならではの賑やかな雰囲気となりました。来場いただいたお客さまへのお土産のカブドットコム特製マグカップがお客さまに好評で、お喜びのお言葉を頂戴しました。
また、閉会後のお見送りの際にはお客さまと直接お話することができ、当社へのたくさんの激励やご意見をいただくことができました。
いただいた貴重なご意見・ご要望は当社品質管理委員会のマネジメントレビューに報告をさせていただきました。今後もより良い経営やサービスの実現に努めて参ります。

開催レポート
開催レポート

第1部 経営報告会

第1部の経営報告会では、当社代表執行役社長齋藤正勝ならびに執行役荒木利夫より当社の2014年度第1四半期決算概況や経営環境、当社株式シェア増加への取組み、当社NISA口座の足下の状況についてご報告させていただきました。その後の質疑応答コーナーではお客さまより事前にいただいたご質問の中から「kabuステーションの株価小数点化に対応する新機能およびその具体的な活用方法について」「カブドットコムでNISA口座を開設するメリットなどを教えてほしい」「日経平均は年末までにどのくらいの高値と安値をつけるか。またいくらになると予想するか」などのご質問に対し、壇上の当社経営陣や投資アナリストが回答させていただきました。また、会場のお客さまからも「日銀が買っているETFはどれか?」などのご質問をいただきましたので回答させていただいております。
今後もお客さまの投資成績向上に貢献できるよう、投資情報室ほか社員一同、一層のサービス向上に努めさせていただきます。

第1部 経営報告会

第2部 投資セミナー「混迷の秋相場をどう読む?今年度後半の投資ストラテジーと有望銘柄」

第2部は当社チーフストラテジスト河合達憲による投資セミナーを実施いたしました。
冒頭は「今年度後半の投資ストラテジー」としてマーケット環境の現状と今後の行方、米国市場や金融緩和および地政学リスクという外部環境が日本株にどのような影響をもたらすかについて、後半は「2014年第1クォーター決算時のレーティングランキング」や「会社予想とコンセンサス予想の差を狙う」など、河合から大阪のお客さまへ向けてとっておきの投資アイディアをお届けさせていただきました。河合は関西出身のため、講演にも一層熱の入った様子でした。
講演の最後には会場から温かい拍手をいただき、とても印象的な講演となりました。
ここでお話ししきれなかった当面のストラテジーにつきましては、原則毎週火曜日20:00~開催しているオンラインセミナー河合達憲「当面のストラテジー」にて解説しておりますのでぜひ毎週ご覧ください。

第2部 投資セミナー「混迷の秋相場をどう読む?今年度後半の投資ストラテジーと有望銘柄」

第3部 投資セミナー「アベノミクス第二幕は、関西人のNISAを考える」

第3部は当社マーケットアナリスト山田勉による投資セミナーを実施いたしました。
冒頭は「アベノミクスの失敗」と題して実質家計消費の推移や実質GDPと家計消費を比較したデータを基に日本株の現状についてのご説明をさせていただきました。今秋以降の政策や大型株上場、2015年以降発生する外部環境リスクや、今後の消費税増税やオリンピックに向けた建築ラッシュによる東京大改造が日本経済にどのような影響をもたらすかを講演しました。
山田もまた関西出身です。講演が進むにつれトークが一層ヒートアップし「関西系テーマ株」として関西主要銘柄とその可能性について熱弁を振るいました。NISA口座を利用しお客さまが利益を得るために関西銘柄の強みや特徴についてご説明させていただきました。山田の熱演に応えるように講演後はお客さまの拍手にも熱が入り、盛り上がりをみせる講演となりました。
随時kabu.com投資情報室にて発信しておりますので、ぜひお役立てください。

第3部 投資セミナー「アベノミクス第二幕は、関西人のNISAを考える」

今後もよりお客さまにご満足いただけるようなカブ四季総会を開催してまいりますので、ご期待ください。

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。

Get ADOBE® READER®