過去のカブ四季総会 開催レポート

2013年度 カブ四季総会(大阪)

概要

日時 2013年8月3日(土)
場所 大阪市中央公会堂
内容
  • (1)経営報告会
    • 取締役会長 能島 伸夫
    • 代表執行役社長 齋藤 正勝
    • 取締役 荒木 利夫
  • (2)投資セミナー

    「アベノミクス第二ステージをどう読む?~有望銘柄を徹底検証!~」
    講師:kabu.com投資情報室 チーフストラテジスト 河合 達憲

  • (3)投資セミナー

    「当面の相場見通し レジームチェンジ!?」
    講師:kabu.com投資情報室室長 マーケットアナリスト 山田 勉

開催レポート

今回のカブ四季総会(大阪)は、33度を超える猛暑の中、700名を超えるお客さまにおこしいただくことができました。ほぼ満席状態での開催となり、後からおこしいただいたお客さまには、お座りいただく座席をお探しいただくお手間を取らせてしまい、大変申し訳ございませんでした。お暑い中、762名と昨年を上回るお客さまにご来場を賜り、スタッフ一同感謝申し上げます。

経営報告会における貴重なご意見・ご要望に関しましては、お客様サポートセンターに直接いただいている内容とともに、当社品質管理委員会のマネジメントレビューを通じて全部門の責任者が共有し、更なる「お客さま満足度の向上」を図ってまいります。

第1部 経営報告会

第1部の経営報告会では、当社代表執行役社長 齋藤正勝より、2013年第2四半期決算の決算報告、ならびにご質問やご要望について回答をさせていただきました。

ご要望では「MRFに代わる普通預金より金利がよい商品の導入してほしい」、「貸株の複数明細を一括処理できるようにしてほしい」、「信用の手数料を見直してほしい」など多肢にわたるご意見を頂戴いたしました。お客さまからのご意見・ご要望につきましては、改善に向け努力してまいります。

第1部 経営報告会

第2部 投資セミナー「アベノミクス第2ステージをどう読む?~有望銘柄を徹底検証!~」

第2部はチーフストラテジスト河合達憲による投資セミナーを実施いたしました。登壇の際には地元大阪のお客さまより温かい拍手で迎えられ、「マクロからミクロまでのストラテジー」や「テクニカルとファンダメンタルの融合」といったテーマを講演させていただきました。また、河合に定評のある銘柄選びに関しましては、「成長株の発掘」と題し、過去ピーク益更新予想とPERのダブルコアでご紹介させていただき、会場のお客さまの真剣に聞き入る様子が印象的でした。

なお、毎週火曜日20時から「当面のストラテジー」と題しまして、Webセミナー(ライブ)を開催しております。毎週直近の相場データから河合が今後の相場動向をお客さまにお伝えするセミナーです。ぜひご視聴ください。

第2部 投資セミナー「アベノミクス第2ステージをどう読む?~有望銘柄を徹底検証!~」

第3部 投資セミナー「当面の相場見通し レジームチェンジ!?」

第3部は当社マーケットアナリスト山田勉による投資セミナーを開催いたしました。登壇の際には地元大阪のお客さまより温かい拍手で迎えていただきました。「タイガースは好景気の先行指数か?」といった山田のオリジナリティーあふれる相場解説に始まり、秋の大一番となる消費税判断や2013年後半戦の政治経済、注目のイベントをまじえ、まさしく相場の見通しについて語らせていただきました。

お客さまも山田の軽快な語り口調に目が釘付けとなり、盛り上がりをみせた講演となりました。

第3部 投資セミナー「当面の相場見通し レジームチェンジ!?」

山田が発信する投資情報については、随時kabu.com投資情報室より配信していく予定ですので、お見逃しなくご覧いただければと思います。

今後もよりお客さまにご満足いただけるようなカブ四季総会を開催してまいりますので、ご期待ください。

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。

Get ADOBE® READER®