過去のカブ四季総会 開催レポート

2013年度 カブ四季総会(東京)

概要

日時 2013年6月23日(日)
場所 日経ホール
内容
  • (1)経営報告会
    • 代表執行役社長 齋藤 正勝
    • 代表執行役副社長 藤田 通敏
    • 専務執行役 眞部 則広
    • 専務執行役 雨宮 猛
    • 常務執行役 阿部 吉伸
    • 執行役 荒木 利夫
    • (進行役)投資アナリスト 田中 空見子
  • (2)投資セミナー

    「アベノミクス相場の行方は?当面の投資ストラテジーと有望銘柄」
    講師:kabu.com投資情報室 チーフストラテジスト 河合 達憲

  • (3)投資セミナー

    「当面の相場見通し インフレロング対デフレショート」
    講師:kabu.com投資情報室室長 マーケットアナリスト 山田 勉

開催レポート

今回のカブ四季総会(東京)も例年同様、定時株主総会終了後に開催いたしました。当日のお天気は晴れ時々曇りで、最後まで雨も降らずにちょうどよい天候となりました。今回も臨時サポートセンターを設置し、kabuステーション®などの操作方法や商品についてのご質問のほか、暖かいお言葉、厳しいご意見を頂戴しました。いずれも当社をご愛顧いただいているお客さまからの貴重なお声であり、今後も更なるお客さま満足度の向上を図ってまいる決意を新たにいたしました。カブ四季総会(東京)で頂戴した貴重なご意見・ご要望は、お客様サポートセンターに直接いただいている内容とともに、当社品質管理委員会のマネジメントレビューに報告し、より良い経営やサービスの実現に努めて参ります。

開催レポート

第1部 経営報告会

第1部の経営報告会では、当社代表執行役社長 齋藤正勝より、「第14期 株主・投資家の皆様へ」を基に当社を取り巻く現在の環境・2013年3月期の決算及び・経営目標の説明、今期の主な取り組みをご説明いたしました。また事前にいただいていた「外国株の取り扱い予定は?」「今後の相場はどうなるの?」といったご質問に、壇上の当社経営陣や投資アナリストが回答させていただきました。後半の質疑応答では、「一昨年の震災後の相場変動で回収困難となった立替金の回収状況」「従業員への臨時ボーナスや株主還元も良いが、顧客への利益還元の予定は?」「株屋は信用されていない、との声があるが、そのイメージを払拭し、多くの人々に市場に参加してもらうための施策を打ってはどうか。」といった、多肢にわたるご質問・ご意見・ご要望をいただきました。引き続き、多くの投資家に選ばれるサービスをご提供できるよう努力してまいります。

第1部 経営報告会

第2部 投資セミナー「アベノミクス第2ステージをどう読む?~有望銘柄を徹底検証!~」

第2部は当社チーフストラテジスト河合達憲による投資セミナーを実施いたしました。短い時間で、5月から続く「魔の木曜日」に見る「曜日アノマリー」と、それに対するストラテジーのご提案、およびどういった有望銘柄があるか、にポイントを絞りお話しさせていただきました。
ここでお話ししきれなかった当面のストラテジーにつきましては、原則毎週火曜日20:00~開催しているオンラインセミナー河合達憲「当面のストラテジー」にて解説しておりますのでぜひ毎週ご覧ください。

第2部 投資セミナー「アベノミクス第2ステージをどう読む?~有望銘柄を徹底検証!~」

第3部 投資セミナー「当面の相場見通し インフレロング対デフレショート」

第3部は当社マーケットアナリスト山田勉による投資セミナーを実施いたしました。米国量的緩和縮小は9月と読んでいたが、量的緩和縮小観測が5月~6月に来てしまい、それがゆえに難しい相場な今日このごろ。しかし、高級車が売れマンションが売れ、外食産業がにぎわいはじめ、アベノミクスはこれから。円安の流れがリスタートした感もあり、輸出関連株がふたたび買われ、インフレ株の銀行株や証券株、ネット関連も悪くない。為替次第では4-6月の決済発表では最高益が望める可能性も!?この局面で、いつもは高くしか買えない銘柄にツバをつけておくなら日本経済全体の成長スピードよりアウトパフォームしそうな銘柄がねらい目では?と提案する山田の熱い講演に、ご来場のお客さまも熱心に聞き入っていらっしゃいました。山田の相場見通しについては、随時kabu.com投資情報室にて発信しておりますので、ぜひお役立てください。

第3部 投資セミナー「当面の相場見通し インフレロング対デフレショート」

今後もよりお客さまにご満足いただけるようなカブ四季総会を開催してまいりますので、ご期待ください。

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。

Get ADOBE® READER®