過去のカブ四季総会 開催レポート

2011年度 カブ四季総会(東京)

概要

日時 2011年6月26日(日)
場所 日経ホ-ル
内容
  • (1)経営報告会
    • 代表執行役社長 齋藤 正勝
    • 代表執行役副社長 藤田 通敏
    • 専務執行役 眞部 則広
    • 専務執行役 雨宮 猛
    • 執行役 臼田 琢美(司会)
    • 執行役 阿部 吉伸
    • 執行役 石川 陽一
  • (2)投資セミナー

    「当面の相場見通し」
    講師:kabu.com投資情報室長 マーケットアナリスト 山田 勉

開催レポート

今回のカブ四季総会(東京)も前年同様に、定時株主総会終了後に引続き開催いたしました。当日は湿度は高かったものの、最後まで雨も降らずにちょうどよい天候となりました。質疑応答では、今後の経営についての考え方や、サービスに対する改善、新商品への期待など、多岐に渡るご質問やご要望をいただきました。また、臨時サポートセンターを今回も設置し、操作方法や商品についてのご質問のほか、暖かいお言葉、厳しいご意見も頂戴しました。ひとつひとつのお言葉はいずれも貴重なものばかりであり、お客さま満足度の向上を図ってまいる決意を新たにいたしました。
カブ四季総会(東京)で頂戴した貴重なご意見・ご要望は、お客様サポートセンターに直接いただいている内容とともに、当社品質管理委員会のマネジメントレビューに報告し、より良い経営やサービスの実現に努めて参ります。

開催レポート

第1部 経営報告会

第1部の経営報告会では、当社代表執行役社長 齋藤正勝より、「第12期 株主・投資家の皆様へ」を基に当社を取り巻く現在の環境・2011年3月期の決算及び・経営目標の説明、今期の主な取り組み、ならびに事前にいただいていたご質問について回答をさせていただきました。後半部はご出席いただいたお客さまからのご質問に直接お答えする質疑応答へと移りました。「kabuステーションの機能改善・追加について」、「システム障害への今後の取り組みについて」、「現物株式のスクリーニング向上について」、「先物OPの証拠金シミュレーターの機能向上について」など多肢にわたるご質問・ご意見・ご要望をいただき、壇上の当社経営陣全員がマイクを取り、回答させていただきました。
引き続き改善に向け努力してまいります。

第1部 経営報告会

第2部 投資セミナー「当面の相場見通し」

第2部は当社マーケットアナリスト山田勉による投資セミナーを実施いたしました。限られた時間ではございましたが、電力不足の影響、米国/欧州/新興国等の現在と今後、3.11震災後の日本経済の復興には何が必要か、などを山田ならではのコミカルな語り口でお伝えしました。セミナー後半の「政治的なイベントが転機か」での切り口や、「投資のアイデア」での期待銘柄を次々にご案内していった際には、ご来場のお客さまも熱心にペンを走らせていらっしゃいました。山田の相場見通しについては、随時kabu.com投資情報室にて発信しておりますので、ぜひお役立てください。

今後もよりお客さまにご満足いただけるようなカブ四季総会を開催してまいりますので、ご期待ください。

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。

Get ADOBE® READER®