過去のカブ四季総会 開催レポート

2009年度 カブ四季総会(福岡)

概要

日時 2009年3月15日(日)
場所 アクロス福岡
内容
  • (1)経営報告会
    • 代表執行役社長 齋藤 正勝
    • 常務執行役 臼田 琢美(司会)
  • (2)投資セミナー

    「新年度に向けた投資戦略」
    講師:kabu.com投資情報室 マーケットストラテジスト 河合達憲

  • (3)投資セミナー

    「当面の相場見通し」
    講師:kabu.com投資情報室 マーケットアナリスト 山田 勉

開催レポート

今回のカブ四季総会(福岡)は、好天に恵まれ、240名を超えるお客様におこしいただきました。今回も昨年同様、高い出席率となり、福岡のお客様の熱心さにスタッフ一同、頭が下がる思いです。
今回も数多くのご意見・ご要望をいただきました。ご意見・ご要望に関しましては、当社品質管理委員会のマネジメントレビューに報告し、今後のサービス向上に努めてまいります。

第1部 経営報告会

当社代表執行役社長 齋藤正勝より、本年度第3四半期決算報告、ならびに経営目標についてご説明させていただきました。また、事前にいただいていた「カブボードに対するご要望」、「新しいマーケット情報画面へのご要望」、「取扱商品の充実」などのご質問について、説明させていただきました。
後半は質疑応答。ご出席のお客様からの「株券電子化に伴う今後の経営見通し」、「kabuマシーンの利用料」、「スーパーチャートの機能」などのご質問・ご要望におこたえさせていただきました。

第1部 経営報告会

第2部 投資セミナー「新年度に向けた投資戦略」

第2部は、当社マーケットストラテジスト河合達憲による新年度に向けた投資戦略。混乱する相場環境下、河合の語る投資戦略に熱心に耳を傾けられるお客様の熱意が伝わってまいりました。新年度の相場テーマは「世界的景気対策のなか国策に則ったテーマ」がベースということで、環境関連として「原子力」「太陽光発電」「風力発電」「電気自動車」「食糧問題」が、グローバル関連として「グローバルトップ」「中国の復調」が、内需関連として「生活防衛」「デフレ抵抗力」「円高原油安」「公共投資」が注目のキーワードとして語られました。
河合達憲が発信する投資情報については、随時kabu.com投資情報室より配信していますので、お見逃しなく。

第2部 投資セミナー「新年度に向けた投資戦略」

第3部 投資セミナー「当面の相場見通し」

第3部はおなじみ、当社マーケットアナリスト山田勉による「当面の相場見通し」。今回も、軽妙な語り口で独自に展開される論評に対し、熱心にお聞きいただいているお客様が数多く見受けられました。投資のアイデアや産業界の兆しについて独自の視点で切り込み、今回も「わかりやすい」「おもしろい」等、多くのお客様からご評価いただき、講演も大好評のうちに終了することができました。
山田の相場見通しについては、随時kabu.com投資情報室より配信しておりますので、こちらもぜひご覧ください。

第3部 投資セミナー「当面の相場見通し」

今後もよりお客さまにご満足いただけるようなカブ四季総会を開催してまいりますので、ご期待ください。

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。

Get ADOBE® READER®