過去のカブ四季総会 開催レポート

2008年度 カブ四季総会(福岡)

概要

日時 2008年3月22日(土)
場所 アクロス福岡
内容
  • (1)経営報告会
    • 代表執行役社長 齋藤 正勝
    • 常務執行役 臼田 琢美(司会)
  • (2)

    スーパー証券口座活用と新kabuマシーンの使い方のご案内

  • (3)投資セミナー

    「当面の相場見通し」
    講師:kabu.com投資情報室 マーケットアナリスト 山田 勉

開催レポート

カブ四季総会(福岡)は、当社が提供するサービスや今後の計画等について経営者の考えを直接聞きたいという方や、今後の市場見通しを聴きたいという方等、数多くの熱心なお客さまにご来場いただきました。今回は、当社マーケットアナリスト山田勉が3月14日に発売した当社公式本「超優良株で資産をつくる!世界一シンプルな投資戦略」の出張販売を行った他、「休憩時間を利用した臨時サポートセンター開設」「アンケートによるお客さまのご意見・ご要望の収集」「口座開設資料請求受付」等を実施いたしました。経営報告会やアンケートにおける貴重なご意見・ご要望に関しましては、お客様サポートセンターに直接いただいている内容とともに、ISO10002(苦情対応マネージメントシステム)のフレームワークに則り、当社品質管理委員会のマネージメントレビューに報告すると同時に、改善プロセスに載せ、引き続き「お客さま満足度の向上」を図ってまいります。

第1部 経営報告会

前半部は当社代表執行役社長 齋藤正勝より、本年度第3四半期決算の結果報告、ならびに事前にいただいたご質問で多かった「株価~パフォーマンスと対策」「三菱UFJフィナンシャル・グループの当社への出資比率が増加したことでのサービス面の強化」「kabu.comPTSの今後の展開」「TOPIXミニ等新商品への対応」等についてご説明をさせていただき、後半部はご出席いただいたお客さまからのご質問に直接お答えする質疑応答へと移りました。会場からのご質問では、システム投資・保守に関するご質問や、「kabuマシーン先物売買」「フラッシュボードでの先物売買」「アルゴリズム取引」等に関するご質問や改善に向けたご指摘等をいただきました。
なお、ご質問いただいたお客さまには、休憩時間を利用して実施された「出張サポートセンター」において具体的な問題の解決方法をご説明させていただくことができました。

第1部 経営報告会

第1部 経営報告会

第2部 投資セミナー「スーパー証券口座活用と新kabuマシーンの使い方のご案内」

当社営業統括部スタッフによる、「スーパー証券口座」の活用方法、および、カブ四季総会前日にバージョンアップのあった「新kabuマシーン」の新機能についてご説明させていただきました。

第2部 投資セミナー「スーパー証券口座活用と新kabuマシーンの使い方のご案内」

第3部 投資セミナー 「当面の相場見通し」

お客さまのおかげで今や人気アナリスト上位に顔を連ねる当社アナリスト山田勉による、当面の相場見通しについての講演を行いました。事前アンケートでも最も関心度の高い話題について、山田らしく、ずばっと切り込む語り口に対し、今回もお客さまより高い評価をいただくことができました。相場見通しについては、随時kabu.com投資情報室より配信しておりますので、お見逃しなくご覧いただければと思います。

第3部 投資セミナー 「当面の相場見通し」

今後もよりお客さまにご満足いただけるようなカブ四季総会を開催してまいりますので、ご期待ください。

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。

Get ADOBE® READER®