株スクール 開催レポート

第36回 株スクール in 津田ホール

開催日時/場所/来場者数

開催日時 2008年10月12日(日)
13:00~16:00
開催場所 津田ホール
来場者数 510名

プログラム

第1部
「最新投信情報とDIYファンド活用術」

講師:kabu.com 常務執行役 臼田琢美

第2部
「指数先物(225mini、ミニTOPIX等) ブレイクアウト投資法」

講師:kabu.com営業統括部 藤本誠之

第3部
「当面の相場見通し」

講師:kabu.com投資情報室 マーケットアナリスト 山田勉

第1部「最新投信情報とDIYファンド活用術」

第1部は『これがホントの「投資信託」入門』を上梓したばかりの当社常務執行役の臼田による投資信託をテーマとしたセミナーを行いました。「小手先の大して役に立たないテクニックや理論よりも、原理原則、本質が大切!」との考えのもと、まさにこれから投資信託を始める友人への臼田からの本音のアドバイスというイメージで、ロスカット・メンバーチェンジの重要性や情報サービスの利用方法などをご説明いたしました。

第1部「最新投信情報とDIYファンド活用術」

第2部「指数先物(225mini、ミニTOPIX等) ブレイクアウト投資法」

第2部は、当社営業統括部の藤本による、日経225先物mini、TOPIXミニ先物の投資手法についてのセミナーを行いました。
投資環境が激変する中、なかなか現物株式のお取引だけでは利益が出しにくい局面が続いており、先物・オプション取引への注目も高まるばかり。動画を使用したkabuマシーンでの先物オプション取引方法の解説を交えた藤本のセミナーの後は、臨時サポートセンターに先物・オプション取引の口座開設方法、画面の操作方法、そして自動売買の活用方法などが多く寄せられたのが印象的でした。

第2部「指数先物(225mini、ミニTOPIX等) ブレイクアウト投資法」

第3部 「当面の相場見通し」

第3部は、当社マーケットアナリスト山田による恒例の「当面の相場見通し」を行いました。 山田自身も「見通せるもんなら教えてください!」と言うほどの、1週間で日経平均株価が3000円近く下落する大荒れの相場の中、リーマン破綻・投資銀行業界の再編と戦後最大の金融危機に直面した米国経済、そしてその世界への影響についての現状分析が「大ピンチの局面の投資戦略」として語られ、満員の会場では熱心にメモをとるお客さまが数多く見られました。

移動営業所が初お披露目

10月10日に開所したばかりの移動営業所も初お披露目となりました。
車内のソファーに座り営業員の説明を受けるお客さま、側面に設置されたモニターを熱心に見入ったり、記念撮影をされるお客さまなど株スクールに来場されたお客さまに多くの注目を集めました。

移動営業所が初お披露目

移動営業所が初お披露目

臨時お客様サポートセンターも盛況

普段、お客様サポートセンターで実際にお電話をお受けしているオペレーターによる臨時お客様サポートセンターを実施しました。
お客さまからは、

  • kabuマシーンの操作方法
  • Uターン注文やトレーリングストップなど複雑な自動売買の入力方法
  • 先物・オプション取引の口座開設方法や投資情報の利用方法

など様々なご質問を受け、オペレーターが回答させていただきました。

臨時お客様サポートセンターも盛況

臨時お客様サポートセンターも盛況