株スクール 開催レポート

第24回 株スクール for ビギナー 津田ホール

開催日時/場所/来場者数

開催日時 2004年4月25日(日)
13:00~16:30
開催場所 津田ホール
来場者数 500名

プログラム

第1部
「逆指値入門&kabu®マシーン」

講師:kabu.com 執行役員 臼田琢美

第2部
「テクニカル分析入門」

講師:金融知力普及協会 主席幹事 川口一晃氏

第3部
「決算書読みこなし入門」

講師:マネー・リテラシー研究所 社長 渋井真帆氏

開催レポート

汗ばむほどの天候にも恵まれ、今回の株スクールはも多くのお客さまのご出席をいただきました。 相場環境が良かったこともあり、当初より高い出席率が予想されましたが、あにはからんや、 今回はその予想を上回るほどの出席率の高さにはスタッフもびっくり。 それだけ投資に対する関心が高まっている証左ではないかと思われます。
今回の株スクールは、より初心者向けの内容でのセミナー開催とさせていただきました。
今回の参加されたお客さまの特色としては、いつもの株スクールより、ご夫婦連れ、 お友達連れで起こしいただいたお客様が多かったことです。相場環境の好転から、 株式投資に興味のお持ちの奥様やお友達と一緒にいらっしゃったのではないかと思われます。
今回、はじめて「座席券方式」を採用しました。あとからいらっしゃったお客さまも、 苦労して空いている席を探さなくてもよいため、スムーズにお席に座っていただくことが出来たのでは ないかと思います。

開催レポート

川口一晃さんの「テクニカル分析入門」では、ローソク足の引き方、移動平均の考え方等を、 たとえ話を絡めながら、基本の基本から丁寧に説明するスタイル。たとえ話で説明されるため、 とかく難しくなりがちなチャート分析も、とっつきやすかったのではないかと思います。 楽屋裏で聞いていても、実際「こんなことから説明するんだ」をといった内容でしたが、 最後お客様がお帰りの際に、ローソク足ってよく分からなかったけどはじめて分かったと 言うコメントをいただき、初心者向けセミナーで分かりやすく説明するためには、 「とにかく基本的なご説明をより分かりやすく」を第一義にしなければいけないと再認識させられる講義でした。

開催レポート

渋井真帆さんの「決算書読みこなし入門」は、あくまでもパワフル。 ステージから乗り出しての講義はある意味新鮮でした。語り口もあくまで江戸っ子べらんめえ口調で、 ご自身のご経験を交えながらのお話を伺うと、えてして難しく捕らえがちな決算書の見方もなんだか 簡単そうに見えてくるから不思議です。このパワフルさは終始変わらず、楽屋裏で聞いていてもその パワフルさに圧倒されっぱなしの講義でした。

開催レポート