株スクール 開催レポート

第14回 株スクール 新証券税制スペシャル

開催日時/場所/来場者数

開催日時 2002年8月17日(土)
開催場所 東京証券取引所 東証ホール
来場者数 204名

プログラム

第1部
「カブドットコム証券の現状と今後+新証券税制・特定口座への対応」

講師:kabu.com 最高業務執行責任者 齋藤正勝
kabu.com 執行役員 臼田琢美

第2部
「新証券税制の概要とケーススタディ」

講師:FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社タックスコンサルティング・マネージャー 林裕二氏(CFP(r)・税理士)

開催レポート

今回は、「新証券税制」というテーマで、お客様の興味が大変高いものであったためか、お盆でしかも台風が関東に接近しているにもかかわらず、開場前から多数のお客様にお待ちいただく事態となり、開場後はあっという間に席が埋まり、開演前にはほぼ満席状態になりました。「新証券税制」に対する興味の深さを痛感いたしました。

開催レポート

開催レポート

第1部「カブドットコム証券の現状と今後+新証券税制・特定口座への対応」

第1部は、前半を弊社執行役員の臼田琢美、後半を弊社COO(最高業務執行責任者)の齋藤正勝というダブルキャストで講演いたしました。臼田からは「カブドットコム証券の現状と今後」ご報告を、齋藤からは、「弊社コンセプトと新証券税制サービス」のご案内をいたしました。特に新証券税制サービスについては、お客様は大変興味を持たれたようで、閉演後には質問のため、齋藤の周りに長蛇の列ができていました。

第1部「カブドットコム証券の現状と今後+新証券税制・特定口座への対応」

第2部「新証券税制の概要とケーススタディ」

第2部は税務申告支援で提携しております、FPアソシエイツ&コンサルティング社のタックスコンサルティング・マネージャー 林裕二氏による講演になります。税理士、FPの視点から「新証券税制」についての概要をきめ細かく解説していただき、それぞれのメリット、デメリットと注意点は私たちも見落としがちで、お客様とともに大変勉強になりました。「新証券税制」はお客様個別の事情により、どれがベストな選択なのかが異なるため、お客様も耳を大きくしながらメモをとり、理解しようとする必死さが伝わってきました。

第2部「新証券税制の概要とケーススタディ」

株スクール参加者の声

  • 株スクールを毎月開催してもらいたい。(無料でなくても良い)
  • 今回のようなセミナーを是非つづけてください。
  • 新証券税制について12月までに第2回目セミナーの開催をお願いします。
  • 次のことが理解できませんでした。①申告で必要な明細等の書類は何が必要なのか?それは自分で作成するのか?それともカブコムから入手できるのか?②個人として何の書類を取っておけばよいのか?月次報告書があればよいのか?
  • 積極的に講習会を開催してほしい。①株の売買について②銘柄について。
  • 端株の売却他社預け株との関連がどうなるのか確定申告を考慮したい。
  • 移管した株の場合、買付単価が実際と異なるのでその点に対応できるようにしてもらいたいです。
  • 会場を固定してほしい。探していくのが大変です。
  • いつも参加される方が多く、かつ時間を守る方も多いということは顧客層としてもまともなかつ自己責任の意思のある方が多いことの現れではないでしょうか?
  • セミナーの最後に質問する時間が欲しい。
  • 出来るだけ多くスクールを開いていただき参加の機会を増やしていただきたいです。
  • この様なセミナーをもっと回数を増やして欲しい。
  • 初めて参加したが大変よかった。また機会があれば参加したい。
  • もっと時間が欲しかった。
  • ホームページ上でこれらのセミナーを放送できるようにしていただけるとわざわざ出かけなくても受講できる・・・口座開設者対象・有料でも可(ゴールデンチャート社でhセミナーを放送しています)
  • こういうセミナーを開催していただいてとても感謝しております。今後ともよろしくご案内おねがいします。