株スクール 開催レポート

第2回 株スクールサマースペシャル in 大阪 梅田スカイビル

開催日時/場所/来場者数

開催日時 2001年8月4日(土)
開催場所 梅田スカイビル
来場者数 130名

プログラム

第1部
「eワラント・ポケット株 セミナー」

講師:ゴールドマンサックス証券 土居雅紹氏

第2部
「kabu.com流eワラント投資術」

講師:kabu.com 営業戦略部 営業推進課長 荒木利夫

第3部
「株式投資入門~様々な投資手法の紹介」

講師:インフォストックスドットコム 代表取締役 松川行雄氏

第4部
「実践に役立つ逆指値活用戦術」

講師:kabu.com 営業戦略担当執行役員 臼田琢美

開催レポート

第1部は「eワラント・ポケット株 セミナー」ゴールドマンサックス証券の土居雅紹氏。カバードワラントってイマイチよくわからなかったという人から「なるほど、理解できた」との声をいただきました。

カバードワラントのセミナーは今後も定期的に開催予定ですので、機会があればぜひご参加ください。

第2部は弊社営業戦略推進課長荒木利夫による「kabu.com流eワラント投資術」。マイクを持つとどうしてもカラオケで歌っているように見えてしまうと評判の荒木ですが、内容は弊社でのeワラント取引を具体的に解説しました。

特に「株スコア」を活用しての取引手法のご案内が好評でした。(余談ですが、餃子→イカ焼き→お好み焼き→たこ焼き、と大阪を満喫してご満悦の課長荒木利夫。)

開催レポート

第3部は「株式投資入門~様々な投資手法の紹介」インフォストックスドットコム 代表取締役 松川行雄氏。私もとても楽しみにしていた松川さんのセミナーでしたが、なんと!自慢のポニーテール?を切られているではございませんか。夏バージョンってことでしょうか、スッキリした髪型の松川さんも良いですね。

さて内容は株式投資の歴史的な背景にも触れながら、米国事情も交えた投資手法のご紹介ならびにご解説でスタート。個人投資家に望ましい投資手法は何なのか?データを元にわかりやすいお話しで「投資の参考になる」との声が多数ありました。次回は東京でお話しいただく予定ですので、お楽しみに。

開催レポート

第4部は「実践に役立つ逆指値活用戦術」わたくし臼田が担当させていただきました。第1回と同じく、逆指値の基本戦術と発注方法、そして今回から指値と逆指値を同時に活用する、上下で買い注文、上下で売り注文の活用法と発注方法もご紹介しました。

東京ではイベントの数も多くこれまで数回お話ししてきましたが、大阪ではまだ2度目。もっともっと逆指値を活用しての売買を知っていただきたいです。(臼田琢美)

株スクール参加者の声

  • ユニークな証券会社だと思います。これからも良い企画をお願いします。
  • 松川さんのお話よかったです。
  • 今回株スクールに参加できて良かったと感じています。とくに松川氏のセミナーについて投資の考え方について大変参考になると思っています。このような投資アプローチする為何を考えたら良いかについてのセミナーの機会があればもっと参加したいと思っています。
  • 来て良かったと思います。ありがとうございまいた。勉強になりました。
  • 今後もセミナー回数を充実してほしい。
  • 関西にはセミナーが少ないので、これからもどんどんやってください。
  • 初心者むけの講習会を開いてほしい。
  • こういう勉強の機会はありがたいです。
  • このような機会をもっと増やしください。
  • 営業担当の方もっと元気をだしてください。楽しい証券会社にしてください。特に社員の方とのふれあう場がセミナーしかないと思いますので。特別条件の話しは知らなかった。来てよかったです。

初心者向けやkabu.com使いこなし解説など、これからも内容を工夫して開催していきます。
さて、今回はセミナー以外のよくあるご意見にお答えします。

  • 自動更新ソフトが無くて、他のところに見に行かないと(開かないと)ダメで面倒です。ソフト導入してください。
  • リアルタイムで見れなくても良い・・・・は言い訳に聞こえます!導入してから言ってみればどうですか?
  • 株価の自動更新さえできたら何も不満はありません。

自動更新ソフトの導入を望む声は以前から沢山いただいております。現在、弊社ならではの高機能ツールをご提供すべく準備中です、ご案内できるまで今しばらくお待ちください。「リアルタイムで見れなくても良い」という訳ではなく、リアルタイムで見られない多くの人でも便利に株式投資を実践していただけるサービスがまずは土台で(条件注文やカブコールなど)、その上でリアルタイムのサービスを考えているということです。言い訳に聞こえてしまうかもしれませんが、時間を掛けてでも本当に良いものをご提供していきたいと考えております。

ただし、「良い物を無料で幅広く」ご提供したいのは山々ですが、自動更新ソフトでは現実的にかなり厳しいです。お得意様向けサービス、または少額課金サービスとしてのご提供を考えています。(臼田琢美)